医療事務への就職・転職について

記事一覧

必勝!医療事務就職面接!志望動機をばっちり書いて必ず受かる!

就職活動中に必要なものと言えば履歴書ですよね。この履歴書、一般的な会社に申し込む際には履歴書の他に最近では送り状は必須なんだとか。送り状の書き方なんてものを検索ワードに入れると驚くほどの数が出て来て凄いものです。公務員ともなると面接に応募する前にサイト上で履歴書は専用のものを提示され、これに書き込み応募またはインターネット上で送付してくださいなどと書かれているものもありました。勿論志望動機書なるものもつけて送る様にとのことです。多種多様ということなのでしょうが、さてさて医療事務はどのように履歴書を書いて応募すれば受かるのでしょうか?

医療事務の面接で読まれる履歴書。この中でもっとも良いとされるのは経験――勿論医療事務としての経験を積んでいるかいないかが重要視されます。資格を持っているかよりも経験が重視なのが医療事務のもっとも辛いところです。だから親戚で医療従事者、それも個人開業医などがいると、そこの医療事務の手伝いから入り、資格を後から取得などして、医療事務の業界に入る。これがもっとも良い方法とされてきました。ですが全員が全員それは出来ません。ある意味裏技のようなものですからね。となると面接に受かる方法を考えねばなりません。

あなたにもしも医療事務の経験があったとします。なかったとしても、新卒で学校で医療事務を学んだと言う場合などは新卒何だからそれくらい多めに見てねと言えますからご安心を。そして全く新規で経験なし。資格を取ったから応募したと言う方で採用がないということもないので頑張りましょう。兎に角それら全ての人が受かる方法を考えてみなければなりません。

履歴書につける志望動機、これこそが肝心要ですよね。これ、あなたはどのように書きますか?経験者であるならば、患者の立場に立って誠心誠意頑張る、または今までの経験を通して役に立てるとのアピールもいいですね。未経験であるならば、医療事務に興味があるというのはNG。医療事務という仕事を知り、これは素晴らしい!これならば病気や怪我で困っている人の役に立てると思い立ち、興味を持ち応募しました。などなど。志望動機は気持ちをプラスして、自分の人柄を伝える様に書くと心証がよくなりますよ。履歴書の応募、張りきってやってみてくださいね。

医療事務専門学校から就職、でも何の為に資格を取ったか分からない?

医療事務の専門学校というものがありますが、そちらのほうから総合病院へ新卒と言った形で医療事務として就職出来た、そう言った方から伺った話しになります。総合病院へ勤め始めてどうでしょう?仕事内容が想像していたのと違ったり、そんなことはありましたか?考えていたよりも難しかったところ、そういったものはありましたか?などなど伺ってみたところ、苦笑していたのが印象に残りました。「はっきり言うと、学校で習ったことって、半分も使いませんよ?」一体、それはどういうことなのでしょうか?

専門学校では二年ほど学んだとのことでしたが、受付、そして医療事務の仕事をこなすのは当然としても、二年に一度の改定により、学んだことに更に更新内容が加わって職につかねば分からないことのほうが多いと言います。更には資格を取得するのにかかった年数が二年の専門学校出身のこの方に対して、別の科では受付の女性はパート、それも主婦で資格を持っていないそうです。必ずしも医療事務は資格を重視しないとはいえ、それでも何のための高い学費だったのか、疑問に思うこともしばしば。資格を取得するのに時間もかかりました。沢山の資格を得ました。でも、納得がいかないそうです。

レセプトも最近では病院そのものの機械化が進み、ほとんどが数字を入力すれば自動計算してくれてしまい、人間がやることなんてほとんどないということです。それでは、それこそ資格を取るのに大変な苦労をしたとしても、パートで済んでしまう理由のほうが分かろうというもの。学歴も資格も重視しない、そういう素敵な仕事場だということは知っていても、矢張り資格、そして即戦力になりたいと専門学校までいったのにと考えてしまえば辛いばかりでしょう。必ずしも専門学校で学ぶことこそが重要ではないということを良く理解し、後悔のしないようにしましょう。そしてその逆もしかりですよ。

仕事をしながら、家で通信教育で学ぶなどでは集中して学べない、続かないなどの理由で、専門学校できちんと集中して勉強すること、これを選ぶならば専門学校を考えましょう。確かに専門学校で高い学費を払って資格を取っても、通信教育で取ったパートさんと同じ職で給料もほとんど変わらず?なんてこともあって不服になることもあるでしょう。ですから、よくよく考え、自分にあった勉強法を選ぶこと。これは大変重要ですよ。後々後悔をしないよう、慎重に判断してくださいね。

医療事務の就職率ってどれくらい?再就職したいママの知りたい事!

