医療事務の基礎知識・マメ知識

記事一覧

噂話好きな同僚達、医療事務として入りはしたが馴染めず…どうすれば

医療事務に念願の就職が叶い、嬉しくて嬉しくて……それは最初のうちでした。そう語る方は子供の手が離れたため就職口を探してようやく見つけられたと言います。ですがあまり嬉しそうでは無いため話しを聞いてみたところ、「医療現場って、人の噂話しかしないんです。それもそんなこと言うの?ってくらい、悪口ばかり。だからストレスで……」もとからこの方、人の悪口などを言う方ではないため、どうしても人の噂話に馴染めずと言った様子。確かに人様の悪口ばかり聞いていると、胸がなんだか重くなってきて、嫌だなと思いますよね。これ、どうにかならないのでしょうか?そんなにも医療現場では人の悪口しか言わないものなのでしょうか?

確かに医療現場は噂話が酷いと言います。薬局であれ、病院であれ、どこもそのような感じの様子。人間ですから悪口は言うと分かっていても、その内容を聞くと確かに「えげつない」の一言。何故なのか疑問ですね。

公的なお仕事をされている方はどうしても狭い世界に閉じこもって仕事をしなければならないため、話題と言えば身近な人々の話しが多くなってしまうのだそうです。だから身近な人達の話しを、いつの間にか全員が知っている、そんな異様な空間が出来上がってしまうのだとか。そこに人間としてどうかと思う、そんな話しをよく話していれば必ず患者さんの耳にも入るのです。ですから矢張り、医師でも看護師でも医療事務でも、患者さんに嫌われている方は、得てしておかしな話ばかりする方であったりします。

医療現場となると、人の生死を握る現場でもあります。そのため他の公的な仕事よりもストレスは大きく、精神的におかしくなりやすい、とも言います。人の死というものがあまりにも日常になってしまっているため、一般人との感覚がずれてしまっているということ、これによる弊害とも言えるでしょう。だからこそえげつない話しも、感覚がずれてしまったことで普通だと感じる様になってしまっているのかもしれません。

噂話を聞くのが嫌ならば、あまり話しに乗らず、仕事以外では会わず、これを貫くしかないのではないでしょうか?職場に馴染む努力も必要かもしれませんが、水があわないということは誰しもあります。感覚のずれというものは埋めようがありません。ならば致し方ないと割り切ることも重要ですよ。

そしてこれが肝心なことですが、全ての医療関係者はこのように感覚がずれているとは限りません。ただし、人の痛みなどに鈍いということは、医療関係者全てに言えることですね。毎日痛い痛いと言っている人が押し寄せてくるわけですからそれは仕方ありませんが。
(⇒いじめが多い職場って本当なの?

医療事務の彼女にメールで忙しくてムリ!これって浮気?違います!

医療事務の仕事をしている彼女がいる方が、彼女が浮気をしているのではないかと思うとぼやいていたことがありました。浮気、穏やかならぬ言葉ですが、何故そのように思うのか尋ねてみたところ呆気に取られてしまいました。「しょっちゅう忙しいって言うんですよね」それも、ある一定の時期だけなんだとか。だからその時期はたぶん浮気相手と会っているんじゃないか、そういうことのようです。こちらの彼氏は知らなかったようですが、医療事務の仕事って、物凄く忙しいんです。

先月も今月も、遊ぼう?飲みに行こうよ!そんなメールを送ったものの、彼女からは「10日くらいまでは忙しいの、本当にごめんね」お断りのメールでした。また浮気なのかと悩む毎日が10日まで訪れるわけなのですが、実はこの10日くらいまで、というのは理由があるのです。

毎月、月末の締めから翌月の10日くらいまでは大変忙しいです。その期間は病院や診療所の請求業務があるのです。つまり、レセプト期間になります。それは全国どこへいっても同じ。ですからその時期にメールをすれば忙しいのは仕方ありません。その病院により規模が違うのでなんとも言えませんが、大きな病院であれば深夜まで毎日残業があり、大変なのです。更には法改定のあった年では点数もまた違ってきますので、このレセプト業務は四苦八苦でしょう。メールを送って来られても予定など立てることが出来ないのですから困るというもの。

