医療事務講座の学び方

通信などで学べる?医療事務講座とはどのようなものか

医療事務を仕事として今後の人生に活かしていきたいという方は、まず学校に通ったり関連する資格を取ったりする必要があります。医療に関する専門知識を持つためにしっかりと勉強していかなければ、まず面接などで病院側に実力を見抜かれてしまいます。学校で医療に関する知識をつけることはもちろんですが、通信講座で医療事務を学ぶことができます。結婚後や出産後も医療事務の仕事をしたいという方がよく使っています。

医療事務講座で有名なのが、およそ40年の歴史を誇ることで有名な、ニチイ医療事務講座です。厚生労働省で認可したテキストを使ってじっくりと勉強することができます。医療事務を教える講師陣は、医療事務を知り尽くしたエキスパートばかりです。講座の内容については、折り紙つきともいえるでしょう。どうやって勉強を行っていくかというと、通学したり通信講座を行うこともできれば、インターネットを使った「Webカレッジ」も提供していますので、いつでもどこでも講座を受けることができます。

通学となると、スクールはどこにあるか分からないかと思います。教室はインターネットで検索することができますので、まずは確認してみましょう。医療など様々なカリキュラムを組んでおり、年間7,000クラスを開講しています。通学コースは3ヶ月間提供されています。通信教育は半年間、自分のペースで学ぶことができるでしょう。疑問は電話やメール、FAXなどで対応してくれます。医療事務の資格である、医療事務技能審査試験に完全対応していますので、半年間でしっかりと力をつけて試験に臨みましょう。

そして、Webカレッジ通学や通信のいいところを取っています。主には医療事務業務の基本を学びます。点数算定とレセプト点検の技能を中心にマスターしたり、医療に関する基礎知識をカテゴリーに分けて少しずつ学んでいきます。最終的には通信教育と同様に医療事務技能審査試験に合格することを目指します。

それぞれの講座でサポート体制も充実しています。どうしても講座を急用や急病で受けることができないという方には、電話1本で振り替え受講ができますし、フォロー体制もしっかりと整えています。このようなしっかりとした体制が取れているニチイの医療事務口座を受講した生徒は実に60万人を超えています。受講料もクレジット決済や割引制度もありますので、一度問い合わせてみるのもいいでしょう。

今回はニチイを取り上げましたが、医療事務講座も様々あります。学びやすい講座を選んで、医療事務の資格取得や就職に活かせるようにしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加