医療事務の医療事務管理士検定について

医療事務を目指すなら、医療事務管理士検定を受けよう

医療事務の資格は名前を変えて様々なものがあります。その中の一つが、「医療事務管理士検定」です。この医療事務管理士検定は、技能認定振興協会(JSMA)が実施しているもので、平成17年に特許庁に商標登録が認可されたため、全国的に認知度が高まった資格です。

受験資格は不問で、年齢制限もないため、誰でも受けられます。年6回の試験を実施しているので、1度不合格になっても、再チャレンジがしやすいと言えます。独学では不安な人には、ソラスト(旧:日本医療事務センター)で講座が受講できますし、過去問題集の販売も行っています。

試験内容は、マークシート方式の学科試験と実技試験です。学科試験は、医療法規、保険請求事務、医学の基礎知識の範囲から10問出題されます。実技試験は、レセプトの点検1問と、レセプトの作成を外来と入院の各1問、計3問が試されます。試験時間は学科試験が1時間、実技試験が3時間となっています。

合格率は約50%。歯科の合格率の方が若干高めですが、厚生労働省認可の「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格率が約30%ということを考えると、やや難易度が低く、受けやすい試験だと言えます。

未経験者の場合、いきなり難易度の高めの試験を受けるより、医療事務管理士検定を受けた方が、試験の雰囲気が感じられて良いでしょう。合格すれば、認知度の高い資格ですので、就職の際にも必ず役に立ちます。特定の通信講座を修了すれば、在宅受験も可能ですので、近くに受験会場がない、受験に行く時間がない人などは、そちらをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加