医療事務を仕事とする時の志望動機

きっかけは様々ある!医療事務になろうと思った志望動機

医療事務という職業は、人気のあるところでは応募も集中します。履歴書を書くところから職業柄、書類の書き方は重要視されるポイントとなります。とりわけ各職業で注目されるポイントは志望動機です。ここをしっかりと採用する側に伝えていくことが最初の難関となります。

志望動機は、人それぞれあるかと思います。医療関係の学校を卒業してきたので、医療関係の仕事に就きたいと考えた時に医療事務になりたいとか、身内の病気をきっかけに医療関係の仕事をしたいと考えた時に、医療事務があったなど色々な志望動機があります。自分の希望する職場に採用されるように細心の注意をはかって書いているかと思います。

志望動機のポイントとしては、採用側がよく見るのが履歴書の文面から、自分が医療事務として仕事をしていく中で、患者がいかに喜んでいる姿を想像できるようなものが一番好まれるようです。例えば過去に患者に対して、親身になって介護を行って表彰された経験があるとか、採用されることになったら皆から好かれるような医療事務員になりたい、ここの病院に以前来た時に、医療事務が充実していたので働いてみたいなど患者目線で志望動機を書いてみると、採用側に伝わることも多くなるでしょう。

志望動機に合わせていきたいのが、自分自身のセールスポイントです。誰にも負けないと思うことや自分の特技などをしっかりと書いておきましょう。志望動機と重なってくると、より強みが出てくるでしょう。そのうえで、就職後のアピールを採用側に面接などで伝えられれば完璧になるかと思います。

志望動機だけでなく、履歴書の作成は難しく考えることはありません。志望動機を中心に、一番大切なのは「気持ちを伝える」ということです。そこを忘れずに作成すれば、履歴書の審査は通るでしょう。そして、面接に行きますが、ここでも志望動機は聞かれます。とりわけよく聞かれる質問が、「なぜ医療事務員になりたいと思ったのか?」、「数多くある医療機関の中から、当院を選んだ理由はどこなのか?」とより細かい動機を聞かれます。ここでは自己アピールを兼ねて、誠実に伝えましょう。働きたい職場で医療事務をやっていくための第一歩となります。志望動機はしっかりと持って、就職や転職に活かしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加