医療事務の職業訓練について

ハローワークで情報収集 医療事務の職業訓練を受けよう

不景気の影響で収入がぐんと減ったり、リストラにあったり、自分の希望通りの仕事に就くことができる人はほんの一握りです、。会社を首になっても次の就職先が見つからず、ハローワークや就職情報誌で仕事探しにあけくれる毎日を過ごしている人も少なくありません。そんなときは少し気分を変えて、職業訓練などを受けてみてはどうでしょうか。ハローワークでは求職中に職業訓練を受けることで訓練中は支援給付金を受給することができます。選ぶことのできる職業訓練は限られていますが、その中で女性に人気が高いのが医療事務です。

職業訓練で医療事務を学ぶ場合、学費は無料となり、テキスト代のみ実費となります。ただ職業訓練は面接があり、志望動機や今後の目標などいくつかの基本的な質問をされます。受講期間は約3か月程度で終了時には医療事務の資格試験を受けます。ほとんどの人が合格できるようですが、その分スケジュールは過密で学習が大変だという話を耳にします。受講生の中には給付金の延長などが目的で通う人もいるようですが、生半可な気持ちだと資格取得は難しいようです。受講生の多くが講座終了後の就職先について心配していますが、誰もが必ず希望通りの就職先を見つけられるとは言い難いようです。

修了生の話を聞いてみますと医療事務は実務経験が必要となる場合もあり、資格を持っていても未経験者ですと最初は低い賃金でしか求人はないそうです。しかし、経験を積んでいくうちに時給はアップしますし、さらに資格を増やしたりしてキャリアアップしていくことは可能です。ある修了生は経験は乏しいけれどやる気はありますという熱意を示し採用されたという体験談を話してくれました。実務経験も大事ですが、周囲の人とうまくやっていく協調性や患者に対するホスピタリティなどが認められれば希望の職場を探すのも難しくないはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加