彼氏にも困ったものですが浮気を疑っているものですから、メールでせかす様に連絡を入れては「駄目なの?」とやられれば、彼女だってそのうち参ってしまいます。散々忙しい時期で疲れきっているところ、彼氏から再三の都合がつかないのかというメールでは、精神的にも……というものでしょう。

医療事務の仕事のもっとも忙しい季節は3月から4月にかけてとも言われています。その時期と月末から10日くらいまでは忙しい。このことを念頭に入れてデートに誘うというのはどうでしょうか?浮気を疑うのではなく、どんな仕事をしているのか、たまには彼氏が愚痴を聞いてあげてもいいのではないですか?恐らくこの二人に足りていないのは、話しをする時間です。お互いに話しをしないといけないことが出てきたと思いますよ。まずは月半ばになったら、彼女をデートに誘って、そこで話しをしてみましょう。穏やかに、ゆっくりと話しをしてみてくださいね。

資格取得が簡単イメージで医療事務は人気!でも踊らされているだけ?

テレビで主婦の資格取得について持て囃されているそうですが、その中でもとびきり驚いたのが、医療事務が今、人気ナンバーワンなのだそうですね。医療事務というと、素敵な仕事ですよね。医療現場できびきび働く姿が素敵なんて、皆考えていたはず。ですが常に覚えることが多くて大変そう。明るくてキビキビ動けないと辛いだろう。未経験じゃ駄目だろうし……などなど、学ぶ前から悩みは尽きません。なのに大人気のように言われているのを見て、驚いてしまいますよね。いったいどういうことなのでしょう?

資格取得のテレビを見たという方からこのような話しを聞くことが出来ました。「テレビを見て気になって資格取得に励んでみたけど、結局は踊らされていたってことよね」なんだか意味深です。詳しく話しを伺ってみました。

結局のところどういう職種かテレビでは報道を一切しません。医療事務というのは経験がなければ大変でとてもじゃありませんが働けない現場だということを、メディアは伝えない。だからこそ資格取得業者が資格があれば就職は楽!今は医療事務が大人気!安定した収入!などなどうたっていますが、結局それは業者に踊らされているだけで、実際には使えない資格を高額で取らされただけでした、とのこと。

経験がなければ経験を積めばいい。では経験をと求めていっても病院は受け入れてはくれない。更には派遣会社もそう多くは登録をさせてくれないため、派遣会社からも零れてしまう人達が多い――そう聞くとぞっとしますね。人気だからって資格を取得したら職にありつけるなんてこと、あるはずがありません。逆に人気というのは他の資格取得者全てがライバルと考えてもいいほどだということを、忘れてはいけないのでしょうね。
(⇒就職率ってどれくらい?
(⇒なんで医療事務なの?なりたい秘密

病棟クラークと医療事務の違いってなに?違いが詳しく知りたい!

医療事務について調べていくと、病棟クラークと医療事務の違いが分からなくなってしまった。こんなことありませんでしたか?そもそも病棟クラークとは何なのか。そして資格は何を取ればいいのか。そして就職してからのことなどなど、どういった違いがあるのでしょうか?

病棟クラークはメディカルクラークとも言うのですが、資格はメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)となっています。資格と言うよりも認定試験に近いかもしれません。中規模以上の入院患者を抱えている病院内に病棟クラークは存在しています。そして外来クラークとは別に病棟のナースステーション内にて事務処理を行っています。具体的な仕事内容はというと、電話受付応対、カルテ管理整理、検査データ処理、フィルム管理、診断書などの文書類の授受確認、入院案内、患者家族の対応、医師看護師へのサポートなどです。

医療事務は医療課管轄の業務をこなすのですが、外来会計での金銭授受、レセプト入力チェック、保険証確認、診察券発行、入退院手続きの窓口、診断書や介護保険の手続き、これも医療事務の管轄であったりもします。つまりは外来患者さんの受付などを行ったりとする、一般的に我々が一番最初に応対をして貰うのは、医療事務の方となるわけですね。

つまりその差と申しますと、医療事務は外来、そして病棟クラークは入院患者を担当と考えるべきでしょう。ですからより密に患者さんと話しをするのは恐らく、病棟クラークだと言えますね。何故なら入院している患者の家族などが尋ねて来てはナースステーションによりますから。
(⇒歯科医療事務と医療事務の違いはなに?
(⇒調剤事務管理士と医療事務はどちらの資格を取れば有利?
(⇒医療事務と介護事務の需要はどちらが多いのか?

