医療事務資格の難易度について

数ある医療事務の資格 一番難易度が高い資格とは?

不況の影響で理想の仕事につくことが難しくなり、とくに女性は結婚や出産などで職場を離れなければならないため安定した仕事を探すのが困難です。女性の多くは資格を取得し、手に職をつけることで少しでも賃金の高い仕事につくことを希望しています。資格の中でもとくに人気が高いのは医療事務です。医療機関は全国にあるため他の職種に比べて求人数が多いのです。また育児が忙しかったり、夫の扶養範囲内で働きたい場合など自分の都合に合わせてアルバイトや契約社員、正社員などを選ぶことができるのも人気の秘密です。医療事務は特別なスキルと経験によって、ほかの職種よりも高い時給を得ることができます。

医療事務とひとことで言ってもその資格にはいろいろあります。医療事務資格の中でもとくに人気が高いのが診療報酬請求事務能力認定試験です。診療報酬請求事務能力認定試験はレセプトを作成する能力を試す試験です。さらに医療事務技能審査試験では診療報酬請求事務業務や窓口業務、カルテ管理など医療事務に必要な業務全般に関する試験を行い、この試験をクリアするとメディカルクラークという資格を取得することができます。メディカルクラークの資格を取得していないと受験資格を得られない試験もありますのでこの試験に合格するとその後のキャリアプランが広がります。また最近ではカルテの作成もコンピュータを使用しますのでコンピュータスキルは大変重要になります。医事オペレータ技能認定試験では診療伝票をはじめ患者情報などを入力する能力が問われます。ほかにも医療秘書に必要な医療秘書実務能力認定試験や、調剤薬局事務の業務をこなす調剤事務管理士技能認定試験などがあります。

では、これらの資格試験の難易度はどれくらいでしょうか。医療事務資格の中で比較的合格しやすいのは医療事務技能審査試験で合格率は約50%です。また医療事務管理士技能認定試験の合格率は、医科が約45%となります。中には難易度の高い試験もありますが、医療事務に関する講座や教材などは多くありますのでそちらを活用して地道に学習すれば合格は難しくありません。自分に合った学習法を見つけて頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加