医療事務と医療秘書の違い

業務内容が異なる?医療秘書と医療事務の違いとは?

医療秘書とは、医師のスケジュール管理や事務業務の代行など、その名の通り、医療現場の秘書業務をする仕事のことです。医療事務と大きく違う点は、受付、会計、レセプト業務をしないこと。診療報酬加算に関係するので、兼任は禁止されています。

医師事務作業補助者との業務の違いはほとんどありませんが、その線引きは非常にあいまいになっており、呼び名が違うだけだと言う見方もあれば、医療秘書とは違うという見方もあります。これは病院や医師によって捉え方がそれぞれですので、現時点で明確にすることは難しいのです。

医療秘書になるには、医療事務同様、特別な資格はいりません。しかし、医療現場の事務作業、秘書作業になるので、看護師や医師に匹敵する医療知識が必要とされることもしばしばです。

資格は各資格団体が実施している医療秘書検定があります。受験資格を問わないものもありますが、学校で必要科目を修了していることや、特定の資格に合格していることが条件のものもあります。

医師だけにつきっきりで秘書をしていればよいわけではなく、看護師との連絡役や、行政への報告書、医局や科全体の管理など、業務はかなり広範囲に及びます。そのため、コミュニケーション能力も高くなくては務まりません。

しかし、その煩雑な仕事をこなすことで、医師や看護師が医療に専念できるのです。大変な業務ですが、反面、とてもやりがいがありますです。医療に興味があり、管理や分析が得意であれば、向いている仕事だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加