受け付けには美人以外駄目?医療事務の面接で通るのは美人のみなの?

医療事務の資格取得に向けて勉強している、そんな時期にもなると、普段は目につかないことが気になるものですよね?病院の中のこと、気になりませんか?資格取得をしたら、当然あなたは病院で働くのですから、それは当たり前のことです。医療事務のお仕事と言うと、小さな病院から大きな病院まで、そのほとんどが一緒です。一番身近に感じるのは、受付の案内をされている時でしょうか?だれしもが初めて出会う医療事務の方と言えば、病院の受付としての彼らでしょう。ですからこうした受付も医療事務なのだなと、勉強し始めてしみじみ感じるかもしれませんね。

ですがその受付、ちょっと疑問に思いませんか?「なんだか、どこの病院に行っても、美人だけが受付にいるような気がするんだけど……」と。大きな病院から小さな病院まで、どうしてか分からないけれど美人ばかりが受付に選ばれている。これは、何故なのでしょうか?もしかしたら医療事務というものは、美人以外なれない職なのでしょうか?
(⇒髪の毛まっ黒がベスト?医療事務は清楚じゃなきゃ駄目?

そもそも病院の受付事務の方は、皆言葉遣いが丁寧で、綺麗な日本語を話していますね。そして患者さんへの対応も親切で丁寧です。そして更には仕事が確実な方が受付事務として仕事をしています。

実際に受付を担当する医療事務の方を、病院側がどういった形で採用しているか、それは病院の人事を担当している方しか知り得ません。けれど、病院の顔とも言える受付窓口に、下手な人間はおけないのです。ですから、美人、というよりもきちんとした方を置くのは当然のことであり、最低必要条件は仕事がきちんと出来ること。ですから面接を受けにくる方がたの中で、もっとも仕事が出来る方を選ぶ中で、優劣をつける際、同じくらいの仕事の熟練度であるならば、より容姿が優れているなど、必要条件を皆見たしていた場合は別の場所から更に優れているものを見出すということでしょうね。

ですから美人だから、美人しかおかない、ではなくて、病院側では必要条件を満たし、なおかつ他の方よりも更に優れている部分が突出している方を選んでいるのです。ですが決して美人だから選ばれたと言うわけでは無い方もいるはずです。それこそ人の印象は一番最初に決まるといいます。身ぎれいにしてハキハキとしゃべり、日本語を聞いていても気持ちがよく、話していてすがすがしい気持ちにさせてくれる方。そんな方がもっとも選ばれています。面接を受けると言う方、採用条件に書かれていないでしょうが、日本語は美しく、これを心がけるだけでも随分と違うはずですよ。

医療事務は女性のみ?男性は駄目なのか?詳しく聞かせてほしい!

どんな病院でも、何故か医療事務は女性ばかりですよね?小さな町のお医者さんも、総合病院も大学病院だってそうです。医療事務は女性ばかり。男性の需要は全くないのでしょうか?医療関係者になりたいとぼんやりと学生の時分より考えていたけれど、医者や薬剤師にはちょっと金銭的にもなれそうになかったので、医療事務を考えてみたと言う方から質問をいただいたので調べてみました。男性の需要は全くないのか。そして、働くことは出来ないのでしょうか?

実際に医療事務として病院受け付けを行っているのは皆女性です。あなたも病院で受付の方から丁寧にこのようにしてくださいと、受診を受けるにあたっての説明を受けた事があるはずです。何故受付の方は皆女性なのかと言いますと、男性だと駄目ときまっているわけではないのですが、病院の顔となる受付ということもあり、なるべくは女性を、そして綺麗な方を揃える傾向が強くなるためです。ですから男性は受付は駄目ときまっているわけではありません。

そして医療事務関係者が何故男性はあまり見ないのかと言うことですが、これも別段理由はないはず。何故なら医療事務は女性の仕事と決まっているわけでは無いのです。ただ、女性に人気の職だから、女性の割合が多いというのもあるようです。

そして露骨な表現をしてしまえば、男性だと難しい部分が多いと言うのがあるのですが、理由は勿論給料が安すぎて、家庭を支えるための基盤としては些か辛い職だからです。病院の正規職員として医療事務をする場合であっても、家庭を築くことは難しい、そんな給料なため、男性からは敬遠されているというのもあるのです。

医療事務でも薬の知識が少しはあったほうがいいよね?何で学ぶの?

