医療事務面接について

医療事務の面接をクリアするために絶対必要なポイントはこれだ!

医療事務は女性に人気の資格ナンバーワンです。女性は結婚や出産などで職場を離れなければならないことがありますが医療機関は日本全国どこにでもあり、求人数も圧倒的に多いといえます。一度医療事務の資格を取得すれば、再就職しやすいと言われています。またパートタイムやフルタイム、アルバイトなど自分にあったペースで仕事をすることができます。今後日本は高齢化社会になることが予想されるため、医療事務のニーズも増えていくでしょう。

医療事務講座を開講している専門学校は多くあります。それだけでも人気の高さがうかがえます。授業内容や授業時間も様々で仕事で忙しい人も自分の都合のいい時間に受講することができます。また多くの専門学校が講座終了後の就職サポートを行っていて、就職しやすい環境が整っているのも人気の秘密です。就職サポートの一貫として就職相談はもちろん模擬面接などを行っている学校も少なくありません。

医療事務に限らず就職のさいに避けては通れないのが面接です。面接では知識はもちろん人柄も採用ポイントになります。医療事務の仕事に携わる場合、医師や看護婦、その他の病院スタッフなどと共同で作業を行うことになります。その中でチームワークを乱さずに仕事ができるかどうかは重要です。そして、もちろん医療事務に関する知識も試されるところです。求人の際に未経験可や経験不問などと書かれていても採用する側としては知識がないよりは多少でもあった方が採用確率が上がることは確実です。

面接でよく聞かれる質問としては、志望動機や当院を選んだ理由、意気込みやパソコンスキルなどに関することです。志望先の医療機関を選んだ理由として最も好ましいのはその医療機関の方針と自分の考え方が一致していることを伝えることではないでしょうか。その医療機関がどんなことに力を入れているのか、患者のことをどう考えているかなどホームページなどを事前にチェックしておきましょう。そしてもうひとつ大切なのはその仕事に対する熱意を伝えることです。豊富な経験がなくても患者さんの力になりたいなど仕事に対する積極性や自分の姿勢を示すことは面接をクリアできるかどうかの大きなポイントになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加