ハローワークでの医療事務募集について

ハロワの医療事務講座は無料で嬉しい!…は、実は違うって知ってた?

ハローワークの医療事務講座を知っていますか?就職活動支援の一環で開かれている講座なのですが、こちら、無料であるため大変な人気となっております。医療事務の講座を自腹で受けるなら、実際には10万近くのお金がかかってしまうこともあり、無料なのが大変嬉しいと評判なのです。ですがこれ無料だから受けたいと願うのも分かりますが、そんな考え方だと痛い目を見るかもしれません。

ハローワークで受けられるものは二つあり、一つは求職者支援制度、こちらは基金訓練であり、雇用保険に入っていない社会人向けのものです。そして離職中の社会人に向けたものというものがあるのですが、こちらが公共職業訓練と言われ、ほとんどの場合がこちらで皆さん受けることになるかと思います。どちらもハローワークの窓口で申し込みが可能ですが、競争率は凄まじいものがあります。

公共職業訓練の場合、皆さん離職中ということもあり、職業訓練を受けたいと願う方ばかりなので資格は欲しい。そのため、求職者支援制度と違い、こちらの倍率は可也高い。10名の枠に対しその数倍などがざらです。そして求職者支援制度も同じく、倍率は高いので、タダだからなんて気持ちでいると受かりません。

なお、選考場所へはスーツで行かれることをおすすめします。なぜなら、私服の方、スーツで選考面接へいらしたかたと居た場合、スーツを選ぶと面接官は言うのです。ですからスーツを着てきましょう。あなたの資格をとってやるぞ!という本気具合が分かるそうです。そして選考場所で面接場へ向かう際、面接官はどこに潜んでいるかわかりません。「受講生はこちらですよ」と、案内をしてくれた気の良さそうな方が実は……なんてこともよくあるパターンです。

選考で選び、この方は本当に資格を必要で取りに来ているのか、それともただ資格が取りたくてだけなのか……などなど、可也厳しく見極めようとしてきます。ですからタダだからという気持ちでいるならそれは見透かされてしまって赤っ恥、なんてことになるかも?
(⇒選考試験に受かるには……?

このエントリーをはてなブックマークに追加