医療関係者ともなると、医療事務をしていると言っても周りからは「医療関係者ならこれ知ってる?ねえ、これってどうなの?」と、様々なことを聞かれたりします。相手からしてみれば、医療事務も医師も変わらないのかもしれませんね。やはり病院勤めをしているのですからこれは薬の名前や作用なども、ある程度は知っておくべきなのでしょうか?考えてしまいます。せめて少しでも知識を入れておくべきだろうと言うことで、薬剤師向けとまではいきませんが、易しい入門書のような本があればちょうどいいですね。そういったものはないのでしょうか?

実際に医療事務の関係で使っていたことがあると言う方は、「医者から貰った薬が分かる本」という題名の本があるそうで、そちらを利用していたそうです。これは毎年発行されている本の様で、何年度版と言った形で毎年出ているものになるそうです。ですから購入するなら最新版をおすすめします。常に最新情報を提供しているため大変勉強になりますよ。

もう一つおすすめ出来るのは、「早分かり医者のくすり」という本です。かなりしっかりとした本ですが、中身も相当しっかりとしたものです。一冊は持っていたいというのであればこれも大変役に立つでしょう。

医療事務の仕事でなくとも、ちょっとした時に読む読みものとしても重宝しそうなこの薬についての本ですが、知っているのといないのとでは雲泥の差になります。これはこういう薬なんだ。副作用もあったんだ、納得がいって使えるというのは強みでしょう。医師からの説明で、これはしてはいけない。そう言われても何故?という疑問は多少なりとあるでしょうが、こうした本で副作用が分かると処方されたものに納得がいきますからね。
(⇒医療事務に必要な心得とはなにか?

アメリカで医療事務経験アリ、医療制度の違いが酷い?噂の真相!

アメリカの医療制度について、アメリカで医療事務をしている方に話しを聞きたい!そのように質問が投げかけられたのですが、何故このような質問なのか話しを聞いたところ、日本ではありえないような話しでした。

「アメリカでは医療保険制度が日本のように優しくないの。だから国民のほとんどの人が保険に入れないし、民間の医療保険に入りたくっても審査が厳しいし、入れない。そもそも病院で医師から手術すべきって勧められても保険会社に聞いてからじゃないと手術が出来ないって聞いたんです」何それ!?驚きのあまり嘘でしょうとの言葉しか飛び出てきませんね。

手術に保険会社の同意が必要とはまた驚きですが、実際はどのようなことになっているのか、アメリカで医療事務をしている方からお話しを伺ってまいりました。

「問題は、夫婦どちらかでも保険がついている就職につけるかということですね」つまり、アメリカで就職した企業に、そうした保険がついているかついていないかが問題になってくるのだそうです。つまり、個人でこうした保険に加入することが厳しい理由としては、支払い能力があるかないか分からないから。ですがきちんとした就職さえ出来ていれば、保険も加入が出来ると言うこと。だから問題なしというわけです。

そして「病院で手術を勧められても保険会社が認めない」のこの部分ですが、これは大きな手術や難しい手術でもない限り特に問題なく保険会社は認めるとのこと。ただし、日本では30%は自己負担と決まっていますが、保険会社が負担する割合について、可也揉めるそうです。手術のたびにこれですか?面倒くさいったらありませんよね。

そしてこれが凄く嫌だなと話しを伺っていて思ったのですが、医師よりも保険会社の発言の方が強くなるのだそうです。処方箋も高い薬では難癖をつけられるし保険が使えず、結局副作用の強い薬になってしまうのですと聞いた時にはぞっとしませんか?

ですから日本の民間の医療保険に入っておけば、アメリカの医療費もカバー出来るため、入りっぱなしで渡米する方もいるのです。正直ここまで日本とアメリカの差が開いているとなると、とんでもないとこれだけでアメリカ暮らしは諦めたくなるレベルですね。
(⇒アメリカの医療事務は日本とはどう違う?

医療事務は安月給、どうにかして貯金を増やしたい!どうすればいい?

