医療事務の求人情報を見る時の注意点

下調べは必要か?医療事務求人情報をみる時に気をつけるところ

医療関係の仕事を探している方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。看護師やケアマネージャなど様々な職種があり、自分のやりたい業務が見つかっていればいいのですが、実際仕事をしてみてきつくて辞めるということにならないようにしましょう。その第一歩として求人誌やインターネットなどで求人情報を見るかと思いますが、ここでは医療事務の仕事を探すためにどのような点を注意して、求人情報を見ていけばいいかまとめてみます。

まず、医療事務というと、女性の方が多いという印象を受けるのではないでしょうか。実際読者層が女性の求人誌などで、「医療事務募集」という記事を目にするかと思います。ここでまず医療事務をしていく上で気になるのは、「最低限の知識や技術があるか」だと思います。他の医療関係の職種の募集要項などを見ると、医療に関する資格を必要としているものも多いので、医療事務も必要なのではないかと思われるかと思います。しかし、医療事務として勤務する際に特別な資格はありません。誰でも応募ができるところが多く、誰でも病院で働くことができるのです。

高齢化社会によって、医療関連の募集も増えてきています。医療事務もこの中の一つで、ニーズはあります。医師や看護師なども、多忙な時はとにかく暇が無いでしょう。そんな中で、医療事務はどのような仕事を受け持つかです。医療事務の求人を見ると、「入院担当」とか「受付業務」といったものが多いかと思います。受付業務はなんとなくイメージがつくかと思いますが、実際に受付ばかりをやるという訳ではありません。具体的な業務はレセプトと呼ばれ、医療保険への請求書となる「診療報酬明細書」という書類を作成することが医療事務のメイン業務となります。

近年、様々な業種でネットワークが発達し、診察時のカルテも電子化され管理されています。そこで業務として電子カルテなどのデータ入力をする人たちを必要としてきています。そこで各病院や診療所が医療事務を募集しているというのが、募集背景にあります。ただ、単にデータ入力をしていくというだけではありません。難しい病気に効果のある薬品や病状などをしっかり把握して入力していくにはコミュニケーションも大事です。

医療事務は受付メインと考えている方は、改めて募集要項を見直してみましょう。そして、労働環境が合いそうな現場をしっかりと見つけていきましょう。環境は病院によって様々ですのでしっかりと見極めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加