医療事務への就職・転職について

記事一覧

医療事務掲示板にずらり並ぶ「もう限界」の文字、そんなにきついの?

あなたは知っていますか?医療事務の方が集う、掲示板。そんなものが世の中には存在するということに。愚痴を他人に聞いて欲しい。匿名だから安心出来る。誰にも言えない。実家を離れているものだから、家に帰っても一人ぼっち。誰にも聞いて貰えないから、今聞いて欲しい。そんな愚痴のはきだめがこの掲示板なのでしょう。

実はその掲示板、別に書き込みの際に必要なIDなどはありません。つまりはSNS制ではないということ。ということで、一般のそうした医療事務の方でなくても書き込みができてしまうのですね。そのため閲覧は誰でも可能。そうしたことから掲示板の噂話を閲覧しようと開いてみたのですが……恐ろしいことに「もう限界」の文字ばかりが躍っていたのです。

入社して一年経っていないけれど退職したい。退職理由は沢山あります。人間関係も酷いし、仕事内容もおかしいお給料だってもう耐えられないほどの値段。無理です、だって休みも貰えない!そんな書き込みが並ぶのです。最早読んだ瞬間絶句ですよね。

医療関係者の方は、毎日死と言うものを見慣れてしまっているからか、生きている人間に対してあまりにも粗雑な扱いに慣れていくのだそうです。そんな話しは確かに聞いたことがありましたが、それにしたってあまりにも酷い。病院スタッフからの暴言暴力は勿論、見て見ぬふりをする方がたは皆さんこれまた勿論笑み崩れてニヤニヤとしているだけ。助けようともせずに生贄の如く眺めているのだそうです。なんとも不気味な職場です。

他にも働く人間にとって良い会社、社会ではないと思うとすっぱりと切り捨てるような発言まであり、眩暈すら覚えるほどです。恐ろしいですね。イジメの横行、そして人の感覚とはかけ離れていく精神。それを皆許容していくというのも怖いものです。

けれど決して医療事務がそんな職場のみというわけでもありません。そうした異様な空間である職場を辞めて、新しい職場で人間らしい生活を手に入れた人もいます。ですからそうした医療機関はすっぱり辞めて、経験だけ積ませていただいてさっさとトンズラしましょうと言うことの様子。なるほどそれこそが最善の策なのでしょうね。

資格を取った後はどう?口コミ・感想、医療事務はやっぱり厳しい?

医療事務の資格を取るべく、日々頑張っているあなたが知りたい、資格取得後の話し。実際のところ、どうなのでしょうか?今回は現実と理想と、摺りあっていたかどうか、こちらを調べてみました。

こちらは医療事務資格取得後の、元受講生の口コミと言った形でアンケートを取らせていただいた結果になります。実際に皆さん一様に口を揃えて「人気のある資格である」とおっしゃっていましたね。医療関係者なのに薬の名前を覚えたりする必要はなく、テキスト片手にでも仕事は出来なくはないのも良いということで、精神的にそこまで厳しい職場というイメージはないそうです。

レセプトもどこもほとんど同じで特にここだけ特殊といったものもなく、そうした観点から就職に対する不安もない。更には短期間で取得も可能なため、人気なのではないか?とも。ただし年齢でひっかかってしまい、採用は難しかったから評価は厳しくされている人が多いのが印象に残りました。

就職が可也厳しくそこまでで多大な苦労をされた方が多いため、辛口評価が多いです。若ければ採用は出来るだろうけれど、主婦に人気の資格だけあって、就職の段階に行くまでに気がつけばいいけれど、就職になってから気づくと悲惨そうです。

下手をするとコマーシャルで楽なのか!と安易にお金を払って受講をするけれど、就職はからきし駄目で結局無駄なお金になっちゃったと泣く人まで居る始末。これはかなり悔しいですね。なんだか騙された!というコメントばかりでこれから先の受講は良く考えてから行うべきかもしれませんね。就職口が親戚の医療機関で、などと、決まっているなら話しは別ですけれど。
(⇒資格取得が簡単イメージで人気はうそ?