医療事務の資格を取得したら、即座にお仕事が貰えるのでしょうか?よく、資格を取れる通信講座、というものがありますが、それに付随してくる「就職」というものがうたわれている講座があります。全ての通信講座がそういうものがついているわけではないため、その通信講座が特別なのでしょう。ですが必ず本当に就職が出来るのか、その就職率が気になる、というのは誰しもあるはず。

医療事務の資格を取得し、直ぐに働ける人、暫く経ってから働けたと言う人、時間に関わらず、なんとか就職が出来た――兎に角就職率はどうなっているのか、調べてみたところ、このような結果が分かりました。やっぱり若い方が就職しやすい?かと思ったら落ちついた年齢の方がいいとも言われている?どういうことなのでしょうか?

若い方が就職しやすい傾向にあるのは、他大企業と一緒です。ですが医療機関ということもあり、落ちついた年齢である方、更には受け答えも落ちついて出来る、こう言った着実なお仕事をしてくれる方を求められる傾向もある、ということです。何故ならば相手はお年寄りであったり、具合の悪い患者さんです。ただでさえ心身ともに疲れきっているところ、受診でさらにストレスがかかり、辛い。そこに落ちついた対応を求められるということでしょう。

ですが年齢や性別などより、最も必要とされるのは資格、そして経験です。未経験だと矢張り就職は厳しい様子。そう言われている理由としては、矢張り人気が高い職種であるというのがあるようで、採用枠が一つしかない、そんなこともザラなんだとか。そのため実務経験あり、などで枠を更に制限しなければ人が来すぎてしまうんだそうです。
(⇒資格取得は簡単でも、就職が厳しい?

そして医療事務は現在、経費削減のために正社員ではなく、派遣やパートで切り替えて使っているところも多いそうです。更に二年に一度の保険改定がありますので、保険点数見直しなど、勉強したことがこまめに修正されていく、そのようにきちんと理解していないと、後々大変なことになります。勉強を常にし続けなければならず、大変かもしれません。

就職難の地方自治体もあり、必ずしも就職にありつけるというわけではありません。それでも頑張ろうと思われるのであれば、はりきって資格取得に励んでみてはいかがでしょうか?

英語で食べてます、医療事務から引き抜きの話しがあり…受けるべき?

田舎に引っ越す前は大手企業でバリバリと事務として働いていたというAさん。実は旦那様の仕事先についていくことになり、一度これを退社することに。英語圏で働き始めた旦那様の帰りを、自宅で英文を日本語訳するという仕事をしながら待つ日々が続いたそうです。日本に帰って来てからも、その時のノウハウが生きていて、現在でも翻訳の仕事を時々貰って自宅で主婦業の傍らという生活だそうですが、そんな彼女の元に突然舞い込んだ話しがありました。「ねえ、医療事務やってみない?」友人からの話しでした。

なんでも、事務の仕事がバリバリこなせる人を考えていた所、この女性がヒットしたんだとか。その上で今現在の仕事だって、そう長く需要なんて無いだろう。だからどうだろうか?今後のことを考えて医療事務の面接を受けてみてくれないかと言われたけれど、そもそも医療事務に対し、今までなんの思考も働いていなかったので、病院にいっても「事務の方だな」程度の感想だったのだそう。お陰でどんな仕事をしているかなんて全く見当もつきません。どうすればいいのか、そのように尋ねられました。

この彼女、この話しに興味はあるけれど、翻訳で旦那様のお給料と合わせれば生活に苦労するということもないため、いまいち乗り気ではないようです。ただ、今はどうでも翻訳の仕事が続けられるかは分からないため、保険として医療事務もやれなくはないか?と考えているんだとか。ただ、一つだけ疑問があるそうです。

「医療事務に英語って必要なのかしら?」なんでも友人の親戚は総合病院の院長先生なのだそうですが、英語力の足りる医療事務がいなく困っていたようで、英語も出来て事務経験が豊富な彼女に白羽の矢が立ったと言うことの模様。けれど英語が必要な職場には思えずということらしく、何となく気のりしないようです。

ですが実際に医療事務は英語が必要。実を言うと医師のスケジュール管理も仕事のうちの医療事務、学会や講演会の準備やそのお供、そして文献の日本語翻訳も仕事のうちなのです。それだけでも英語力は可也のスキルが必要ですが更に必要なのは、英語はしゃべれないと駄目と言うこと。ですから英語圏で生活をしていたくらいなのだからどうか?ということだったんですね。

英語は話せて当たり前。更には文章翻訳もお手の物でなければいけない。学会に出ていってもきちんと応対出来るくらいでなければならないとなると、彼女こそがうってつけだったのでしょう。それも恐らくは医療秘書として、院長先生の補佐として必要と求められていたのです。
(⇒医療事務は英語が必要?必須英会話本と英語が必要な理由

医療事務心得のようなものはある?就職希望の人が凄~く知りたい事!

