医療事務の仕事内容

医療事務を学びたいけど、医療事務の仕事内容ってどんなこと?

不景気の影響でなかなか希望の仕事に就くことが難しい時代ですが、だからこそ手に職をつけたいと考える人が増えています。何か資格を取りたいと考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは医療事務です。医療事務はとくに女性に人気の資格です。その理由はパートタイムやフルタイムなど自分の生活に合った働き方ができること、また結婚や出産で一度職場を離れても再就職しやすいという点でしょうか。そして、何よりも医療機関は全国にあり求人数も他の職種に比べて多いといえます。

資格を取得するなら医療事務を、と考えていても、実際に医療事務とはどのような仕事なのか把握していない人が少なくありません。医療事務はいくつかの業務に分けることができます。オペレータ業務はカルテや診療内容、薬などを会計システムなどのコンピュータに入力する業務です。診療報酬請求業務は自己負担額を除いた医療費を健康保険組合などに請求する診療報酬明細書(レセプト)を作成する業務です。その他にも受付業務や会計業務、入院手続きや看護師の手助けをする病棟クラークなどの業務もあります。医療事務を学ぶ際には単独で一つの業務について学習するのではなく、総合的に理解する必要があります。

たとえばある医療事務講座を開講している大手専門学校では保険制度の仕組みや診察費の計算方法、レセプトの書き方などを中心に学びます。しかし、それだけではなく、病院内でのマナー、患者への接し方なども重要と考えています。また最近ではカルテの入力などもパソコンを使用しますのでコンピュータスキルなども求められます。医療事務講座では医療事務に関する様々な学習を熟練した講師のもとわかりやすい教材を用いて学習します。講座終了後は就職サポートなどもありますので、安心して学習に集中できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加