医療事務の通学講座

医療事務を学ぶならやっぱり通学講座 そのメリットとデメリット

なにか資格を持っていたら就職に有利かもしれない、そう考えて資格取得を目指す人が多く、中でも医療事務は人気です。とくに女性にとっては結婚や出産で職場を離れても再就職しやすいという点や全国に医療機関があり求人数も多いということから取得したい資格ナンバーワンです。またこれからの高齢化社会を予想して、ニーズも増えていくことは確実です。患者への対応などホスピタリティにあふれた仕事ですので、女性向けといえます。

医療事務を学ぶには通学、通信、独学などの方法がありますが、やはり一番おすすめしたいのは通学講座です。インターネットで検索すると医療事務の通学講座は数えきれないほどあります。そのなかでもニック(現ソラスト)やニチイなどは最大手で長年培ってきた学習のノウハウやベテラン講師、一人ひとりに合ったカリキュラムなどレベルの高い講座を提供しています。医療事務といっても取得する資格や試験は様々なので、多くの学校がそれぞれの試験に備えたコースを用意しています。

たとえばニックでは開講日も受講期間も様々で忙しい人も無理せず通えます。またクラスも少人数制で受講生一人ひとりにわかりやすく授業を行っています。医療事務のコースですが、基本的な知識を身につける基礎コースをはじめ、ロールプレイングやケーススタディを取り入れより実践的な授業を行う医科実践コンピュータコースがあります。よくばりコースではDVDを使用して、自宅でもより深く学習できる内容になっています。以上は医科コースですが、そのほかにも歯科コースがあります。

受講生をよりサポートするために同じ授業を何度も受講することができたり、授業を振替たりできる制度もあります。授業外でもFAXやeメールで講師に質問したり、途中でコース変更ができるなど、受講生にとってよりよい学習環境が整えられています。そして大手通学講座の一番の強みは講座終了後の就職サポートでしょうか。独自に運営する就職サイトの求人や提携する医療機関への派遣など、就職相談は模擬面接など至れり尽くせりのサポート内容となっています。そのため受講生も安心して学習に専念することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加