これだけは必ず覚えておいてちょうだい。そんな風に新卒入社した会社で言われたことはありませんか?バイトでもなんでもそうですが、忘れてはならないこと、ありますよね?ですから医療事務になりたいと望むあなたへ贈る、医療事務として心得ていなければならない、大切なこと。これを纏めてみました。これは実際に医療事務を現職で勤められている方などに伺ったものを参考にし、纏めたものになります。

まず覚えていただきたいのは、病院で医師よりも看護師よりも早く患者が接する相手が医療事務の受付であることを理解しましょう。ですからここで不快な思いを患者にさせてしまえば、医師の元へ行く前に、患者は踵を返して帰ってしまいます。こんな病院ではまともに見て貰えないに違いない!そう思わせてしまうのは何も医師が直接診てから感じることだけではないということですね。ただの接客業だと考えずに、相手が病気や怪我をして、病院で治して貰いたいと願ってやってきたことをよくよく頭に留めておきましょう。

患者と接することが一番多いのも医療事務であれば、最も長い時間を相対するのも医療事務でしょう。(入院などは省きますが)ですから医療事務こそが病院の顔であること、そして診療所の顔であることを理解し、行動する。間違っても流れ作業で「はい、さっさと退いてくださいね。はい、帰ってくださいね」なんて患者に対してしてはいけません。一人一人に対して労わる気持ちを忘れてはいけません。

患者、そして医師、看護師、全てをパートナーとして接せられるほどコミュニケーションを取れるか、それくらいに考えられなければ長く続かないでしょう。仕事は必死に覚えなければなりません。改定につぐ改定が次々行われ、それに常に追いつかねばならないからです。仕事を常に学ぼうとする意思を示せるか、そして意欲があるかそれにかかってくると言っても過言ではないでしょう。医療事務とはそれほど大変な職だと言うことです。

どの仕事でもそうですが、他者がいてこその自分であるということを、忘れないようにしましょう。あなたが何故、医療事務を志すようになったのか、これもまた、忘れないようしましょう。そうすればぶれずにやっていけるはずですよ。

学歴ってどれくらい重要なの?学生のうちに医療事務の資格が欲しい!

学生で、この就職難の時代、手に職を!と考えている人は多いはず。実際に資格を取ってしまって就職に有利に働くよう考えている人は沢山いますが、その中でも医療関係に働きたいから医療事務、なんて考えている人も中にはいるようですね。実際の現場では、学歴や資格がどれくらい重要視されるのか知りたい!と思っていると、学生から今回は相談を受けたわけですが……では、実際にどうなのでしょうか?現場でどれくらい学歴や資格が重要視されているのか調べてみました。

学歴なんて関係ない?流石に中学卒業、という話しは聞きませんでしたが、大学を中退した方、更には専門学校卒と言う方もいらしたそうです。高校しか出ていない方なんてのもいるため、学生であっても入りやすい職種ではあるようですね。少なくとも医者など、他医療関係に比べて入りやすいのは確か。学歴は基本的には関係ないようです。

資格は基本的には無くとも良いということも、なんだか敷居が低く感じられる点でもありますね。ただし、未経験者であるならば、何もないよりは資格を取得しておいたほうが少しは有利に働くようです。更には医療事務のお仕事には、パソコンが可也必須アイテムですから、資格とは別にパソコンを不自由なく使える程度に出来たほうがいいでしょう。大きな病院では、パソコンが使えないならお帰り下さい、そんな完全にコンピューター制御になってしまっている病院もありますよ。
(⇒医療事務の資格ってたくさんあるの?

正社員や派遣、パート、これの率は一概にどれと決められるものではないようですが、今現在は派遣社員に切り替えて使っているところが増えているのが現状です。これからさらに正社員としての雇用は減っていくと考えていくべきでしょう。

ただし、パートやアルバイトからスタート!そんな気持ちで就職口を探すなら見つかるはず。なぜならば資格を持っていても実務経験がもっとも問われるため、正社員からの雇用を学生が探すのは厳しい面もあるのです。実務経験を持ち、かつ新しい就職先を探しにやってきた、そんな方はごまんといます。就職は可也厳しいととっていいでしょう。まずは派遣やパートから、病院での実務経験を得るところからスタートしてみてはいかがですか?

正社員が厳しいならバイトでOK!医療事務になりたい人が知りたい秘密

医療事務にどうしてもなりたい!そう願う人は日に日に増えているようですが、よく言いますよね。「医療事務につきたいなら、もうコネ以外ないよ」と。医療関係者にコネがあるくらいなら、どうしても入りたいとか誰も思わないかもしれません。だってそうでしょう?内部のドロドロした話しを知っていれば誰も、おいでよ!はいるといいよ!なんて誘いません。人の生き死にが強く感じられる場所だけあり、知っていれば誰しもいい所とだけは言えなくなるといいますからね。どうしたら医療事務になれるのか、コネがないと本当に入ることが出来ないのでしょうか?

医療事務の資格を取得すべく勉強した時、あなたは何で勉強をしたでしょうか?専門学校ですか?それとも通信教育でしょうか?専門学校でしたら学校側から紹介があることも。もしくは大きな総合病院や大学病院ですと、派遣会社経由で仕事を探す事が出来ますし、全く隙間がないということはなさそうです。

もしくはアルバイト、パートと言う形で一旦は入りこむ形で病院に籍を置かせて貰い、とにかく経験を積むことが重要かとも思いますよ。何故なら、どこでも医療事務は経験者を求めています。どこの大学病院でアルバイトでしたがやっていました。そうなると次の勤め先では経験者として見なされますから重宝がられますし、正社員での採用もありうるということです。

最初からコネだなんだと考えて、入れないと諦めるのではなく、ガツガツと食らいついてやるぜ!くらいの気持ちでやっていきましょう。最初はアルバイトやパートでも、絶対に正社員になる!そう意気込みさえあれば、間違いなくあなたは医療事務になれますよ。
(⇒医療事務の就職率の低さ!何これ!!
(⇒志望動機をばっちり書いて面接を受かって見せる!

髪の毛はまっ黒じゃなきゃNG?医療事務は清楚清潔が基本?それ本当?

医療事務の資格を取得し、専門学校卒のまま、新卒で大学病院に見事入社決定。やった、受かった!と言う方、おめでとうございます。そうした新卒の方から問合せいただきました。「どんな格好で働くのか、病院にしょっちゅう行く方ではないため、いまいち感じがつかめません」とのこと。では実際に医療事務の方はどういった服装や頭髪、そして化粧などなど、しているのでしょうか?早急に医療事務の方にアンケートを取ってみました。テーマはどんな服装や頭髪がNGなの?です。
(⇒出勤初日、気をつけるべき事が知りたい!

ある方は、「女性の職場なので、目立ち過ぎるのはまずいと思い、最初のころは黒髪、ひっつめ、薄化粧で、所謂目立たないどこでもいそうな格好で行きました」とのこと。確かに最初は女性だらけの職場ですから、浮いたら何を言われるか分かりませんよね。イジメに発展しないとも限らないので、ここが大切でしょう。是非これは見習うべきでしょう。

別の方からは「マニキュアくらいならいいとも思うけれど、派手なつけ爪してるだけで、患者さんから罵声を浴びせられることもあるから、透明なマニキュア。それか健康なサーモンピンクみたいな色がベスト」とのアドバイスも。確かにそうですね、医療事務の受付の方が、ド派手な黒や赤の爪をしていたら何事?と思います。お歳をめした方でしたら、怒鳴って注意をしてくる可能性も高いでしょう。確かにこれは気をつけるべきと言えます。

他には茶髪でパーマと言う方もおり、これはNGなのでは?とも思いましたが、これはただそのまま下ろした髪のままだと目立つので、ちょっとした細工が必要なのだとのこと。細工?と思いますよね?実は飾りがシンプルな髪留めを用意して、これで髪を一つに纏める、本当にただそれだけで反感が減るのだと言います。

病院で働くというのは、可也シビアな部分が多いでしょう。上下関係がきつく、医療事務はその一番下のヒエラルキーと考えるべきです。そこにきて更に医療事務の中でも新人は反感を買いやすいと覚えておきましょう。ですから、派手な恰好は最初だけでも避けて、職場の雰囲気により派手過ぎないものを選ぶこと。そしてどういったものならばつけていいものなのか、そしてこれならば問題はないといったもののみを使うこと。先輩に探りを入れるべき!なんて極端な話しまであるくらいですので、少しずつ馴染ませるくらいがベストですよ。

あくまでも医療従事者というものは、患者さんがメインなのです。それを忘れずに頑張ってみてくださいね。

医療事務をなぜ辞めるの?人気職の割りに難問なその理由とは何か?

医療事務というと、人気の資格ということもあり?医療事務の現場に勤めていない一般の方からすれば、何故辞めるのかが理解出来ないのだそうです。だから、「なぜ辞めるの?」今回はその何故を調べてみました。

実際に辞めた理由。そして病院側に何をどう伝えることで辞めることが出来たのか、これについても詳しく説明していただいたところ、このような結果になりました。

まずインパクトの強かった一人の女性のお話しです。こちらの方は今まで沢山の派遣先で働いてきたものの、この病院に勤め始めてからというもの、頭がおかしくなってしまったとのこと。なんでも前任者がイジメのターゲットにしたてあげてから職場を辞したのだそうです。引き継ぎの際に何か思うところでもあったのか、酷い人間性であるかのように伝え続け、嫌われまくり。居場所がなくされ、仕事も取りあげられ、難しい仕事ばかり押し付けられて慣れていない職場でこれはきつかったとのこと。実際に辞めた時は普通に辞めますで良かったようです。嫌われていたお陰で何の詮索も受けることなく辞められたとのこと。ただし、辞めるまでの期間、散々と嫌がらせがエスカレートしたのは何故なのか……本当に女性のみの職場はもうこりごりだ!とおっしゃっていたのが印象的でした。

もう一人インパクトがあった方はこのような形。入社して直ぐにイジメが始まり何故?と疑問に感じて考えてみたところ、新人が入ってきたらイジメ抜いて辞めさせるのが慣例なのだと知りましたと言われ絶句。確かにそのような職場はありますが、医療現場でそんなことがあれば、患者にだって伝わります。だからこそ知れ渡っていたのでしょうが、イジメ抜く→辞めさせる→イジメ抜くのループだそうです。気持ち悪い世界ですね。ですから申し訳ないけれど体調を崩して続けられないと言う理由で辞めたと言われました。人事の方も慣れているものでやっぱり無理でしたかといって直ぐに了承。呆気ないものでした。

他も似たり寄ったりで、手伝えば「手を出すな!」手伝わないで自分の仕事のみしていれば「気がきかない奴。自分だけ良ければいいのか」じゃあ、どうしたらいいんでしょうね?イジメ、きついですね。これでは医療現場は自殺の宝庫なんて言われても、仕方ないというものです。
(⇒いじめの多い職場なんです
(⇒もう限界の文字ばかり、掲示板は酷い話しで溢れかえっている!
(⇒酷い職場体験談。これうそほんと?

医療事務と介護事務、どちらの方が求人は多い?需要と供給を知りたい

医療事務の資格は様々な種類がある。一つは一般的な医科の医療事務。これがあなたがもっとも多く関わると思われる医療事務の形態であると言えるだろう。何故なら病院の医療事務というものがこれにあたるからだ。病院――小さな町医者、総合病院、大学病院、などなど様々病院はあるが、そこの受付や会計を行っているのも医療事務と言われる職種にあたる人々がやっていることだ。

では、その資格が様々な種類があると言うが、その一つの形態である、介護事務の資格というものを知っているだろうか?これは、老人ホームなど、そういった機関で働く方の専門の医療事務職になるのだが、現在需要が高くなっているのがこれであるのは誰しも知っているはずだろう。介護職の需要の高さ、それは少子高齢化社会、それが背景にある。ならば当たり前に介護事務のほうが、一般的な医療事務よりも需要が高いだろうと思うものだが、果たして、実際はどうなのだろう?

どちらの資格も持っている、と言った方が就職の際学んだことだそうだが、実際はその逆「医療事務よりも介護事務のほうが、需要が全くない」ということだった。一体、何故なのだろうか?介護福祉士やヘルパー、彼らはこの介護職につくにあたり資格を取るわけなのだが、この時に実は介護事務の資格も取得してしまうのだという。そのため、医療事務や介護事務など、これ単品で勉強をすることはなく、資格も単品では持っていないということである。そう、元から介護の現場で活躍する方がたが持っているのがほとんど当たり前ということもあり、介護事務のみを取得してさあ、介護の道へ、というのは難しい世界なのである。

そのため需要の観点からいけば、医療事務であれば総合病院などでは十名から二十名は雇い入れが当たり前であり、介護事務と比べて需要は高くなるのです。介護事務を取るならば、まずは介護福祉士の資格などを取得しましょう。双方持っていることで就職は容易になりますよ。

<1 2 3 >