医療事務の将来性とは

医療事務の将来性を見ればバツグン?それを見越して目指すべき?

医療事務と言えばあなたはどんな感想を抱いているでしょうか?給料面ではどのような想像が出来ますか?就職状況などは?そもそも資格の入手のしやすさなどはどのように知っているのでしょうか?

実を言うと医療事務の給料は少ないことで有名です。これは悲しい事実ですが、実は本当。年収も高くても250万程度。月給にしても相当お安いでしょう。高卒で高くて16万。大卒で高くて19万と言われています。現在問題しされている、コンビニバイトやファストフードのバイトよりも激務と言います。その中での給料がそれらバイトよりも低いとなるとやっていけないということもあったりするので、正直辛いとも言いますね。

就職状況は矢張り厳しい。何よりも資格――ではなく、若さ、そして経験の多さを取るため、30歳を超えた段階で正社員登用の道はほぼ無いといっても過言ではないんだとか。可也厳しいですね。これまで医療事務の仕事をどれだけ出来てきたか。やってきたかの方が問われる為、中々就職が出来ません。

ただし将来性は見通しが明るいので、それを見越して働きたいと言う人は可也多い様子。確かに、家に一人でも医療関係者がいるだけでも、なんとはなしに心強いですからね。その点でもやりたいという気持ちは強くなるでしょう。

そして肝心の将来性はどこに?ですが、病院やクリニックの数って、実は日本で一番多いと思われていた、コンビニよりも多いんです。知っていましたか?その上日本はこれからも高齢化が進んでいきます。医療技術の向上により更にそれは加速度的に進んでいくでしょう。だからこそ、病院は増える必要がもっともっとありますし、そうなってくると医療事務の需要と言った点でも、これから将来性が明るい職と言えるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加