医療事務の求人はどこで探せばいい?転職サイトじゃ見つからない理由

皆さん転職を考える際、どこでどのように就職口を探しますか?やっぱり求人が出ているところを探すには、求人情報誌などですよね?最近ではインターネットで情報が統一化されていて、求人情報も転職サイトにまとめられてぐっと見つけやすくなっています。ですが不思議なことに、医療事務に転職したいと考えているのだけれど、転職サイトには見つからないんだけど……という質問が届きました。転職サイトでは、医療関係を取り扱っていない、ということなのでしょうか?

まず転職サイトでは見つからないこの医療事務の求人ですが、なぜなのでしょうか?答えは簡単、ここに出す前に即座に応募が埋まってしまうか、または別口で応募があり、採用が決まってしまうかの二択でしょう。即座に応募が決まるのは、ハローワークなどの求人を出して、即座に応募がきてしまうのです。元から医療事務は供給過多であり、需要よりも人が多いため、なかなか皆さん医療事務の職にありつけずと言うこともあり、血眼になって就職口を探しているんです。ですから即座に応募は埋まる。そのため転職サイトには情報が回ってこないんでしょうね。

そして別口で応募というのは、病院側に直接「今募集していませんか?」と面接の問合せをする方がいらっしゃるということです。これで飛び込みの面接予約を入れて、採用決定。こんな人も中にはいるわけです。あとはコネなどで採用される方もいますが、基本的にはこの二つで採用されているようです。

ですからあなたが転職サイトで見つからないと言っているのはまだまだ探し方が甘いということですね。医療事務に就職したいと思うのであれば、他の方を押しのけてでもという意気込みが無ければ恐らくは採用されませんよ。頑張ってみましょう。
(⇒就職率が知りたい!医療事務はどれくらい採用される?
(⇒医療事務って女性の実の仕事ではないの?男性にも就職出来る?
(⇒就職難易度が知りたい!高いって本当?

医療事務面接内容、一般常識、作文、でもその後の適性検査ってなに?

医療事務の就職で一番難儀するのが面接です。そして履歴書もそうでしょう。就職難が叫ばれる医療事務ですが、そもそも履歴書を読まれることなく終わっていると言う場合も多くあります。それはなくしたいのできちんと履歴書は埋めて送付するものですが、それでもなかなか面接の機会は巡ってこない。

必死になって履歴書を書いて面接の機会が出来ました!となっても、面接が上手くいかなければ元も子もありません。さあ、あなたは面接をどのようにして乗り切りますか?そもそも、医療事務の面接とはどのようなものでしょうか?

医療事務の面接で一般常識と作文、そして適性検査というものがあると履歴書を読んだ医療機関から手紙が届いたそうです。ですが面接だけだと思っていた方は驚いたそうです。だって一般常識問題ってことですか?それに作文ってなんですか?適性検査って、車の免許の時以来ですね?なんて、驚きの連続過ぎてどうしたらいいか分かりません。何をするんでしょうか?

そもそも医療事務は看護師でもないため、医療的なことを求められはしません。ですからあくまでも一般常識問題は、本当に一般常識をはかるために行う試験。そして作文というのは何かお題を与えられての作業となるでしょう。ですから作文を書くのに必要なテキストを買って、その面接日まで予習するというのが良いでしょう。

そして適性検査ですが、これはあなたの性格判断を行います。余程滅多な事をやらないかぎり、特に問題なくこちらはパス出来るはず。何故なら一般常識には正解が用意されているものですが、適性検査にも作文にも、ある種答えは用意されていませんので、正解というものが存在しません。ですからあなたが答えを書くならば、自分ならどうするか、など、普通に答えを書き込むだけでいいのです。ただそれだけであなたの性格を判断し、相手はこれに合否をつけるのですから。

そして、逆に飾り立てて良い方向へと適性検査の答えを書こうとしてしまうのも良くないでしょう。何故なら適性検査というものは正直で、誤魔化したら誤魔化したなりの性格にしかならないのです。ですから普段通りを心がけた方が、むしろいい結果になりますよ。
(⇒志望動機を書いてうかる!
(⇒医療事務に向いている性格?そんなのがあるの?

新卒採用決定!医療事務として出勤初日、気をつけるべきことはある?

