医療事務

今日から始める、医療事務への道

医療事務とは

医療事務とは?基礎知識とマメ知識

最近良く耳にする『医療事務』というお仕事ですが、どのようなお仕事か御存知ですか?病院の受付だというくらいは知っているかと思いますが、医療事務のお仕事内容はそれだけではありません。まずは医療事務について知ることから始めましょう。



医療事務 仕事

医療事務のお仕事内容や内情とは

医療事務に就きたいと思っても病院という特殊な職場で上手くやっていけるか心配ではありませんか?詳しい仕事の内容や女性であれば産休なども気になるところです。就職してからの話などこれから医療事務を目指すあなたに知っておいて欲しい情報が満載です。



医療事務 資格

医療事務の資格や試験について

医療事務に就くには資格が必要だと思っていませんか?実は資格が必須の職業ではないんです。ではなぜ皆が資格を取得してから就職するのか・・・その秘密と理由を探りましょう。あなたに必要な資格を取れば、就職活動には大いに役立つはずです。



医療事務 講座

医療事務講座の選び方・勉強法

医療事務の資格ろ取得するために勉強を始めよう!!・・・と思ったけれど何から初めていいのか分からない。そんなあなたに講座の紹介や勉強方を伝授します。スクーリングや自宅での通信講座などライフスタイルに合わせて資格の勉強が出来ます。



医療事務 就職

医療事務への就職・病院選び

さあ!最終目標である就職です。いままで培ってきた知識や資格はこのためにあるようなものです。「良い職場」とはお給料だけでは決まりません。毎日のお仕事が充実して実生活までイキイキしてくるような、あなたに合った病院を探してみましょう。



医療事務資格を短期間で取得するには!?お勧め講座をご紹介!

近年、医療事務のお仕事がとても人気です!それは医療事務が一般的な事務よりも給料が良く一生出来るお仕事だからです。しかも医療事務は求人数も多く、再就職がしやすいことも強みです。

そして勤務形態も様々で、正社員としてや、パートとしても働くことが可能です!自分の状況に合わせて好きなスタイルで働くことが出来る事も人気の秘密です。

そんな医療事務は主に病院にて、診察に掛かる医療費に携わり働くことになります。医療保険の支払いに関する書類を扱うため、専門的な知識も必要となってきます。

医療事務の資格取得においては、そんな業務に関する幅広い知識が必要となってくるため、独学での取得はなかなか厳しいものになってきます。不可能なレベルではありませんが、時間も掛かってしまうので、独学での受験はあまりお勧め出来る方法ではありません。

やはり確実な取得を目指すなら講座に通い、試験の対策をきっちりと取っておくべきです。通う暇がない方でも医療事務は通信講座でも取得可能なので、自宅で勉強する場合もこうした対策は取っておくべきです!

これまでに一切こうした医療関係の仕事をしたことがない方でも、ちゃんと講座に通えば基礎的なことから丁寧に学んでいくことが可能です。まずは焦らず、こうした細かい部分から学んでいくい事をお勧めします。

それに独学で試験を受けて落ちてしまっていては、それこそ時間が勿体無いとは思いませんか?最短での取得を目指すなら、是非こうした講座を利用して、一発合格を目指していきましょう!

知識と経験があれば、メディカルクラークの職場はどこにでもある!

病院であれば、必ずと言って良いほど必要とされるのは、医師と看護師、そして医療事務です。極めて小規模な診療所など、医師一人、看護師一人で受付業務をカバーできるならば、医療事務を雇う必要も余裕もないでしょう。しかし、それでは医師や看護師の負担が相当なものになってしまいます。受付やレセプトを医療事務員がすることで、医師や看護師が診療に専念できる環境が整うのです。

医療事務の募集は、いつでもどこでもしていると言っても過言ではありません。未経験でも無資格でもできるため、競争率も高くなっています。しかし、実際に採用されやすいのは、実務経験があり、かつ資格を持っている人でしょう。逆に言えば、そういう人はどこにいても職にあぶれないということです。

