医療事務のレセプト業務について

徹底して学びたいレセプト業務 請求ミスは許されない?!

医療事務資格は女性に大変人気のある資格ですので、専門学校や通信教育で資格取得を目指す女性は多くいます。しかし、学習を始めるまで医療事務というのがどのような資格なのか詳しく知らない人が少なくありません。医療事務とは全国の医療機関で診療費の計算やカルテの入力、患者への応対など総合的な業務に従事するという仕事です。実は医療事務は医師や看護師とは異なり国家資格を必要としません。そのため必ずしも資格が必要というわけではありませんが、高齢者が増え医療への関心とニーズが高まる中でその業務は複雑化していますので、資格を持っていたほうが就職には有利といえます。医療事務の資格は数多くありますので、自分のキャリアプランに合った資格を目指すといいでしょう。

医療事務の仕事の中でも最も重要なのがレセプトの書き方や算出方法です。レセプトとは診療報酬明細書のことで、通常個人は健康保険に加入しており、自己負担額は3割となり、それを算出して請求するのがレセプト業務の主な内容です。診療報酬請求とは毎月その月に診察したすべての患者の診療行為の点数を計算し、支払機関に請求します。医療機関の規模によっては患者数は膨大な数になりますので、請求ミスによる差し戻しなどがありますと機関の業務に支障をきたしますので、とても重要な業務となります。

以前はすべて手作業でしたが、今はコンピュータ化されているので毎月のレセプトの算出は簡単になりました。そのかわりに医療事務従事者にはコンピュータスキルが求められます。レセプト入力以外にも今ではカルテのほとんどが手書きではなく、電子カルテに変わりましたので就職のさいには高いコンピュータ技能が必要となります。

医療事務の専門学校や通信講座では一般的にレセプトの作成に比重を置いているケースが多いので点数表などを用いて重点的に学習することができます。レセプト作成ができなくては医療事務として働くことはできませんので徹底して学ぶ必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加