学生で資格を取得、新卒採用で、物凄く嬉しいことに総合病院で働けることになりました!そのような学生さんから問合せをいただきました。おめでとうございます。問合せの内容は「医療事務として四月から初出勤です。気をつけなければならないこと、初出勤の時、どのような感じで行けば、良い印象を持っていただけるでしょうか?」期待よりも今は不安いっぱいのようで、失敗したらと頭を悩ませているようでした。なるほど、確かに総合病院で初出勤ともなれば、気をつけなければならないと身構える気持ちは分かります。では、どのような形、態度などで行けば、好印象を与えられるのでしょうか?

これはどこの病院であろうとも、どこの職場であろうとも同じですが、新人の心得として職場の一人一人にきちんとした挨拶をしてみてはいかがでしょうか?自己紹介はまず、新卒採用の方全員がされることでしょうが、そこで挨拶は確かにするでしょう。ですが一人一人に対し、配属先で挨拶を更にすること。無愛想は敵をつくりかねません。元から職場そのものが医療事務であれば、女性が多いはず。女性はそういった細かなところに敏感ですから、挨拶こそ、丁寧に、これを心がけましょう。

新人なのですから、教えられたことは丁寧かつ、メモを取って確実に仕事をこなせるように、これを守る様にして仕事をするよう心がけましょうね。早くしなければ!追いつかなければ!焦る気持ちは分かりますが、仕事が間違えることで厄介な事態になりかねない、そんな医療関係の職種ということもあるのですから、ゆっくりでも着実な処理を心がけましょう。正確性こそが鍵です。

そしてメモは分からないことを直ぐに質問し、その場で取れるように、ということですね。聞いていない!と思ったら質問。そして何度も同じ質問を繰り返さずに済むように、メモ。これが出来ない新人は嫌われるではなく、仕事を回して貰えなくなっていきます。それは辛いですし、大変なことです。教える側としても、メモを取ってくれていると分かると印象がぐっと良くなります。

そして最後に、あなたはこれから医療関係者になるということを良く頭に入れておきましょう。相手は数字ではなく、人です。患者です。誠実な対応をすることこそが、あなたの仕事を支えていくことを、他の仕事よりも強く理解しておいてください。
(⇒医療事務の仕事内容って過酷!?

働きたいのに受からない!医療事務にどうやったら受かるのか教えて!

医療事務として働きたいのになぜか受からない!そうした悲鳴は日本中から聞こえてきますね。どうやったら医療事務として働けるのだろうか?そのように皆さんが疑問を抱くのも無理はありません。実際に酷く医療事務で働くということは難しいのは事実ですから。でも、医療事務講座より就職あっせんをうたっているところですら、ない。というのはどう考えても異常ですね。なぜなのでしょうか?

原因は医療事務講座の就職あっせんが約束されていたとしても、その就職口がある地方でなければ就職は約束されていないということにあるでしょう。当たり前かもしれませんが、医療事務は病院以外の勤め先はありませんよね?ですが田舎にいけばいくほどに、病院は少ないです。ということはそれに比例して田舎であればあるほどに、講座の紹介出来る就職口というものもまた、少ないのです。ではどうしたら働けるのでしょうか?

医療事務は経験があること前提で求人をかけることが多いのは元より良く知られていることですよね。医療事務の求人は、派遣会社などを通してコストダウンを仕掛ける様に、病院側もコストのかからないように削れる部分として医療事務を考え、見ています。ですから元から使えなければ取らない。そして育てている余裕もない。お金をかけたくありませんから当然でしょう。そのため経験者以外取れるという余裕は一切ないのです。ですから求人をかけて取るのは経験者のみ。派遣会社としていくのであれば、アルバイトから、パートから、それくらいのレベルの求人でいいから、医療事務として働きたいと願うレベルでないと、最初は仕事も取れないでしょう。

誰でも講座で取得出来る資格だからこそ、今現在飽和状態なのです。そもそも講座にくっついている就職あっせんというのは、あっせんではなく、講座にくっついている登録先の病院に、空きが出来た。よし一人入れられるよという、空きが無ければ働けないと言う、登録型の派遣先。今現在空きがあるとすれば夜間勤務のみかもしれません。それでもいい、それくらいからで構わないと、なりふり構わないくらいでいけば、もしかしたら受かるかもしれませんが、基本的に普通の派遣会社では恐らく無理でしょうし、更に言えば田舎の医療機関では、それこそ空きが出来るのを待つのはあまり有意義は言えませんよ。

医療事務と一般事務で悩み中、実はきついという噂はどこまで本当?

