医療事務と介護事務の違い

医療事務と介護事務、どちらの方が求人は多い?需要と供給を知りたい

医療事務の資格は様々な種類がある。一つは一般的な医科の医療事務。これがあなたがもっとも多く関わると思われる医療事務の形態であると言えるだろう。何故なら病院の医療事務というものがこれにあたるからだ。病院――小さな町医者、総合病院、大学病院、などなど様々病院はあるが、そこの受付や会計を行っているのも医療事務と言われる職種にあたる人々がやっていることだ。

では、その資格が様々な種類があると言うが、その一つの形態である、介護事務の資格というものを知っているだろうか?これは、老人ホームなど、そういった機関で働く方の専門の医療事務職になるのだが、現在需要が高くなっているのがこれであるのは誰しも知っているはずだろう。介護職の需要の高さ、それは少子高齢化社会、それが背景にある。ならば当たり前に介護事務のほうが、一般的な医療事務よりも需要が高いだろうと思うものだが、果たして、実際はどうなのだろう?

どちらの資格も持っている、と言った方が就職の際学んだことだそうだが、実際はその逆「医療事務よりも介護事務のほうが、需要が全くない」ということだった。一体、何故なのだろうか?介護福祉士やヘルパー、彼らはこの介護職につくにあたり資格を取るわけなのだが、この時に実は介護事務の資格も取得してしまうのだという。そのため、医療事務や介護事務など、これ単品で勉強をすることはなく、資格も単品では持っていないということである。そう、元から介護の現場で活躍する方がたが持っているのがほとんど当たり前ということもあり、介護事務のみを取得してさあ、介護の道へ、というのは難しい世界なのである。

そのため需要の観点からいけば、医療事務であれば総合病院などでは十名から二十名は雇い入れが当たり前であり、介護事務と比べて需要は高くなるのです。介護事務を取るならば、まずは介護福祉士の資格などを取得しましょう。双方持っていることで就職は容易になりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加