医療事務に関する試験

使える資格試験はどれか?医療事務で使える難しめの資格試験

実務に当たるには、様々な資格が必要な職業がたくさんあります。自動車の運転免許のようにあたりまえに持っていなければ、仕事に就けない資格や、給与や職場のレベルを上げるために取得する上位資格など様々な資格試験があります。取得するには費用や勉強する時間が必要となりますが、達成しなければ次のステップへ進むことができませんので、取得を支援する企業も多く存在しています。

では医療業界ではどうでしょうか。医薬品を多く取り扱う訳ですから、最低限の知識や技術を証明するための資格はやはり必要です。医師免許や薬に関する資格と様々ですが、医療事務ではどうでしょうか。受付や事務関係を主に取り扱っている医療事務には資格は無いんじゃないかと思われるかと思いますが、医療事務を行うに当たって人気もあり、最低限必要な資格試験と思われているものがあります。それは、医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験です。

この試験は年2回開催されます。この試験を受けた方の合格率は、毎回30%前後となっていますので、難易度は非常に高い試験になっています。診療報酬請求事務能力認定試験は、知識と技術両方問われる試験があります。それゆえに、合格率が低いこともあり、持っていれば就職などに非常に有利な資格です。

試験は2つあり、学科試験と実技試験で行われます。学科試験では選択方式の筆記試験を受験します。実技試験は実際に条件に合ったレセプトを作成するものです。この試験は、実際に現場で医療事務として働いている人も、合格するのはなかなか難しいといわれてますので、合格を目指す方はそれなりの勉強や努力が必要です。合格するには、とにかく問題の傾向をまずは掴みましょう。傾向がありますので過去問は必ず何度も解いておきましょう。受験するには、日本医療保険事務協会に申込を行ったり、医療事務の専門学校等、団体単位で申し込む場合は学校単位でまとめて応募できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加