契約社員で働いていた女性がおりました。この方、次の職は一般事務か医療事務かで迷っているとのこと。医療事務は通信で資格を取得したので生かせればいいなと思ってはいるのですが、いまいち踏ん切りがつかないようです。何故でしょうか?「一般事務ではなく、医療事務に興味はあるんです。ですが……」言葉を濁した上でぽつりと呟くように言われた言葉、それは「きついって噂、本当なんですかね?ちょっと怖くて」確かにそれは、聞いてから決めたいですよね。では、実際はどうなのでしょうか?噂の検証、してみましょう。

噂の一つとして、拘束時間が長いというのはどうなのでしょうか?実際に医療の現場に尋ねてみたところ、確かにそれはあると言います。何故だろうかと思い更に詳しく尋ねてみたところ、返ってきた答えはこちら。昼休みが長いので、拘束時間が自然と長くなるんです。確かに病院の午前と午後の間は長いですよね。その間は昼休みになっているわけですか。そしてレセプト期間は更に拘束時間が増えるため、ちょっと拘束時間が長いのはちょっときつい、と感じる方は辛いかもしれませんね。

体力を使う仕事はそこまでないとはいえ、カルテにレントゲンを挟み診察室から診察室へと渡り歩くのは医療事務の仕事です。存外紙は束になると重いので辛い、ということもあるようです。大きい病院ではカルテが自動輸送で機械で運ばれてそんなことはないようですが、全てが全てそうなっているわけではないため、機械化されていない場所は人力なので疲れてしまうようです。

給料が安く、時間の割にということはあるので、それがまさに噂の真相なのではないでしょうか?ですが給料よりももっと大切な医療事務になりたい何かをあなたがお持ちであるならば、医療事務はきっとあなたに道を示してくれるはずですよ。
(⇒あなたは医療事務に向いているかも
(⇒志望動機はこう書くと受かる!

ハロワの医療事務講座は無料で嬉しい!…は、実は違うって知ってた?

ハローワークの医療事務講座を知っていますか?就職活動支援の一環で開かれている講座なのですが、こちら、無料であるため大変な人気となっております。医療事務の講座を自腹で受けるなら、実際には10万近くのお金がかかってしまうこともあり、無料なのが大変嬉しいと評判なのです。ですがこれ無料だから受けたいと願うのも分かりますが、そんな考え方だと痛い目を見るかもしれません。

ハローワークで受けられるものは二つあり、一つは求職者支援制度、こちらは基金訓練であり、雇用保険に入っていない社会人向けのものです。そして離職中の社会人に向けたものというものがあるのですが、こちらが公共職業訓練と言われ、ほとんどの場合がこちらで皆さん受けることになるかと思います。どちらもハローワークの窓口で申し込みが可能ですが、競争率は凄まじいものがあります。

公共職業訓練の場合、皆さん離職中ということもあり、職業訓練を受けたいと願う方ばかりなので資格は欲しい。そのため、求職者支援制度と違い、こちらの倍率は可也高い。10名の枠に対しその数倍などがざらです。そして求職者支援制度も同じく、倍率は高いので、タダだからなんて気持ちでいると受かりません。

なお、選考場所へはスーツで行かれることをおすすめします。なぜなら、私服の方、スーツで選考面接へいらしたかたと居た場合、スーツを選ぶと面接官は言うのです。ですからスーツを着てきましょう。あなたの資格をとってやるぞ!という本気具合が分かるそうです。そして選考場所で面接場へ向かう際、面接官はどこに潜んでいるかわかりません。「受講生はこちらですよ」と、案内をしてくれた気の良さそうな方が実は……なんてこともよくあるパターンです。

選考で選び、この方は本当に資格を必要で取りに来ているのか、それともただ資格が取りたくてだけなのか……などなど、可也厳しく見極めようとしてきます。ですからタダだからという気持ちでいるならそれは見透かされてしまって赤っ恥、なんてことになるかも?
(⇒選考試験に受かるには……?

