医療事務は資格なしでもできます

資格修得って難しそう…でも大丈夫、資格なしでも医療事務はできます

勉強が苦手…若くもないし頭に入るかしら…などなど、資格と聞くだけで身構えてしまう気持ち、分かります。医療事務は比較的取りやすい資格ですが、それでも勉強に苦手意識を持つ人には、ハードルが高くなってしまいます。

ですが、資格がなくても医療事務はできるのです。医療事務の主な仕事は病院の受付、会計、レセプト作成業務です。一度も接客経験がない人は別ですが、受付と会計は誰でもできることです。

問題はレセプトですが、診療報酬の点数表は見ながらでもできますし、作成の手順と計算方法を覚えられれば、さほど難しいことではありません。今まで未経験から資格なしで長年業務に携わっている人もたくさんいます。どの仕事でも言えますが、やる気を持って取り組めば、できるようになるものです。

では、なぜ資格がこれほどまでに多く存在し、人気資格とまで言われるのか。それは、就職の際にアピールポイントになるからです。同じ未経験の人が2人面接に来たとして、Aさんは資格なし、Bさんは資格あり。あなたならどちらを採用しますか?もちろんBさんですね。ゼロから育てていくよりも、1か2ほど知っていた方が、教える方も多少楽ですし、話が通じやすいからです。

即戦力という意味では、実務経験者には敵いません。しかし、誰しも初めは未経験です。実務経験者だけが採用されるなら、次の人材が全く育たないことになります。実際、求人にも未経験者OKというものはいくつもあります。

資格なしでも、やる気があれば、医療事務に就くことは可能です。資格保有と実務能力は必ずしも一致しません。資格なしでもここまでやれるんだぞ、という根性でがんばりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加