医療事務の種類

ご存じですか?医療事務の資格には、種類がたくさんあることを

一口に医療事務と言っても、その資格には多くの種類があります。大きく分けて医科と歯科の医療事務資格があり、資格認定団体などが独自に設定している資格は30種類以上にも及びます。

いざ医療事務の資格を取ろうと思っても、どの資格を取っていいのか分からない、と迷う人も出てくるでしょう。医療秘書など受験資格に一定の実務経験が必要であったり、専門学校に通う必要のあるものもありますが、一般的な医療事務の資格であれば、誰でも受験ができます。ここでは、受験資格が問われないものをご紹介していきます。

日本医療保険事務協会が実施している、「診療報酬請求事務能力認定試験」と日本医療教育財団の「医療事務技能審査認定試験」が有名です。この2つは厚生労働省が認定する国家認定資格(国家資格ではありません)ですので、資格自体の信頼も高くなります。その代わり、試験内容も難しく、簡単に取れるものではありません。

その他は、技能認定振興協会(JSMA)の「医療事務管理士技能認定」、日本医療事務協会の「保険請求事務技能検定試験」、医療秘書教育全国協議会の「医療秘書技能検定試験」「医事コンピュータ技能検定試験」「福祉事務管理技能検定試験」「電子カルテ実技検定試験」、調剤薬局の医療事務資格などがあります。これ以外にも実施している試験がありますが、通信教育を受講するものが多く、独学では自信がないという人は、そちらの方が資格を取得しやすいでしょう。

どの資格が良いとは一概には言えませんが、資格があると、基礎的な知識を持っているというアピールになります。就職した後にも仕事がしやすいでしょう。受験のチャンスはいつでも、何度もありますので、チャレンジしてみて損はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加