医療事務を仕事とした時の給料

やっぱり儲かる仕事?医療事務でもらえる給料の実状

医療関係の給料というと、皆さんはどのように思われるのでしょうか。高給取りといわれている職種では医者が挙げられますが、医療関連というと、給料はいいのではないかと思うのではないでしょうか。実際のところ、医療関係も他の企業と同じような雇用体制が取られており、正社員やパート、派遣があります。働くスタイルが変わることによって、それぞれ給与体制が大きく変わってきます。それは看護師だけでなく、医療事務でも同じことがいえます。

医療事務の正社員となると、やはり病院で働いているのだから儲かっているのではないかと思われるかと思います。しかし給料の平均相場をみると、少し安めな印象があります。給料が安定しているといわれている正社員の、初任給を見てみると高校卒業者で15万円くらい、大学卒業者で19万円程度となっています。こうしてみると、一般企業の事務職とほぼ同じ水準となっています。3年勤務で平均でもらえる年収も約300万円程度となっています。

各地方の平均でみると、やはり関東甲信越地方の病院に勤めている医療事務の方が多くもらっています。全日本病院協会がネット調査を行ったところ、約390万円という結果になりました。最ももらっていないのが中国・四国・九州地方の医療事務の方で平均すると約320万円という結果になっています。しかし、医療事務の労働環境によりますので、給与体系も個々で変わってきます。

パートや派遣の給与体系を見てみますと、医療事務は近年アウトソーシング化していていますので、派遣が働ける環境ができています。時給制を取っているところが多く、平均すると850円から1000円からスタートし、実務経験があると1300円くらいまで上げてくれる病院もあります。経験や資格を持っていると、正社員に近い年収までもらえることもありますが、派遣は契約関係や交通費などの諸費用の工面が必要になったり、パートでは賞与、有給休暇はないことだけでなく、人員削減のターゲットとなりやすいです。

生活スタイルに合わせて、医療事務に就くには雇用体制をしっかりと確認しておきましょう。そして、どのような体制が自分に合うのか、見定めて応募していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加