通信教育講座などの普及で、医療事務の資格は誰もが頑張れば取れるものになっています。その反面、未経験の資格保有者が増えすぎているという事態になりつつあります。全ての職場がそうではありませんが、即戦力を求める余り、人材を育てる余裕がない病院が多いのです。

ですが、育った人材は、より条件が良いところや、スキルアップのために転職していくことがあります。そのため、未経験の資格保有者でも歓迎する募集があり、なんとか上手く回っているのです。人間関係に悩む前に、他の病院へさっさと職場変えをしやすいのも経験者ですね。

また、調剤薬局や歯科でも働けます。医科と歯科、調剤薬局事務は取得する資格が違いますが、基本のレセプトはほぼ同じですし、どの医療事務も未経験で大丈夫なので、幅広い範囲を学んだ医科の医療事務資格者、実務経験者が採用されやすくなっています。

知識と経験さえあれば、どこでも働けるなんて、ちょっとカッコイイですね。

資格修得って難しそう…でも大丈夫、資格なしでも医療事務はできます

勉強が苦手…若くもないし頭に入るかしら…などなど、資格と聞くだけで身構えてしまう気持ち、分かります。医療事務は比較的取りやすい資格ですが、それでも勉強に苦手意識を持つ人には、ハードルが高くなってしまいます。

ですが、資格がなくても医療事務はできるのです。医療事務の主な仕事は病院の受付、会計、レセプト作成業務です。一度も接客経験がない人は別ですが、受付と会計は誰でもできることです。

問題はレセプトですが、診療報酬の点数表は見ながらでもできますし、作成の手順と計算方法を覚えられれば、さほど難しいことではありません。今まで未経験から資格なしで長年業務に携わっている人もたくさんいます。どの仕事でも言えますが、やる気を持って取り組めば、できるようになるものです。

では、なぜ資格がこれほどまでに多く存在し、人気資格とまで言われるのか。それは、就職の際にアピールポイントになるからです。同じ未経験の人が2人面接に来たとして、Aさんは資格なし、Bさんは資格あり。あなたならどちらを採用しますか?もちろんBさんですね。ゼロから育てていくよりも、1か2ほど知っていた方が、教える方も多少楽ですし、話が通じやすいからです。

即戦力という意味では、実務経験者には敵いません。しかし、誰しも初めは未経験です。実務経験者だけが採用されるなら、次の人材が全く育たないことになります。実際、求人にも未経験者OKというものはいくつもあります。

資格なしでも、やる気があれば、医療事務に就くことは可能です。資格保有と実務能力は必ずしも一致しません。資格なしでもここまでやれるんだぞ、という根性でがんばりましょう。

医療事務資格を取るなら、通学講座で独学よりも深く学ぼう

通信講座はよく聞きますよね。安くて短い期間で資格取得が目指せる、とても良いシステムだと思います。では、通学講座はどうでしょうか。いわゆるスクールに通うということです。学校に通う時間なんてない!という人もいるでしょうが、実は上手くいけば、通信講座より効率的に資格が取れるのです。

通学というと、1年以上通わなくてはならないというイメージがあります。しかし、通学講座は、標準的な学習期間がなんと1ヶ月~という超短期で取れるのです。あくまで、通いつめて努力すれば、という期間ですが、長くても半年ほどで合格を目指すことができるのです。

仕事をしながらでも、自分の生活サイクルに合わせた受講ができるので、日中は仕事で通うことができなくても、夜間クラスなどが設けられています。通信講座では、仕事で疲れて勉強がする気が起こらない、という人でも、通学講座なら仕事帰りに受講することも可能です。

独学では何となく分かったような分からないような、あやふやになってしまいがちなことでも、講義で分かりやすく説明してもらえますし、講師に質問をすることもできます。これで弱点も克服できますね。

