派遣医療事務の現状

派遣業務は大変か?医療事務派遣業務の労働環境について

各企業で派遣業務というのが一般的になってきました。派遣元が各病院から依頼を貰って、時給制で医療事務の業務を行っていくというのは、近年増加しています。正社員よりも待遇は正直言って悪いです。派遣ともなると、正社員と違って、自ら辞職を志願することもなく、契約期間が終わってしまえばそこで終わりというシステムです。

派遣として医療事務を行っていくというのは、どれほど難しいものなのでしょうか。派遣について、現在の医療事務の雇用体系は外部委託が多いです。当然、契約金額も決まってくるという訳ですが、安い契約金で労働に関する契約を結んでいくわけですから、それなりの給与体系もできてきてしまいます。一般的に派遣社員の給料は時給です。派遣で医療事務を行っている方の平均時給は1,000~1,300円くらいです。給与体系は、どうしてもスキルや経験により異なってきます。医療事務に関する給与の調査を行った際に出た調査結果は、月収と年収についてですが、未経験者はかなり安いです。実務経験ありの方は、平均的に約23万円と高額な給料を得ることはできると思います。

一度医療事務に関する派遣会社へ登録すると、自分の希望に合った働く場所を紹介してもらえます。これによって、就職活動が非常に効率的に進めることができるでしょう。自らの希望する勤務場所から勤務時間や期間も選ぶことができたり、医療機関が忙しい時間の午前中だけ、レセプト業務の繁忙期だけ、といった短時間勤務も可能です。こうやってみると、自由度は高いでしょう。しかし、派遣の待遇は厳しいものがあります。

医療事務派遣求人を見てみましょう。例えば、レセプト以外の受付事務全般を請け負う時は、実務経験2年以上積んだ人が対象です。時給は1200円程度となります。また、受付事務全般を請け負った場合は資格保持者が対象で、期間は3か月間と短期で時給は1300円程度です。長期だと、レセプト実務経験者が対象となるのが、レセプト入力などのカルテ管理業務で、時給は1500円程度です。スキルは医療事務に関する業務だけでなく、パソコンのスキルも必要です。契約期間は長期です。

それは、業務に必要な交通費などの諸費用のサポートが無かったり、契約が更新されなければ仕事は即終了となってしまいます。派遣が本当に自分が望む雇用形態なのか、しっかりと見定める必要があるということだけは忘れずに選んでいきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加