医療現場はイジメが多いって本当?

イジメが多い職場=医療事務の図式は本当?噂を検証してみましょう!

医療事務ってイジメが多いって本当ですか?そのような話しを聞いておどろきました。どこからそのような話しが生まれたのでしょうか?根も葉もない、というわけではないのでしょうが、どこから流れてきた話しなのか気になるところ。兎に角誰かが噂をしていてそういった話しが流れているのでしょうから、今回は医療事務にまつわる噂話を検証してみることにしましょう。きちんと調べてはっきりしたほうがいいはずですからね。

女性ばかりの職場だから、お局みたいな所謂小姑気質の女性が必ずいるからイジメが起きる!という噂をキャッチしました。なるほど、イジメとはこの噂なのですねと理解。確かに医療事務は女性が多い職種ではあるでしょうが、それはどこかイメージの方が先行している様に思えます。ただし、全くイジメがないか、と言われればそれはありません。どの職場でもそうですが、意地悪な人はいるところにはいます。それは上司が意地悪だと、朱に染まるではありませんが、そのようになる場合があり、それとは別にその人の個人的な性格で、意地悪だから、イジメを行う。といった場合の二種類があります。これらはその職場に居る、人ですから、変えようがありません。それこそ職場によりけりですね。

そして噂の2!直ぐ辞める人が多い職場よね。そのような噂もキャッチしましたが、確かにそれはあるかもしれません。看護師も医療事務もそうですが、辞めても次の職を探すのも楽なため、資格さえ持っていれば次が見つかるもの!と言って、面倒事に巻き込まれれば即座に辞めて再スタートを切りやすい、という見きりの速さはあるようです。

ちょっとしたとある時期があり、その時期は残業が物凄く大変!この噂はそのまま、レセプト期間のことでしょう。医療事務の最大の仕事と言えばレセプト作業。この整理時期は大変忙しいです。残業残業で自宅に帰宅出来る時間は本当に遅くになってしまうとか。終電がある時間に帰れるかどうか、などと言う話しさえ聞きます。それが十日前後続くところもあるそうです。確かに、きつそうですね。

このお給金ではこれは割に合わない!という噂――実体験なのでしょうが、ネットで叫ぶ方も確かにいらっしゃいます。イジメがひどく、長く続けられない。レセプト期間などのために大変。次々新しいことを覚えなければならず、割に合わない。等など。ですが悪い職場環境である人もいれば、逆の天国のように優しい職場環境の方も確かにいるのも事実なのです。

医療事務、興味があるのでしたらまずは資格を取って、その業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?最初から噂だけをあてにしていってもつまらないですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加