また、どうしても時間が合わない時は、補習制度もあります。受講が終わっても合格できなかった場合も、受講から1年以内であれば、無料で再受講することもできます。試験で分からなかった範囲を受講し直せば、次の試験はバッチリというわけです。

通信講座よりも少々費用は高くなりますが、分割払いも可能なので、金銭的な負担も少なくて済みます。通信講座では挫折してしまう人も、通学講座で確実に資格を取ってみてはいかがでしょうか。

医療事務より資格が取りやすい!調剤薬局事務とは

その名の通り、調剤薬局で受付、会計、レセプト業務を行う仕事です。資格はなくてもよいのですが、持っていた方が就職に有利になります。医療事務との違いは、一般病院で働くか、調剤薬局で働くかということです。

また、調剤薬局という限定された職場なので、資格を取る際に学ぶ範囲が少なくて済みます。医療事務は医療全般のことを学ぶのに対し、調剤薬局事務は、薬剤関連と調剤報酬業務を学ぶだけになります。医療事務の検定には落ちたとしても、学んでいる範囲が被っているので、調剤薬局事務の検定に挑戦することも可能です。

医療現場は医薬分業の考えが広まっているので、新たに調剤薬局を設ける病院が増えています。病院の数だけ職場があるため、調剤薬局事務は人気のある仕事のひとつになっています。

では、医療事務を既に取っている人にとっては、意味のない資格なのかというと、そうではありません。範囲が被るといっても、薬剤に関してさらに詳しく学ぶことができますし、どちらでも働けるというのは大変な強みになります。

あくまで例えですが、医療事務で面接に行ったら、調剤薬局事務の資格を持っていることで、今度新設する調剤薬局の方へどうですか、と打診された、なんてこともありうるのです。

また、調剤報酬請求事務専門士検定試験という、さらに専門性を高めた資格もあります。レセプト業務もさることながら、薬剤師の補助ができるほど、薬剤に関する知識を深く問われます。そのため、非常に難しい試験になっています。この資格を見事取ることができれば、調剤薬局への就職は、より確実なものへと近づくことでしょう。

業務内容が異なる?医療秘書と医療事務の違いとは?

医療秘書とは、医師のスケジュール管理や事務業務の代行など、その名の通り、医療現場の秘書業務をする仕事のことです。医療事務と大きく違う点は、受付、会計、レセプト業務をしないこと。診療報酬加算に関係するので、兼任は禁止されています。

医師事務作業補助者との業務の違いはほとんどありませんが、その線引きは非常にあいまいになっており、呼び名が違うだけだと言う見方もあれば、医療秘書とは違うという見方もあります。これは病院や医師によって捉え方がそれぞれですので、現時点で明確にすることは難しいのです。

医療秘書になるには、医療事務同様、特別な資格はいりません。しかし、医療現場の事務作業、秘書作業になるので、看護師や医師に匹敵する医療知識が必要とされることもしばしばです。

資格は各資格団体が実施している医療秘書検定があります。受験資格を問わないものもありますが、学校で必要科目を修了していることや、特定の資格に合格していることが条件のものもあります。

医師だけにつきっきりで秘書をしていればよいわけではなく、看護師との連絡役や、行政への報告書、医局や科全体の管理など、業務はかなり広範囲に及びます。そのため、コミュニケーション能力も高くなくては務まりません。

しかし、その煩雑な仕事をこなすことで、医師や看護師が医療に専念できるのです。大変な業務ですが、反面、とてもやりがいがありますです。医療に興味があり、管理や分析が得意であれば、向いている仕事だと言えます。

学校に通って資格を取る!一味違うメディカルクラークになろう!

