医療事務

医療事務労災担当に決定?右も左もわからないからまるっと知りたい!

最近労災隠しなどでニュースでも取りざたされるようになりはじめた、労災。これ、医療機関は全て労災に関わるというわけでもないんです。今回はそうした労災指定医となった病院に勤める医療事務の方のお話しです。

突如労災指定医となった病院、こちらに勤めていた医療事務の方の元に、労災の医療事務を一手に引き受ける話しが舞い込んできたそうです。今までそのような仕事やったことがないのは勿論、そもそも労災ってなにか特別な処置があるの?と頭の中はパニック寸前。では、労災とはどういったものなのでしょう?通常通りの作業ではいけないのでしょうか?

労災というのは勤務中に負った怪我。そうした災害に見舞われた人に病院で手厚い保護をお約束するというもの。分かりやすい事例を上げるとするならば、まずは中小企業などがそうでしょうが、使いなれない重機などを操作することにより、怪我を負った。事故を起こしたなどなど、様々な災害が起きてしまった結果、負うことになった怪我のこと。

最近ではなんでも安いが勝ちの風潮があるように、どこでもどうしても熟練の匠の技よりも、若い人を低賃金で使いこなすことを重視していることで、どうしても怪我に繋がってしまうようです。若い人をどこの企業も育てている暇があるくらいならば、使い捨てる。そういう風潮なのでしょう。それによりどこでも労働災害は増え続けています。そして、それを隠す行為も流行っているようです。嘆かわしいことですが、これが事実。

そんな労働災害ですが、これを労災指定病院では、手厚く保護を約束しているということですね。患者の負担は勿論0円です。因みに労災担当の医療事務の方は、この労災専用のレセプトの書き方があります。こちらを作り、労災の請求を行う。これが労災の場合の医療事務のお仕事なのです。
(⇒労災の前に医療保険を理解することも重要です。

医療事務って何種類もあるの?資格が欲しい人なら知りたいはず!

そもそも医療事務というものは、資格が無くとも働けるお仕事なのです。ですが資格があった方が矢張りいいというのはあり、そのため皆さん資格取得して、仕事に復帰したい!そう願っているわけですね。特にそのように考えているのはママさん達だと思います。育児も終了、さてそろそろ外に出よう。となると資格と皆さん思うようです。ですがあなたは知っていましたか?医療事務には何種類かの種類があることを。

そもそも医療事務の資格と言うものは、国家資格ではありません。いくつかの団体が主催して行う試験、これに受かると貰える資格です。医科からは、病院や医院で使える資格。そして歯科からは歯医者で使える資格が出ています。オリジナルの資格であるため、その二つ以外も新しく生まれている資格があり、面白いのが医療秘書、なんて医療事務関係の資格もあったりします。これは秘書の資格とは別にあるというのが大変珍しい資格と言えますね。

他には調剤薬局の資格、福祉事務からは介護保険の資格などもあります。最近では医科の方でも勉強出来て資格も取れるらしく、医療秘書コース、なんてところもあるんだとか。将来的にこれらは医療事務の資格として、更に細分化され、増える可能性もあるでしょう。実際に近年になり増えた資格があり、それくらい医療事務の仕事が細分化しなければ大変なきついお仕事と言えるわけです。

主催している側の団体が考えた検定であり、試験であるため、何級というクラスわけもオリジナル。そのため今回の試験を主催したところの試験内容と再来月に取り行われる試験内容が完全に合致するレベルであろうとも、検定でクラスわけが別になることもあります。ここが大変不思議なものですが、国家資格のように明確な取り決めがなされていないため、仕方ありません。

もしも今から取得のための勉強を始める、と言う場合でしたら医科か歯科、この二つのうちどちらかを先に取得しましょう。その後、医療秘書や調剤薬局、介護保険の資格を取るのがベストと言えます。何故なら一般的な知識を持った資格を取得してあるのとないのとでは、全く今後の話しの展開が変わってくるからです。まずは二つのうちのどちらかを選び、頑張りましょうね。
(⇒試験勉強のための参考書はどれがいい?

医療事務の現場は兎に角人に見られるけれど、皆足元はどうしている?

企業の顔は受付などの方であり、お茶を運んで来てくれる事務の方であり、営業の方でもあります。皆綺麗に頭のてっぺんからつま先まで、きちんと整えているものですが、医療事務の方もそうですよね。頭のてっぺんからつま先まで、綺麗に整えられていて隙が全く感じられません。美しいですね。

「兎に角頭から足元まで見られるため、徹底的に綺麗にしているんですよ」そのように苦笑して答えてくださった医療事務の女性がいました。矢張り病院から、あなた方が病院の顔なのですから、綺麗にしてと言われるそうです。なるほど、全ての病院がと言うわけではないのでしょうが、病院の指導のもとということもあるのですね。

ですが最近街中で見かけるオフィスレディの方がたって、何だか今までと服装が変わってきているように思えませんか?ソックスにサンダル。ヒールの高い低いの差はあれど、最近皆さんそのような感じです。そこでちょっとと逆に問われたのですが、「足元はどのようにするのでしょうか?最近はソックスが主流なのですか?」と言われたのです。

オフィスレディの方がたは、出勤時に最近はラフな格好をしている方が多いです。ジーンズや裾が少々広がった可愛らしいスカート。カジュアルな格好で出勤してきて着替えるために、ストッキングではなく、ロッカーの中に入れておいたソックスにはきかえるだけという方が楽なのだそうですよ。ですからサンダルとストッキングになってしまうのでしょう。

