医療事務の仕事は足元にも注意

医療事務の現場は兎に角人に見られるけれど、皆足元はどうしている?

企業の顔は受付などの方であり、お茶を運んで来てくれる事務の方であり、営業の方でもあります。皆綺麗に頭のてっぺんからつま先まで、きちんと整えているものですが、医療事務の方もそうですよね。頭のてっぺんからつま先まで、綺麗に整えられていて隙が全く感じられません。美しいですね。

「兎に角頭から足元まで見られるため、徹底的に綺麗にしているんですよ」そのように苦笑して答えてくださった医療事務の女性がいました。矢張り病院から、あなた方が病院の顔なのですから、綺麗にしてと言われるそうです。なるほど、全ての病院がと言うわけではないのでしょうが、病院の指導のもとということもあるのですね。

ですが最近街中で見かけるオフィスレディの方がたって、何だか今までと服装が変わってきているように思えませんか?ソックスにサンダル。ヒールの高い低いの差はあれど、最近皆さんそのような感じです。そこでちょっとと逆に問われたのですが、「足元はどのようにするのでしょうか?最近はソックスが主流なのですか?」と言われたのです。

オフィスレディの方がたは、出勤時に最近はラフな格好をしている方が多いです。ジーンズや裾が少々広がった可愛らしいスカート。カジュアルな格好で出勤してきて着替えるために、ストッキングではなく、ロッカーの中に入れておいたソックスにはきかえるだけという方が楽なのだそうですよ。ですからサンダルとストッキングになってしまうのでしょう。

ですが基本的にどこも同じですが――それこそ医療事務もそうですが、事務関係のオフィスレディの基本的な服装は、スーツ、もしくは支給された制服。そして足元はストッキングに5cm程度から、それよりも気持ち高い程度のヒールのパンプス。オープントゥのパンプスはNGで、かかとのない靴は論外というものが一般的なものです。ですからストッキングできちんとした靴をはいてきびきび動く、これが正しい姿と言えるでしょう。

ただし職場により靴はこれと決まっていればまた違ってきますが、一般的にはストッキングこそが正しい足元の服装ですから、ハイソックスなどは恥ずかしいですよ。恐らくはその医療事務の方も、ソックスの方が増えて来ていて自分の足元に疑問を抱いたのかもしれませんが、ストッキングで正しいので、そのままでいいですよ。
(⇒医療事務は絶対にお化粧ってしなくちゃいけない?

このエントリーをはてなブックマークに追加