年齢を重ねてから学ぶより、学生の時に学ぶ方が、脳が若い分、吸収率が違います。メディカルクラークなどの医療事務の場合、実務経験の他に、若さが重要になることがあります。病院の窓口、看板になるので、若くてフレッシュな方が、患者さんの受けが良い、環境に慣れやすい、教育がしやすいなどの理由です。

そのため、学生のうちから医療系の学校へ進路を取る人が増えています。医療事務の資格だけのために学校を選ぶ人は少ないのですが、医療事務の上位資格を取るため、また、他の医療資格を取る一環として、試験を受けることがほとんどです。

大学や短期大学なら、2年~4年の間に充分資格は取れますし、より深い知識を学び、医療秘書や医事管理士など、専門性の高い仕事ができるようになります。専門学校ならば、期間は短くなりますが、その分、実習に力を入れる学校が多く、即戦力として育つことができます。

学校なら、疑問に思ったこと、もっと深く知りたいところなどは、講師や教授に教えを仰ぐことができます。独学や通信講座にはないメリットですね。そうして蓄えた知識を基に、社会へ巣立った時に、より高く羽ばたけるのが、学校で学ぶということです。

また、深い知識と試験を潜り抜けたという経験が、自信にも繋がります。効率のよいカルテ管理や、レセプト業務、患者さんへの対応も自信があるのとないのとでは違ってきます。

将来、医療関係に進もうと思っているのなら、そういった資格に強い学校をリサーチしておくべきです。ただ漫然と学校に行って、よくわからない資格を漠然と取るのではなく、しっかりとした方向性を見据えましょう。

医療事務は資格によって試験内容が違う!

資格の種類が多くて、どれを受けていいのか迷うのが、医療事務の資格です。無資格でも未経験でもできる仕事と言われますが、同じ未経験でも資格があるなしでは採用する側の印象も違ってきますし、いざ仕事をする上でも慣れるスピードや処理能力も違ってきます。

医療事務の資格には、受験資格のいらない、誰でも受けられるものと、一定の受験資格がいる、上位資格と呼ばれるものがあります。より専門性を高めるためにも、まず受けるべきなのが受験資格のいらない試験です。

上位資格には、そういった資格を持っていなければ受けられないもの、一定期間の実務経験が必要なもの、指定の学校に通い、必修科目を履修しなくてはならないものがあります。中には、受験資格のないものもありますが、受験者のほとんどが、スキルアップのために受けるため、長年の実務経験者や基本的な資格習得者です。

その基本的な資格にも、難易度があり、国家認定の資格になると、合格率が30%と、簡単に取れるものではなくなっています。出題範囲も広く、ちょっと勉強しただけでは太刀打ちできません。しかし、それだけ信頼のある資格だとも言えます。

また、一般病院で働くか、歯科で働くか、調剤薬局で働くかによっても、試験内容や資格が違ってきます。出題範囲も異なってくるので、的を絞った勉強をしないと、余計なことまで勉強をした、あるいは、全く勉強をしていなかったということもありうるので、注意が必要です。

今後どういった方向に行きたいか、とりあえず医療事務に就ければいいのか、それによっても目指す資格は違ってきます。資格はたくさんあった方が良いとは言いますが、同じような資格を手当たり次第に受けてもお金と時間の無駄です。

学校に通う時間がない人は、医療事務の通信講座を活用しよう

専門学校やスクールに通う方が、より知識を深められ、上位資格を狙えるのはもちろんですが、学費の問題や、小さい子供がいる主婦の方、転職を考えている会社勤めの方など、時間の自由が利かないという問題があります。

未経験で無資格、知識なしで就職できるほど、医療事務は甘くありません。独学で勉強したとしても、やはり限界があります。そんな時に利用したいのが、医療事務の通信講座です。

医療事務と一言に言っても、様々な難易度の資格があります。さらに、その中でも医科、歯科、調剤薬局と、働く場所によって資格が異なります。資格が必要なわけではありませんが、レセプトの計算方法などが違ってくるため、それぞれの知識は必要になってきます。

独学とは違い、添削や模試などのサポートも充実しているので、どこが理解できていないかなど、弱点を克服できるようになります。さらに、合格後の就活サポートもあるので、全くの未知から立派な医療事務員として働くことができるのです。

ほとんどの講座が、半年ほどで修了するように作られています。もし半年で修了しない場合も、さらに半年は無料で講座を延長できますので、じっくり学びたい方にもお勧めです。講座修了すると、在宅受験ができるものもあります。本当に時間がない人には嬉しい限りですね。費用も、通学するよりはずっと安く学べます。

このように、通信講座を最大限に利用することで、どんな人でも資格が得られるのです。お金がないから、時間がないからとあきらめずに、チャレンジをしてみてください。

医療事務を支える、日本医療事務センター給料はどれほどか?

