医療事務の正社員採用について

医療事務の資格をゲット!正社員として就職できるのか?

不況の影響でなかなか自分の希望通りの仕事に就くのが難しくなってきました。企業によっては新規採用を見送ったり、採用条件が悪かったりと求職者にとっては厳しい現状です。そこで就職に有利な資格などを取る人が増えました。中でも女性に人気なのが医療事務です。医療機関は全国にあり求人数が多いことや、再就職しやすいことから人気が高まりました。できればパートやアルバイト、契約社員ではなく、正社員として働いて安定した収入を得たいと考える人が多いのです。

全国に医療機関があるため医療事務の求人数はほかの職種に比べて多いとは言え、正社員採用はなかなかありません。医療事務は医師や看護師とは異なり国家資格を必ずしも必要とせず、むしろ実務経験を重要視する傾向にあります。実務経験があれば仕事内容をいちから教える必要はなく、率先力として働ける人材を求めています。医療事務の仕事に就きたいと考える人の多くが専門学校などの医療事務講座を受講し、医療事務に関する基礎知識や試験に備えた学習を終えた人です。大手の専門学校のほとんどが講座を修了した受講生への就職サポートを行っていて、提携する医療機関や運営する求人サイトを通じて勤務先を紹介しています。しかし、必ずしも正社員として採用されるとは言えません。最初はアルバイトやパートタイムで期待していたほどの賃金を得ることは難しいかもしれません。しかし、医療事務とは実務経験を積むことでキャリアアップしていく仕事です。働きながらさらに難易度の高い資格を取得し、複雑化していく仕事ないようを理解していけば、その努力と実力が認められ、賃金のアップや正社員への起用も夢ではありません。一度仕事を覚えれば、結婚や出産で仕事場を離れても、また再就職するのは難しいことではありません。また医療事務はいくつになっても働くことのできる仕事です。事務の仕事だけではなく、患者に対するマナーやホスピタリティを忘れず、医師や看護師とも協調性を持ってかかわっていかなければならない仕事です。大変ではありますが、ライフワークとしてやりがいのある仕事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加