医療事務と看護師の制服について

メディカルアシスタントとナースは制服が一緒!?

かかりつけの病院や、最近診察を受けた病院の風景を思い出してみましょう。あの病院には医師とナースしかいなかった、と感じた人が多いのではないでしょうか。個人経営の小規模な病院で、ナースが1人で受付までこなしているならわかりませんが、何人かナースがいる病院なら、受付にいるのはナースではなく、メディカルアシスタントなのです。

なぜナースしかいなかったと思ってしまったのか、それは、制服が一緒だったからではありませんか?個人病院だと、ナースとメディカルアシスタントの制服が統一されているところが多いのです。ナースの制服を注文する時に、一緒にできるからなどの理由がありますが、受付なのに看護師と間違われるという声もあります。

大規模な病院になると、事務服だったり、私服で受付にいる人たちは、ひと目でメディカルアシスタントだと分かったりしますね。やはり規模が大きいと、きっちり職域が分かれやすいですし、制服を注文する場合でも、ナース服も事務服もまとめて注文しやすいのです。

しかし、できるだけ、ナースとメディカルアシスタントなどの事務員とは、制服を分けた方が良いようです。なぜなら、先程書いたように、患者からナースと間違われ、混乱することがあるからです。さらに、ナースからも反感とまでは言いませんが、業務内容が違うのに、同じ制服というのが良く思われないこともあります。制服ひとつで、いらぬ軋轢を生むのも馬鹿馬鹿しいですよね。

中には、ナース服が着たいから、という理由で、ナースと同じ制服の求人を選ぶ人もいるようです。確かに、ナース服は女性であれば、1度は憧れる制服と言えます。もちろん、制服が良いという理由で職場を選んでも構いません。面接でさりげなく言ってみるのも、場が和んで良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加