医療事務管理士とは

専門的な知識をもつ仕事?医療事務管理士とはこんな仕事

医療関連は様々な協会があります。関連して、専門知識や実力を持っている方に対して資格試験制度を設けて、スキルアップを目指すように指導しています。医療関連ではとりわけ命を取り扱っていくわけですから、事務関連ではレセプト作成方法などでは失敗が許されないです。そして近年保険料率の値上げが止まりません。医療費の計算も明確にしておき、患者やその家族に対して説明できる力も持っていなければ、病院自体の信頼に関わってきてしまいます。

医療事務についてもう少し仕事内容を掘り下げてみましょう。医療事務業務は、病院や診療所といった医療機関内での患者に対する受付けや、患者の診察や処方箋などでかかる治療費の計算、診療報酬明細書の作成や、各患者のカルテ管理などがあります。いずれもミスは許されない業務というのを改めて感じます。そこで、近年めくるめく変わっていく医療保険制度や、患者等では計算方法が難しい診療報酬の仕組みを十分に理解し、正確な情報を提供しながら診療報酬を算定できる医療事務スタッフを、事務面からサポートする専門家として証明するために、平成17年10月にとある資格を設置しました。それが、「医療事務管理士」です。

医療事務管理士は特許庁より商標登録が認められています。これにより、名実ともに認知された資格となっています。この資格を持っていれば、全国の医療機関でお呼びがかかることも多くなるでしょう。安定性の証明ともなりますし、就職や転職、再就職にも役立ちます。ライフスタイルに合った仕事もすることができるでしょう。そして何より、患者がアドバイスを受けて満足感を得られたり、病気への不安を少しでも消すことができるでしょう。

では、どうすれば医療事務管理士になれるのでしょうか。試験は学科と実技の2つに分かれています。学科は医療の基礎知識や保険請求に関する問題が出題されます。十分に勉強しておきましょう。そして、実技ではレセプト点検や作成を問われます。これには、実務で確実なレセプトをより多く書き、慣れていくというのが合格への近道となるでしょう。自分自身が医療事務のプロフェッショナルとなるためにも、この医療事務管理士は外せない資格になっているかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加