メディカルクラークの就職率

本当に有利なのか…メディカルクラークの就職率は?

医療事務の資格は、確かに持っていれば有利な資格です。しかしその反面、就職の時に実務経験を問われ、結局採用されなかった、という声をよく耳にします。せっかく苦労して取った資格なのに、悔しくなりますよね。

これは、資格取得が比較的簡単なため、資格保持者と求人が釣り合っていないことが一因として上げられます。また、求人側は即戦力として、実務経験者を欲しがる傾向にあり、資格があっても未経験だと、就職が難しくなります。

資格なしでもできる医療事務なのに、実務経験がないと採用されないなんて、なんだか矛盾していますし、これでは就職の間口が狭くなり、人材が育ちません。そのため、未経験者は、大病院や人気のある病院など忙しい病院より、比較的余裕のある個人病院の方が採用されやすいと言えます。

しかし、職業訓練の講座や専門学校に通って資格を取る人は、この限りではありません。どちらも就職率上げるため、学校側が就職口を紹介、斡旋してくれます。自分で手当たり次第に就職活動をするより、効率的ではあります。

専門学校の強みは、その就職率の高さにあります。就職率が高ければ、入学希望者も増えるので、学校側は生徒の就職をバックアップしてくれるのです。

もう既に自力で資格を取った人も、心配はありません。医療事務専門の就職斡旋企業もありますし、人材派遣会社に登録しておけば、例え短期間の派遣でも実務経験を積めます。派遣先で能力を発揮すれば、直接雇用になるチャンスもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加