病棟クラークと医療事務の違い

病棟クラークと医療事務の違いってなに?違いが詳しく知りたい!

医療事務について調べていくと、病棟クラークと医療事務の違いが分からなくなってしまった。こんなことありませんでしたか?そもそも病棟クラークとは何なのか。そして資格は何を取ればいいのか。そして就職してからのことなどなど、どういった違いがあるのでしょうか?

病棟クラークはメディカルクラークとも言うのですが、資格はメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)となっています。資格と言うよりも認定試験に近いかもしれません。中規模以上の入院患者を抱えている病院内に病棟クラークは存在しています。そして外来クラークとは別に病棟のナースステーション内にて事務処理を行っています。具体的な仕事内容はというと、電話受付応対、カルテ管理整理、検査データ処理、フィルム管理、診断書などの文書類の授受確認、入院案内、患者家族の対応、医師看護師へのサポートなどです。

医療事務は医療課管轄の業務をこなすのですが、外来会計での金銭授受、レセプト入力チェック、保険証確認、診察券発行、入退院手続きの窓口、診断書や介護保険の手続き、これも医療事務の管轄であったりもします。つまりは外来患者さんの受付などを行ったりとする、一般的に我々が一番最初に応対をして貰うのは、医療事務の方となるわけですね。

つまりその差と申しますと、医療事務は外来、そして病棟クラークは入院患者を担当と考えるべきでしょう。ですからより密に患者さんと話しをするのは恐らく、病棟クラークだと言えますね。何故なら入院している患者の家族などが尋ねて来てはナースステーションによりますから。
(⇒歯科医療事務と医療事務の違いはなに?
(⇒調剤事務管理士と医療事務はどちらの資格を取れば有利?
(⇒医療事務と介護事務の需要はどちらが多いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加