歯科医療事務について

歯科医療事務って医療事務とはなにが違うの?どんな資格があるの?

医療事務は人気の高い資格ですが、同様に歯科医療事務を目指す人も最近は増えています。歯科医療事務の主な仕事内容は歯科医での受け付けや予約、カルテ入力や歯科医療報酬の計算などです。医療事務と異なる点は歯科医療事務の場合は実際に診察室に入り歯科医のサポートを行うということです。医療事務と同様に診察報酬明細書(レセプト)の作成も重要な業務ですが、歯科医の場合自由診療ですので自己負担分が多くなることもあります。

歯科医療事務は専門学校の通学講座や通信講座で学ぶことができます。歯科医療事務講座では一般歯科、小児歯科、口腔外科などの口の中の病気全般や初期の虫歯治療から入れ歯についてなど学ぶ内容は通常の医療事務とは異なります。歯科医療事務の資格はいろいろありますが、一番知られているのは医療事務管理士技能認定試験でしょう。これは医療事務と歯科医療事務の二つに分かれている試験です。歯科医療の中で難易度が高い試験といえば診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)です。これはレセプトの作成能力を示す試験で就職などに役立ちます。歯科医の場合は個人で開業している場合が多く、レセプトにミスがあると支払いが遅れ医院の運営そのものに支障をきたすためとても重要と言えます。

歯科医療事務を学ぶためには歯科医療事務講座に通う必要があります。大手専門学校のニック(現)ソラストでは歯科医療の基礎コースを設けており、最短1か月で学ぶことができます。歯科医療は医療事務に比べると学習範囲が狭いため比較的難易度が低く、歯科医療のしぼって学習する人が多いにはそのためです。ソラストでは講座終了後の就職サポートも充実しており、安心して学習に集中することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加