医療事務の受験資格について

実務経験がモノを言う!?医療保険事務の受験資格とは

医療事務には特別な資格が不要で、経験がなくともできます。しかし、実務経験があると、即戦力とみなされ、採用率が上がるのは言うまでもありません。未経験で、これから医療事務に就こうと思っている人でも、資格を取ってからの方が、全くの素人であるよりも就職はしやすいでしょう。

一般的な医療事務の資格は数多くありますが、ほとんどが受験資格を問いません。つまり、誰でも受けることができるのです。以前は、一定期間の実務経験を受験資格としていたものもありますが、現在はほとんど受験資格を問わないものばかりです。ただし、医療秘書など上位資格には、専門学校や通信講座を受講し、修得後に受験資格が発生するものや認定するものがあります。

資格を取るのに実務経験はほとんど必要ありませんが、やはり、就職には実務経験があった方が良いのは、先に述べた通りです。傾向として、地方などの病院では、人材を育てる余裕がなく、本来未経験でもできる医療事務を、経験者に偏って採用しがちになります。逆に都市部だと、予約制などで患者数を調整しないとパンクするので、一日の仕事量が定まり、未経験でも採用される可能性が高くなります。これはあくまで傾向ですので、地方だからと言って諦めることはありません。

また、医療事務は病院の窓口ですので、接客態度や対応力が問われます。いくら経験者でも、愛想が悪いなどの問題がある人よりも、笑顔の素敵で物腰の柔らかい未経験者の方が歓迎されることもあるのです。

知識や経験は後からついてくるものです。働きながら資格を取る人もたくさんいます。資格が先か、経験が先か、自分次第といったところでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加