医療事務の仕事服はナース服?

医療事務の制服はナース服?病院の規模で変わるって知ってました?

今回は今まで働いてきた職場の制服についての体験談になります。制服が可愛いからそこに勤めたい、なんて考えている人や、どこがどういった制服である傾向なのか、これから医療事務として勤め始めるといった方の参考になればと思います。

大きな病院では事務服を用意され、明るい色を基調とした形で纏められていたそうです。他企業などに勤めている方と比べるとどうしても明るくて可愛らしい。年を取ってくると気恥ずかしいなんて人までいました。大体の場合が大きな病院――総合病院や大学病院は事務服を専用のものを支給されるようですね。

個人開業医の方のところに勤めていた方は、面白いくらいにてんでバラバラです。看護師の方と同じナース服を用意されて、受付等で会計を行っていると看護婦さんと呼ばれるのだとか。少々古くからやっている医療機関だと、私服の上に白衣をまとっただけで制服、というようなところもあり、自分で制服を用意しなければならなかったなんて方もおりました。白衣といっても、下に身につける衣装が私服でも下手なものは着られませんもんね。だから自分でタイトスカートとシャツを用意して、まるで女医さんのような格好になっていたって方もおりましたよ。

上はワイシャツからタイ、スカーフの支給に、ベストにタイトスカート。動きにくければスカートに見えるパンツを支給されることもある医院まであるなか、私服といったところまであるのは今回驚きでした。体験談としてまとめていくうちに分かったことですが、私服の方が一番動きやすかったと言っていたのが印象的でした。ナース服はパンツルックであってもそこそこであってそうまで動きやすくはないんだとか。下着が透けるし下手なものは着れないと言っていたのも驚きでしたね。制服は制服で一人でもちょっと着崩れているだけで目立ってしまうため、気が抜けないというのもあり、なるほど、なんて感想でした。

あなたはどこで働きたいと思いましたか?
(⇒可愛い制服が着たい!女子高生のような理由で医療事務に決めた

このエントリーをはてなブックマークに追加