医療事務の資格動機はなにがいい

必勝!医療事務就職面接!志望動機をばっちり書いて必ず受かる!

就職活動中に必要なものと言えば履歴書ですよね。この履歴書、一般的な会社に申し込む際には履歴書の他に最近では送り状は必須なんだとか。送り状の書き方なんてものを検索ワードに入れると驚くほどの数が出て来て凄いものです。公務員ともなると面接に応募する前にサイト上で履歴書は専用のものを提示され、これに書き込み応募またはインターネット上で送付してくださいなどと書かれているものもありました。勿論志望動機書なるものもつけて送る様にとのことです。多種多様ということなのでしょうが、さてさて医療事務はどのように履歴書を書いて応募すれば受かるのでしょうか?

医療事務の面接で読まれる履歴書。この中でもっとも良いとされるのは経験――勿論医療事務としての経験を積んでいるかいないかが重要視されます。資格を持っているかよりも経験が重視なのが医療事務のもっとも辛いところです。だから親戚で医療従事者、それも個人開業医などがいると、そこの医療事務の手伝いから入り、資格を後から取得などして、医療事務の業界に入る。これがもっとも良い方法とされてきました。ですが全員が全員それは出来ません。ある意味裏技のようなものですからね。となると面接に受かる方法を考えねばなりません。

あなたにもしも医療事務の経験があったとします。なかったとしても、新卒で学校で医療事務を学んだと言う場合などは新卒何だからそれくらい多めに見てねと言えますからご安心を。そして全く新規で経験なし。資格を取ったから応募したと言う方で採用がないということもないので頑張りましょう。兎に角それら全ての人が受かる方法を考えてみなければなりません。

履歴書につける志望動機、これこそが肝心要ですよね。これ、あなたはどのように書きますか?経験者であるならば、患者の立場に立って誠心誠意頑張る、または今までの経験を通して役に立てるとのアピールもいいですね。未経験であるならば、医療事務に興味があるというのはNG。医療事務という仕事を知り、これは素晴らしい!これならば病気や怪我で困っている人の役に立てると思い立ち、興味を持ち応募しました。などなど。志望動機は気持ちをプラスして、自分の人柄を伝える様に書くと心証がよくなりますよ。履歴書の応募、張りきってやってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加