医療事務の初出勤で気になること

新卒採用決定!医療事務として出勤初日、気をつけるべきことはある?

学生で資格を取得、新卒採用で、物凄く嬉しいことに総合病院で働けることになりました!そのような学生さんから問合せをいただきました。おめでとうございます。問合せの内容は「医療事務として四月から初出勤です。気をつけなければならないこと、初出勤の時、どのような感じで行けば、良い印象を持っていただけるでしょうか?」期待よりも今は不安いっぱいのようで、失敗したらと頭を悩ませているようでした。なるほど、確かに総合病院で初出勤ともなれば、気をつけなければならないと身構える気持ちは分かります。では、どのような形、態度などで行けば、好印象を与えられるのでしょうか?

これはどこの病院であろうとも、どこの職場であろうとも同じですが、新人の心得として職場の一人一人にきちんとした挨拶をしてみてはいかがでしょうか?自己紹介はまず、新卒採用の方全員がされることでしょうが、そこで挨拶は確かにするでしょう。ですが一人一人に対し、配属先で挨拶を更にすること。無愛想は敵をつくりかねません。元から職場そのものが医療事務であれば、女性が多いはず。女性はそういった細かなところに敏感ですから、挨拶こそ、丁寧に、これを心がけましょう。

新人なのですから、教えられたことは丁寧かつ、メモを取って確実に仕事をこなせるように、これを守る様にして仕事をするよう心がけましょうね。早くしなければ!追いつかなければ!焦る気持ちは分かりますが、仕事が間違えることで厄介な事態になりかねない、そんな医療関係の職種ということもあるのですから、ゆっくりでも着実な処理を心がけましょう。正確性こそが鍵です。

そしてメモは分からないことを直ぐに質問し、その場で取れるように、ということですね。聞いていない!と思ったら質問。そして何度も同じ質問を繰り返さずに済むように、メモ。これが出来ない新人は嫌われるではなく、仕事を回して貰えなくなっていきます。それは辛いですし、大変なことです。教える側としても、メモを取ってくれていると分かると印象がぐっと良くなります。

そして最後に、あなたはこれから医療関係者になるということを良く頭に入れておきましょう。相手は数字ではなく、人です。患者です。誠実な対応をすることこそが、あなたの仕事を支えていくことを、他の仕事よりも強く理解しておいてください。
(⇒医療事務の仕事内容って過酷!?

このエントリーをはてなブックマークに追加