新卒採用されて就職先は田舎だけど大きな総合病院です。嬉しいな、なんて思っていたけれど、医療事務は兎に角低賃金で働かせられる、その噂通り、とんでもなかった。給料の手取りは12万。実家暮らしなため、自宅に3万を食費などの名目で納める形にさせてもらい、他には携帯電話などで1.5万。洋服や美容代として月に2万。交際費などで2万。貯金は毎月3万はしていますが雑費で残りの5千円も使ってしまうため、全く余分なお金が余りません。低賃金でもどうにか貯金がしたい!――というわけで貯金する方法を考えていきましょう。

手取りは何をどうしても変えられるものではありません。転職をしたというなら話しは別ですがそうでもないかぎり変えようもない事実ですのであきらめましょう。実家暮らしの3万はそのまま、きちんと納めてください。携帯電話は1.5万は高すぎです。料金プランを練り直し、現在の通話時間が長時間に及ぶものかどうか考えてから安い料金プランに変更してはいかがでしょうか?それだけでおよそ半分にまで減らせるはずです。ここでは仮に7千まで減らせたことにしましょう。

洋服や美容代、こちらはみられる職場ということもあり、必要経費となるでしょうから変更なしで……と言いたいところですが、美容室の料金として1万と考え、そこに5千程度足して終了にしておきましょう。5千分は我慢するだけで貯金が貯まっていきますよ。むしろ交際費と洋服美容代として3万で十分でしょう。

現段階で6万7千円です。先ほどまではこの段階で8万5千でしたから、1万8千ほど絞れましたね。これだけ節約したので、月に5万は貯金が出来るようになりました。あまった3千円もそのまま貯金に回してもいいですし、何か突然のことがあった時用にと、たんすに貯金をしておいてもいいでしょう。

後は工夫次第でお金は貯まるはずです。前回遊んだから今回は我慢。なんてやってみると楽しみを忘れず続けることが出来ますよ。
(⇒年収250万でも多い方な医療事務の実態

調剤事務管理士と医療事務、どちらがいい?取る資格はどちらがいいか

調剤事務管理士か医療事務か、どちらか迷っているのですが、どちらがいいのでしょうか?資格はどちらを持っている方が就職率が上がるのか、二つの内どちらかに転職したいと訴える方がいてそのように尋ねてこられたのですが、どちらも大変難しそうです。さて、いったいどちらのほうが就職に有利な職と言え、更には資格を取得しやすいのでしょうか?

医療事務管理士の場合、資格は医科を基本は取得するものなため、医科でお答えしますが、40%の合格率であり、やや、易しいと言えるでしょう。そして医療事務実務士の場合、資格は一級、二級とありますが、一級は54%の合格率。二級は61%と高め。これは私は医療事務としてこれくらいの仕事が出来ますと示すための資格ですので、合わせて持っておくとよいと考えられています。
(⇒資格取得の難易度を知りたい!

対して調剤事務管理士の場合はと言うと、合格率は56%ほどであり、易しいと言えます。そこまで資格取得にかかる手間はこれを見る限りは変わらなさそうですが、就職率となるとまた別でしょう。

医療事務と調剤事務、これらは一般的に資格は別となっていますが、調剤事務の資格が取りたいと専門学校で訴えると、こう説明をされるそうです。「医療事務で兼ねることが出来ますから、医療事務を取得すればいいと思いますよ」つまりは、医療事務の資格を取得してしまえば、調剤事務を取得しなくても良い、ということなのでしょうか?

実際に医療事務と調剤事務の勉強をほとんど同時に行っていた専門学生から話しを聞いたところ、算定方法が異なるといっても、若干程度しかなく、そこまでの大きな違いがないため、医療全般を学んで全体を把握するためには医療事務の方を取得すべきだろうとのことでした。更には調剤事務を取得したとしても、薬局で薬剤師の方が兼任していることが多く、事務の方は必要とされないケースの方が多いそうです。就職出来る可能性は低いということでしょうね。

そのため、調剤事務は薬局のみの職場しか探せませんが、医療事務であれば病院やクリニック、そして薬局も圏内におさめることが出来るため、就職活動をする幅が広がるのです。ですから就職率もその分上がるということです。
(⇒就職率はどれくらいなの?医療事務に勤めたい!

1 2 3 >