履歴書ってどう書いた?医療事務面接申込前に知らないと損をする!

あなたはこの病院の面接に申し込むぞ!と決めた時、履歴書をどのように書いていますか?面接時に役立つ医療事務の履歴書の書き方、そして面接のポイントを解説したいと思います。

履歴書ですが、医療事務となると書類に毎日の様に向き合う職業ですから、必ずこの履歴書は重要視されてくるはずです。ここはきっちり書きましょう。写真は服装はスーツがベスト。にかっと笑っている様な歯の見えるような笑みは少々やりすぎですので、口の端を持ちあげる程度の笑顔。けれど綺麗な笑顔で写れるようにしましょうね。ポイントは顎を少し引くことですが、引き過ぎてはただ睨んでいるように見えるので要注意。

日付は郵送であれば投函した日を記入。持ち込みであれば持ち込んだ日で書きこむこと。住所は1-12-123などではなく、きちんと1丁目からきちんと書き込むこと。手を抜いていると思われますし、印象も良くありません。

学歴、職歴と、頭に書き込んでから書いていくこと。そして資格は正式な年月、そして名称を書き込みましょう。医療事務の資格は特に重要視されるのがこれ、診療報酬請求事務能力認定試験。この資格こそが医療事務の資格で最高峰と言われている(現在はですが)ものですので、こちらがあるならば一番頭に記入すると良いでしょう。

趣味や志望動機欄ですが、趣味は面接官が人間性や性格などを判断する材料とするそうですので、きちんと書き込むこと。アピールにも繋がるので好意的にとられるものがあれば、書き込むと良いと思います。昔からずっと続けているものや、印象に残るようなものが一番いいですが、医療事務で使えるもの、生かせるものなどもあれば書き込むとグッド。これを続けているので体力に自信があります!などですね。

面接時に必ず聞かれるのが志望動機。こちら面接に使う履歴書でもありますが、きちんと書き込み、そして答えることが出来れば評価点がぐっと上がりますよ。なぜ、あなたが医療事務を目指しているのか。熱い気持ちを書き込むこと。ハートが伝われば必ず面接官の心も動くはずです。頑張りましょう。
(⇒面接時の受け答えはどうすればいい?
(⇒志望動機の書き方はこうだ!

英語で医療事務は何て言うの?英語圏で医療事務がしたいんです!

英語圏で仕事がしたいと漠然と考えていたのは、実は医療事務の専門学校で働くようになってからのこと。日本じゃないところで働いてみたいなと考えた理由は、むこうの友人が出来たため。最近ではインターネットによってそうした人は増えているようですね。チャットによって知りあった友人から聞いた海外の話しがすごく素晴らしく、海外で働いてみたいなんて人の話し、良くききます。そうした時、本当にあなたはその世界に飛び込んでみるでしょうか?それともその前に思いとどまるのでしょうか?

医療事務のことを英語圏では医療保険の手続きなどを処理する職種ということで、Medical Coding Specialist。もしくは会計や受付を担当するのであればMedical Assistantと言います。前者は医療保険の書類がコード処理されるためであり、風邪がナンバーいくつであれば……などなど、コード処理をするためそうした名がついているようです。

因みにコード処理をする方がアメリカでは患者の予約手続きなども行うので、会計受付などを行う方とはまた別の職であると考えたほうがいいようですね。因みにアメリカの場合、看護師は資格を持っている方で、准看護士となるとその方のヘルプとなるようです。脈をはかり血圧を調べたりなどなど。

なおアメリカでは医療事務は更に細分化されており、カルテのみを主体に仕事をする方もいるようです。こちらはMedical Transcriptionistと呼ばれています。
(⇒英語は必須科目?
(⇒英語で食べている、そんな私に引き抜きの話し?
(⇒アメリカにも医療事務はある!
(⇒アメリカの医療制度とは?

1 2 3 >