医療事務と調剤薬局事務の資格の違い

医療事務より資格が取りやすい!調剤薬局事務とは

その名の通り、調剤薬局で受付、会計、レセプト業務を行う仕事です。資格はなくてもよいのですが、持っていた方が就職に有利になります。医療事務との違いは、一般病院で働くか、調剤薬局で働くかということです。

また、調剤薬局という限定された職場なので、資格を取る際に学ぶ範囲が少なくて済みます。医療事務は医療全般のことを学ぶのに対し、調剤薬局事務は、薬剤関連と調剤報酬業務を学ぶだけになります。医療事務の検定には落ちたとしても、学んでいる範囲が被っているので、調剤薬局事務の検定に挑戦することも可能です。

医療現場は医薬分業の考えが広まっているので、新たに調剤薬局を設ける病院が増えています。病院の数だけ職場があるため、調剤薬局事務は人気のある仕事のひとつになっています。

では、医療事務を既に取っている人にとっては、意味のない資格なのかというと、そうではありません。範囲が被るといっても、薬剤に関してさらに詳しく学ぶことができますし、どちらでも働けるというのは大変な強みになります。

あくまで例えですが、医療事務で面接に行ったら、調剤薬局事務の資格を持っていることで、今度新設する調剤薬局の方へどうですか、と打診された、なんてこともありうるのです。

また、調剤報酬請求事務専門士検定試験という、さらに専門性を高めた資格もあります。レセプト業務もさることながら、薬剤師の補助ができるほど、薬剤に関する知識を深く問われます。そのため、非常に難しい試験になっています。この資格を見事取ることができれば、調剤薬局への就職は、より確実なものへと近づくことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加