医療事務に向いている性格

医療事務に向いている性格、向いていない性格、あなたはどっち?

何の仕事でも向いている性格、向いていない性格というものがありますね。秘書業は人の世話を焼くのが好きな人、または何かを管理するのが好きな人が向いているし、研究職の人は兎に角考えて考えて考えぬくのが好きな人が向いています。身体を鍛えるのが好きな人はインストラクターもいいでしょう。向いている仕事は人それぞれ、何がいいかは皆自分で判断していますよね。けれど、やりたい仕事と性格の不一致というものもあるわけで――さて、では医療事務はどんな性格の方があっているのでしょうか?

医療事務に適した性格は、地味な作業が好き。コツコツとした積み重ね作業が苦もなく出来ちゃう。そうした人が向いていると言えるでしょう。何故なら医療事務の大きな仕事はレセプト作業です。はっきり言ってこれはレセプトを纏める期間があるのですが、約十日間もの間、地味にコツコツ、同じように患者一人一人、レセプト計算をやっては新しいレセプトを作って。計算につぐ計算をずっとやり続けなければなりません。根気があまりないな、と言う方はまず無理です。細かく点数を弾きだして必死になってやれる人でないと続きません。ですからそうした根気がある、私はそういう性格だなと、苦もなくそうした細かな作業が続けられる方が向いていると言えるでしょう。

ですが他にも医療事務は仕事があります。それは受付や会計といった仕事です。これは医師や看護師よりも先に患者さんと接しますし、問合せなどで具合の悪い方からかかってくる電話を、きちんと聞ける。これは相手をちゃんと思いやれる、真実人のことを考えられる方でなければ無理でしょう。自分本位では駄目ということです。そして自分から患者に話しかけられる、私は人見知りなんてしないから。そんな人は向いています。

まずは体調が悪い時に病院にいってみて、自分を担当された医療事務の方から見た時、自分がこの仕事をしていたら出来るかどうか、これを考えることで向いている性格かどうか、判断出来ると思いますよ。
(⇒医療事務の仕事の流れを学んでシミュレート!

このエントリーをはてなブックマークに追加