医療事務へ転職するときのポイント

こんな動機で転職する?医療事務へ転職するきっかけと失敗する理由

転職するポイントはどこにあるでしょうか。同じ職場に何年も務めているとマンネリ化してしまったり、給料が少ないまま時だけが過ぎていったりと理由は様々です。医療関係の仕事も病院によって環境が厳しくなるところがあります。しかしながら、理由は様々でしょう。例えば、「今の仕事は自分がやりたい仕事ではない 」、「人間関係が嫌だ」、「将来的に今の職場だと不安がある 」などあるかと思います。しかし、共通することが一つあります。それは「現状を変える」ということです。

医療事務に転職したいと考えている人はどのような人なのでしょうか。転職する転機として生まれるきっかけで一番多いのが、医療にかかわる仕事に就きたいということです。患者のために働いてみたいが、自分自身転職するにあたって専門的な資格が持てないので、この業務にしようと決める方が多いようです。次に多いのが、自分のライフスタイルに合わせて働きたいという方です。とりわけ女性は人生の転機となる場面が、仕事に就いてから多いです。例えば結婚や出産、育児といったものが該当します。医療関係で仕事をしたいという方には、これらの悩みに対応しやすいのが医療事務という職業なのです。そして、最近多くなってきた「自分の力で生きる」ために、資格を取るために転職をするパターンです。資格を取っていれば「イザ」という時に、仕事探しの幅が広がります。

しかし、衝動的に転職を考えるのはいかがなものでしょうか。転職することを決めた際に一度立ち止まって考えてみてください。動機が「やりたい仕事ではない」という方は、本当にしたい仕事とは何なのでしょうか。医療関係で長年務めた方はとりわけ考えないといけません。勤務する診療科によって、作業内容も異なりますが、小児科以外では患者が成人以上の方が多いのではないでしょうか。そうなると、コミュニケーションを取りながら、アドバイスをもらいつつ考え直してみてもいいかと思います。また、「人間関係が嫌だ」とか、「給料が少ない」と言っている方は、どの職場でもあり得る問題です。人間関係は必ず良好なまま続くものではないと考えてしまった方がいいかもしれませんし、見合った給料がもらえるとは限らないという、不況の世の中を知らされているのです。そして、「将来的に今の職場だと不安」という方は、不安な部分をもう少し具現化して本当に転職すべきか決めましょう。

目的なく衝動的に退職を志願し、転職活動を進めるのは、ハッキリ言ってリスクしかありません。目的を明確にして転職活動を行いましょう。対峙する面接官などの採用者はその点をしっかりと見抜いてきます。厳しいことになると覚悟の上で転職活動を行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加