医療事務は美人が受かりやすい

受け付けには美人以外駄目?医療事務の面接で通るのは美人のみなの?

医療事務の資格取得に向けて勉強している、そんな時期にもなると、普段は目につかないことが気になるものですよね?病院の中のこと、気になりませんか?資格取得をしたら、当然あなたは病院で働くのですから、それは当たり前のことです。医療事務のお仕事と言うと、小さな病院から大きな病院まで、そのほとんどが一緒です。一番身近に感じるのは、受付の案内をされている時でしょうか?だれしもが初めて出会う医療事務の方と言えば、病院の受付としての彼らでしょう。ですからこうした受付も医療事務なのだなと、勉強し始めてしみじみ感じるかもしれませんね。

ですがその受付、ちょっと疑問に思いませんか?「なんだか、どこの病院に行っても、美人だけが受付にいるような気がするんだけど……」と。大きな病院から小さな病院まで、どうしてか分からないけれど美人ばかりが受付に選ばれている。これは、何故なのでしょうか?もしかしたら医療事務というものは、美人以外なれない職なのでしょうか?
(⇒髪の毛まっ黒がベスト?医療事務は清楚じゃなきゃ駄目?

そもそも病院の受付事務の方は、皆言葉遣いが丁寧で、綺麗な日本語を話していますね。そして患者さんへの対応も親切で丁寧です。そして更には仕事が確実な方が受付事務として仕事をしています。

実際に受付を担当する医療事務の方を、病院側がどういった形で採用しているか、それは病院の人事を担当している方しか知り得ません。けれど、病院の顔とも言える受付窓口に、下手な人間はおけないのです。ですから、美人、というよりもきちんとした方を置くのは当然のことであり、最低必要条件は仕事がきちんと出来ること。ですから面接を受けにくる方がたの中で、もっとも仕事が出来る方を選ぶ中で、優劣をつける際、同じくらいの仕事の熟練度であるならば、より容姿が優れているなど、必要条件を皆見たしていた場合は別の場所から更に優れているものを見出すということでしょうね。

ですから美人だから、美人しかおかない、ではなくて、病院側では必要条件を満たし、なおかつ他の方よりも更に優れている部分が突出している方を選んでいるのです。ですが決して美人だから選ばれたと言うわけでは無い方もいるはずです。それこそ人の印象は一番最初に決まるといいます。身ぎれいにしてハキハキとしゃべり、日本語を聞いていても気持ちがよく、話していてすがすがしい気持ちにさせてくれる方。そんな方がもっとも選ばれています。面接を受けると言う方、採用条件に書かれていないでしょうが、日本語は美しく、これを心がけるだけでも随分と違うはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加