医療事務資格の試験内容の違い

医療事務は資格によって試験内容が違う!

資格の種類が多くて、どれを受けていいのか迷うのが、医療事務の資格です。無資格でも未経験でもできる仕事と言われますが、同じ未経験でも資格があるなしでは採用する側の印象も違ってきますし、いざ仕事をする上でも慣れるスピードや処理能力も違ってきます。

医療事務の資格には、受験資格のいらない、誰でも受けられるものと、一定の受験資格がいる、上位資格と呼ばれるものがあります。より専門性を高めるためにも、まず受けるべきなのが受験資格のいらない試験です。

上位資格には、そういった資格を持っていなければ受けられないもの、一定期間の実務経験が必要なもの、指定の学校に通い、必修科目を履修しなくてはならないものがあります。中には、受験資格のないものもありますが、受験者のほとんどが、スキルアップのために受けるため、長年の実務経験者や基本的な資格習得者です。

その基本的な資格にも、難易度があり、国家認定の資格になると、合格率が30%と、簡単に取れるものではなくなっています。出題範囲も広く、ちょっと勉強しただけでは太刀打ちできません。しかし、それだけ信頼のある資格だとも言えます。

また、一般病院で働くか、歯科で働くか、調剤薬局で働くかによっても、試験内容や資格が違ってきます。出題範囲も異なってくるので、的を絞った勉強をしないと、余計なことまで勉強をした、あるいは、全く勉強をしていなかったということもありうるので、注意が必要です。

今後どういった方向に行きたいか、とりあえず医療事務に就ければいいのか、それによっても目指す資格は違ってきます。資格はたくさんあった方が良いとは言いますが、同じような資格を手当たり次第に受けてもお金と時間の無駄です。

このエントリーをはてなブックマークに追加