医療事務資格の合格率

数ある医療事務資格 合格率をチェックて自分に合った資格を取得!

医療事務はいつの時代も女性に人気ナンバーワンの資格ですが、実際に医療事務とはどのような仕事内容なのか知らない人が案外多いのです。医療事務とはおもに医療機関でカルテの入力や診療報酬の計算、患者への対応を行う仕事です。最近では高齢化により医療への関心やニーズが高まり、その仕事内容も複雑化しています。現在ではほとんどの業務はパソコンを用いて行われるためパソコン能力を問われますし、秘書や調剤事務、介護事務などの専門分野にも分かれています。医療事務の仕事内容が多様化しているため、その資格や試験も種類が豊富です。難易度も異なり、合格率も変わっていきます。

医療事務資格の中でも合格率が最も低いと言われているのが診療報酬請求事務能力認定試験です。診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務のメイン業務とも言える診療報酬明細書(レセプト)を作成する技能の試験です。ただ難易度が高いため医療事務初心者向けではなく、実務経験者がキャリアアップのために取得するケースが多いのです。合格率が50%前後と言われるのが医療事務実務能力認定試験や医療情報実務能力検定試験です。医療事務実務能力認定試験ではレセプトの作成のほか医学や医療保険の基本知識などが求められます。医療情報実務能力検定試験は合格すると医療事務実務士の資格が与えられる実務能力を試す試験です。医療事務技能審査試験や医療保険請求事務者などは比較的合格率が高い試験ですので、初心者はまずこれらの試験に挑戦してステップアップしていくのがいいでしょう。

このように試験や資格の詳細や、試験に向けた対策などに関する情報はやはり医療事務講座を受講することで得られると思います。大手専門学校の中には毎年一定以上の合格率を誇っている学校もあり、受験のノウハウなどを心得ています。充実した授業内容に加え、ベテランの講師や少人数制の導入などで受講生がより学習に集中しやすい環境を整えています。自分が受験したい資格試験に向けて、どのような講座があるのか調べたり、実際に受講した人の口コミなどを見て自分に合った講座をみつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加