医療事務を仕事とする価値について

仕事として価値がある?医療事務で勤めている方が感じた仕事の喜び

仕事として、その業種のプロフェッショナルとなるのは人一倍努力が必要でしょう。医療事務の仕事は給料も一般企業の事務職並みの給料です。少しでも給料を上げていきたいと考えている方は、専門的な知識や技術を持っていることを証明するメディカルクラークや医療事務管理士を取得するための資格試験を受けていくことになるでしょう。

ただ、まずは仕事に慣れることから始めていくことになるかと思います。正直、仕事始めを中心に現場で医療事務の仕事をしていると、時間の拘束や仕事量の多さで肉体的にも精神的も厳しくなるという方も多いことでしょう。そんな中で医療事務に携わって良かったと実感した経験もあるかと思います。

インターネットの仕事紹介のサイトでも様々な病院で頑張っている医療事務の方にインタビューし経験談を聞いています。その中で医療事務をやっていて良かったという話は多くあります。例えば、病院の窓口として患者の受付や担当医へ患者のカルテの提出、会計の作成や来院の予約受付などを行っている方が仕事をやっていて良かったと思えることは、コミュニケーション能力が欠かせない現場で、患者に名前を覚えてもらっていろいろな楽しい話を聞けたり、名前で呼んでもらえるという喜びがあるということです。医療事務は基本的に医療関連では裏方の仕事といってもいいでしょう。そんな中で、名前を覚えてもらえるというのは、継続して仕事をしてきた結果であり、何とも言えない仕事の充実感もあるでしょう。

仕事には厳しく苦しいことも多いかと思います。医療事務はクレーム対応や患者対応も行っていかなければなりませんので、コミュニケーション能力は絶対不可欠です。当然ながら精神力も必要となります。また、時間外勤務も多いので肉体的にも疲労が絶えないでしょう。しかし、達成感を持てることを持って仕事に臨めば、取り組み方も変わります。自分なりの仕事の喜びを見つけていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加