日本医療事務センターは通称NIC(ニック)と呼ばれていました。医

療事務関連の講座から、人材派遣、就職斡旋、老人ホームなどの介護サ

ービスと、医療福祉を支えている企業です。

現在、日本医療事務センターは2012年に社名を変更し、「株式会社

ソラスト」となっています。社名は変わりましたが、その活動は変わる

ことなく、むしろ躍進していると言っても過言ではありません。

さて、医療事務に関して、気になるのが給料です。事務職の平均年収は約300万円ほどというデータがあります。これは女性正社員の平均になります。しかし年収300万円なら良い部類に入るでしょう。地方か都市部かで差は出てきますが、手取り月収が15万円前後の給料が大半です。

では、医療事務はどうかというと、正社員で平均して約250万円と、一般事務より低めのデータが出ています。やはり資格がなくてもできることと、人気の職種なので少々安い給料でも、人材が確保しやすいことに起因しているのでしょう。

ソラストの求人サイトで検索すると、かなり豊富な求人情報が出てきます。試しに、東京で正社員、未経験者歓迎の条件で検索してみます。月収は15万円からのものが多く、その他に通勤手当、残業手当が出ると記載されています。休日・夜間勤務になると、少し給料が上がります。しかし、健康保険などでそこから引かれますので、実際の手取りは少なくなります。

また、未経験可というのも、実務経験がなくてもよいという意味合いのものが多く、医療事務講習を修了している人、と応募資格に明記してあったりします。やはり少しでも即戦力になる人材を希望する病院がほとんどのようです。資格手当が出る求人もありますが、給料が低めに設定されており、資格手当がどれくらいなのかは明記してありません。

しかし、探そうと思えばいくらでも求人が探せる、というのが第一印象です。ソラストに登録していれば、条件に合った就職先を紹介してもらえるというのも魅力的です。

検索で見つからなくても、新しい求人が自分にマッチした可能性は大いにあります。諦めずに、登録してみてはいかがでしょうか。

医療事務士はどうやったらなれますか?医療事務職の疑問を解決!

医療事務士は、日本病院管理教育協会と医療教育協会が合同で主催する医療事務資格です。この資格は受験資格が設けられており、日本病院管理教育協会の指定する学校に通学、指定科目を履修し、年2回実施される試験に合格したのちに、資格の認定申請をする必要があります。また、医療教育協会の主催する「医療管理秘書士」を合格すると、医療事務士の資格を申請することができます。

少々ややこしい認定資格ですが、要は学校に通い、試験を受けて合格すれば、医療事務士の申請ができますよ、ということです。合格したからといって、自動的に資格が貰えるわけではないところが、この資格を複雑化させています。

とはいえ、指定校は大学、短期大学、専門学校と幅広く、全国にあります。学校できちんと学べるので、受験資格が不問の医療事務資格と比べると、やや専門性が高く、深い知識を有することができると言えます。

合格率は80~90%と高めです。これは、学校側が優秀な学生を受験させているからで、決して簡単な試験ではありません。しかし、学校に真面目に通い、しっかり授業を受けていれば、合格できると言うことです。

これから医療系の大学や短期大学に進もうと思っている人は、指定校を調べて進学先の候補に入れておいても良いでしょう。医療事務士を持っていれば、どこでもいつでも医療事務に就職が可能になります。卒業後に医療とは別の職に就いたとしても、持っていて損な資格ではありません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >