医療事務の心得

医療事務心得のようなものはある?就職希望の人が凄~く知りたい事!

これだけは必ず覚えておいてちょうだい。そんな風に新卒入社した会社で言われたことはありませんか?バイトでもなんでもそうですが、忘れてはならないこと、ありますよね?ですから医療事務になりたいと望むあなたへ贈る、医療事務として心得ていなければならない、大切なこと。これを纏めてみました。これは実際に医療事務を現職で勤められている方などに伺ったものを参考にし、纏めたものになります。

まず覚えていただきたいのは、病院で医師よりも看護師よりも早く患者が接する相手が医療事務の受付であることを理解しましょう。ですからここで不快な思いを患者にさせてしまえば、医師の元へ行く前に、患者は踵を返して帰ってしまいます。こんな病院ではまともに見て貰えないに違いない!そう思わせてしまうのは何も医師が直接診てから感じることだけではないということですね。ただの接客業だと考えずに、相手が病気や怪我をして、病院で治して貰いたいと願ってやってきたことをよくよく頭に留めておきましょう。

患者と接することが一番多いのも医療事務であれば、最も長い時間を相対するのも医療事務でしょう。(入院などは省きますが)ですから医療事務こそが病院の顔であること、そして診療所の顔であることを理解し、行動する。間違っても流れ作業で「はい、さっさと退いてくださいね。はい、帰ってくださいね」なんて患者に対してしてはいけません。一人一人に対して労わる気持ちを忘れてはいけません。

患者、そして医師、看護師、全てをパートナーとして接せられるほどコミュニケーションを取れるか、それくらいに考えられなければ長く続かないでしょう。仕事は必死に覚えなければなりません。改定につぐ改定が次々行われ、それに常に追いつかねばならないからです。仕事を常に学ぼうとする意思を示せるか、そして意欲があるかそれにかかってくると言っても過言ではないでしょう。医療事務とはそれほど大変な職だと言うことです。

どの仕事でもそうですが、他者がいてこその自分であるということを、忘れないようにしましょう。あなたが何故、医療事務を志すようになったのか、これもまた、忘れないようしましょう。そうすればぶれずにやっていけるはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加