医療事務の日本医療事務センター給料

医療事務を支える、日本医療事務センター給料はどれほどか?

日本医療事務センターは通称NIC(ニック)と呼ばれていました。医

療事務関連の講座から、人材派遣、就職斡旋、老人ホームなどの介護サ

ービスと、医療福祉を支えている企業です。

現在、日本医療事務センターは2012年に社名を変更し、「株式会社

ソラスト」となっています。社名は変わりましたが、その活動は変わる

ことなく、むしろ躍進していると言っても過言ではありません。

さて、医療事務に関して、気になるのが給料です。事務職の平均年収は約300万円ほどというデータがあります。これは女性正社員の平均になります。しかし年収300万円なら良い部類に入るでしょう。地方か都市部かで差は出てきますが、手取り月収が15万円前後の給料が大半です。

では、医療事務はどうかというと、正社員で平均して約250万円と、一般事務より低めのデータが出ています。やはり資格がなくてもできることと、人気の職種なので少々安い給料でも、人材が確保しやすいことに起因しているのでしょう。

ソラストの求人サイトで検索すると、かなり豊富な求人情報が出てきます。試しに、東京で正社員、未経験者歓迎の条件で検索してみます。月収は15万円からのものが多く、その他に通勤手当、残業手当が出ると記載されています。休日・夜間勤務になると、少し給料が上がります。しかし、健康保険などでそこから引かれますので、実際の手取りは少なくなります。

また、未経験可というのも、実務経験がなくてもよいという意味合いのものが多く、医療事務講習を修了している人、と応募資格に明記してあったりします。やはり少しでも即戦力になる人材を希望する病院がほとんどのようです。資格手当が出る求人もありますが、給料が低めに設定されており、資格手当がどれくらいなのかは明記してありません。

しかし、探そうと思えばいくらでも求人が探せる、というのが第一印象です。ソラストに登録していれば、条件に合った就職先を紹介してもらえるというのも魅力的です。

検索で見つからなくても、新しい求人が自分にマッチした可能性は大いにあります。諦めずに、登録してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加