医療事務を大学で学ぶことは可能か

医療事務って大学で学べるの?医療系、福祉系の大学情報

医療事務は女性に人気の資格ですが、その業務内容はレセプトの算出からカルテ入力、患者への対応など幅広いのが特徴です。現在では医療事務の業務のほとんどがコンピュータで行われるためコンピュータスキルも問われます。しかし、医療事務は医師や看護師のような国家資格は必要ありませんので、資格がなくても働くことができます。また資格の有無以上に実務経験が問われる仕事ではあるのですが、未経験者でも資格を持っていたり、医療知識がある場合は就職に有利といえます。

通常医療事務を学ぶ場合には医療事務の専門学校で通学講座や通信講座を受講したり、独学で学ぶ方法があります。通学講座、通信講座ともにメリット、デメリットがあります。そのほかにも医療系や福祉系の大学では医療事務の資格や試験をカリキュラムに組み込んだコースを設けているところもあります。ただ大学の場合は医療事務資格を取得するためだけの学科というのはなく、一般教養をはじめ、医療や福祉全般を学ぶ中で就職に役立つ医療事務資格を個人で受験するケースがほとんどです。ただ医療系や福祉系の大学での授業は医療事務と関連のある内容も多いので、資格取得に役立つと思います。

医療事務の求人数はその他の職種に比べると多いといえますが、不況の影響でなかなか希望通りの条件の仕事に就くことは難しくなっています。それでも、医療機関が新卒を採用する場合には当然大卒のほうが有利ですし、医療系の大学を卒業していればなお有利といえます。採用時には経験が乏しくても、その後の努力次第でキャリアアップも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加