医療事務で働くための格好について

髪の毛はまっ黒じゃなきゃNG?医療事務は清楚清潔が基本?それ本当?

医療事務の資格を取得し、専門学校卒のまま、新卒で大学病院に見事入社決定。やった、受かった!と言う方、おめでとうございます。そうした新卒の方から問合せいただきました。「どんな格好で働くのか、病院にしょっちゅう行く方ではないため、いまいち感じがつかめません」とのこと。では実際に医療事務の方はどういった服装や頭髪、そして化粧などなど、しているのでしょうか?早急に医療事務の方にアンケートを取ってみました。テーマはどんな服装や頭髪がNGなの?です。
(⇒出勤初日、気をつけるべき事が知りたい!

ある方は、「女性の職場なので、目立ち過ぎるのはまずいと思い、最初のころは黒髪、ひっつめ、薄化粧で、所謂目立たないどこでもいそうな格好で行きました」とのこと。確かに最初は女性だらけの職場ですから、浮いたら何を言われるか分かりませんよね。イジメに発展しないとも限らないので、ここが大切でしょう。是非これは見習うべきでしょう。

別の方からは「マニキュアくらいならいいとも思うけれど、派手なつけ爪してるだけで、患者さんから罵声を浴びせられることもあるから、透明なマニキュア。それか健康なサーモンピンクみたいな色がベスト」とのアドバイスも。確かにそうですね、医療事務の受付の方が、ド派手な黒や赤の爪をしていたら何事?と思います。お歳をめした方でしたら、怒鳴って注意をしてくる可能性も高いでしょう。確かにこれは気をつけるべきと言えます。

他には茶髪でパーマと言う方もおり、これはNGなのでは?とも思いましたが、これはただそのまま下ろした髪のままだと目立つので、ちょっとした細工が必要なのだとのこと。細工?と思いますよね?実は飾りがシンプルな髪留めを用意して、これで髪を一つに纏める、本当にただそれだけで反感が減るのだと言います。

病院で働くというのは、可也シビアな部分が多いでしょう。上下関係がきつく、医療事務はその一番下のヒエラルキーと考えるべきです。そこにきて更に医療事務の中でも新人は反感を買いやすいと覚えておきましょう。ですから、派手な恰好は最初だけでも避けて、職場の雰囲気により派手過ぎないものを選ぶこと。そしてどういったものならばつけていいものなのか、そしてこれならば問題はないといったもののみを使うこと。先輩に探りを入れるべき!なんて極端な話しまであるくらいですので、少しずつ馴染ませるくらいがベストですよ。

あくまでも医療従事者というものは、患者さんがメインなのです。それを忘れずに頑張ってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加