医療事務の職場について

知識と経験があれば、メディカルクラークの職場はどこにでもある!

病院であれば、必ずと言って良いほど必要とされるのは、医師と看護師、そして医療事務です。極めて小規模な診療所など、医師一人、看護師一人で受付業務をカバーできるならば、医療事務を雇う必要も余裕もないでしょう。しかし、それでは医師や看護師の負担が相当なものになってしまいます。受付やレセプトを医療事務員がすることで、医師や看護師が診療に専念できる環境が整うのです。

医療事務の募集は、いつでもどこでもしていると言っても過言ではありません。未経験でも無資格でもできるため、競争率も高くなっています。しかし、実際に採用されやすいのは、実務経験があり、かつ資格を持っている人でしょう。逆に言えば、そういう人はどこにいても職にあぶれないということです。

通信教育講座などの普及で、医療事務の資格は誰もが頑張れば取れるものになっています。その反面、未経験の資格保有者が増えすぎているという事態になりつつあります。全ての職場がそうではありませんが、即戦力を求める余り、人材を育てる余裕がない病院が多いのです。

ですが、育った人材は、より条件が良いところや、スキルアップのために転職していくことがあります。そのため、未経験の資格保有者でも歓迎する募集があり、なんとか上手く回っているのです。人間関係に悩む前に、他の病院へさっさと職場変えをしやすいのも経験者ですね。

また、調剤薬局や歯科でも働けます。医科と歯科、調剤薬局事務は取得する資格が違いますが、基本のレセプトはほぼ同じですし、どの医療事務も未経験で大丈夫なので、幅広い範囲を学んだ医科の医療事務資格者、実務経験者が採用されやすくなっています。

知識と経験さえあれば、どこでも働けるなんて、ちょっとカッコイイですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加