男性が行う医療事務について

男性も医療事務が可能?医療現場における男性が医療事務ができる環境

近年、スチュワーデスという職種がキャビンアテンダントに変わったり、看護婦が看護師に変わったりと呼び方が少しずつ変わってきています。これは男性も女性も垣根なくその業務に携わることが多くなってきたため、差別を起こすのではないかと物議になったということもあり、呼び名が変わった職種です。先述のキャビンアテンダントはさすがに男性は見たことはないですが、看護師は近年、男性の方も業務にあたっている方が増えてきています。

医療関係も男性が中心に携わるという時代では無くなってきました。女医さんも急増し病院を設立し患者への対応を行っています。女性としての観点で診察を受けることができると人気を集めている病院も出てくる時代になりました。では、医療事務はどうでしょうか。医師や看護師では男性もいらっしゃいます。医療事務に携わっている男性を、あまり病院に行った時に見かけないのではないでしょうか。そもそも、男性は医療事務に携わることができるのでしょうか。

結論を言うと、ニーズはあるので男性でも募集をかけている病院はあります。専門学校や通信講座を受けながら医療事務の基礎を学んで、晴れて病院に勤めるということもできます。就職で行き詰っているという方がいたら、この医療事務を選んでみてもいいかもしれません。

しかし、現実は厳しいと思ってください。一般的に正社員として雇っている病院はハッキリ言って少ないです。大体は派遣かパートです。男性でも受け付けに立って、医療事務をこなしていきますが、採用する際に女性と異なる観点を求められます。それは「将来性」です。女性は長く勤めると、恋人と結婚したり、妊娠や出産、更には育児と家庭と両立させていかなければならなくなったり、職を退くということも十分考えられます。病院とはいえ人材不足は大問題です。そこで、長く勤めてくれる人なのか、スキルをつけたら後輩を指導できる人材なのかシビアに見ていきます。給与体系は女性と変わりません。あくまで医療事務としての給料です。

医療事務に携わってみたいと考えている方は、様々な病院の求人広告を改めてみてください。雇用体系から給与体系まで隅々まで見て本当に医療事務に関われるか、判断する力が求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加