ですが基本的にどこも同じですが――それこそ医療事務もそうですが、事務関係のオフィスレディの基本的な服装は、スーツ、もしくは支給された制服。そして足元はストッキングに5cm程度から、それよりも気持ち高い程度のヒールのパンプス。オープントゥのパンプスはNGで、かかとのない靴は論外というものが一般的なものです。ですからストッキングできちんとした靴をはいてきびきび動く、これが正しい姿と言えるでしょう。

ただし職場により靴はこれと決まっていればまた違ってきますが、一般的にはストッキングこそが正しい足元の服装ですから、ハイソックスなどは恥ずかしいですよ。恐らくはその医療事務の方も、ソックスの方が増えて来ていて自分の足元に疑問を抱いたのかもしれませんが、ストッキングで正しいので、そのままでいいですよ。
(⇒医療事務は絶対にお化粧ってしなくちゃいけない?

これって医療事務がやれば違法なこと?知らないと後悔する!!

医療事務の資格を持っていたのですが、近所の調剤薬局からこんな広告が貼りだされているのを見て応募。面接をしただけで即合格でこれる日から来て欲しいと言われて、先月から調剤薬局で働きだした――そのような経緯のある、現在は医療事務ではなく調剤事務として働いている方からのお話しです。

薬剤師が現在不足気味であることは皆さんご存知ですよね?どこもかしこも薬局となると薬剤師募集の文字で溢れていますが、実際にこの調剤薬局でも薬剤師不足で調剤業務が手が足りず、近くの病院から雪崩のように人が押し寄せて来て捌ききれないそうです。

そんな背景もあり、手が足りないからお前も手伝えと、調剤事務として働きだしたこの方にまで、何故か調剤業務を強要されるそうです。ですがこれは駄目なんじゃないかな?そのように調剤事務の仕事をし始めてから常に感じていたと言います。実際のところ、どうなのでしょうか?

薬局で働く方は基本的に薬剤師の方と、調剤事務の方で2種類の方がいらっしゃいます。大体の場合が薬剤師の方が調剤事務も兼任されることが多く、薬剤師のみということもありますが。

そして薬剤師は当然として調剤業務を行えるだけの資格を有していますが、調剤事務の方にはその資格はありません。と、言うよりも、薬剤師の資格を持っていない方にはその資格は誰しも持ちあわせていないのです。

薬剤師でもないのに調剤業務を行うという行為は、薬事法違反に当たります。さらには処方箋を扱うことも違法です。そして上司の方から命令を受けてやっていたと言う場合、この上司の方も犯罪教唆の罪に問われるでしょう。もちろん、実際にこれを行っていた方は犯罪の実行犯扱いです。今すぐにでもやめるべきです。
(⇒医師からの指示でもNG!違法行為ですよ!
(⇒クレーマーが煩くても駄目なものは駄目!

医療事務専門学校から就職、でも何の為に資格を取ったか分からない?

医療事務の専門学校というものがありますが、そちらのほうから総合病院へ新卒と言った形で医療事務として就職出来た、そう言った方から伺った話しになります。総合病院へ勤め始めてどうでしょう?仕事内容が想像していたのと違ったり、そんなことはありましたか?考えていたよりも難しかったところ、そういったものはありましたか?などなど伺ってみたところ、苦笑していたのが印象に残りました。「はっきり言うと、学校で習ったことって、半分も使いませんよ?」一体、それはどういうことなのでしょうか?

専門学校では二年ほど学んだとのことでしたが、受付、そして医療事務の仕事をこなすのは当然としても、二年に一度の改定により、学んだことに更に更新内容が加わって職につかねば分からないことのほうが多いと言います。更には資格を取得するのにかかった年数が二年の専門学校出身のこの方に対して、別の科では受付の女性はパート、それも主婦で資格を持っていないそうです。必ずしも医療事務は資格を重視しないとはいえ、それでも何のための高い学費だったのか、疑問に思うこともしばしば。資格を取得するのに時間もかかりました。沢山の資格を得ました。でも、納得がいかないそうです。

レセプトも最近では病院そのものの機械化が進み、ほとんどが数字を入力すれば自動計算してくれてしまい、人間がやることなんてほとんどないということです。それでは、それこそ資格を取るのに大変な苦労をしたとしても、パートで済んでしまう理由のほうが分かろうというもの。学歴も資格も重視しない、そういう素敵な仕事場だということは知っていても、矢張り資格、そして即戦力になりたいと専門学校までいったのにと考えてしまえば辛いばかりでしょう。必ずしも専門学校で学ぶことこそが重要ではないということを良く理解し、後悔のしないようにしましょう。そしてその逆もしかりですよ。

仕事をしながら、家で通信教育で学ぶなどでは集中して学べない、続かないなどの理由で、専門学校できちんと集中して勉強すること、これを選ぶならば専門学校を考えましょう。確かに専門学校で高い学費を払って資格を取っても、通信教育で取ったパートさんと同じ職で給料もほとんど変わらず?なんてこともあって不服になることもあるでしょう。ですから、よくよく考え、自分にあった勉強法を選ぶこと。これは大変重要ですよ。後々後悔をしないよう、慎重に判断してくださいね。

自費診療、保険診療、にんにく注射はどう計算する?混乱しそう!!

医療事務は兎に角経験がものを言う、その理由というものが、勤め始めてから分かるようになった、こんな感想を抱いたかたもいるくらいなので、相当なのでしょう。

あなたは自費治療を行った患者について、レセプト算定を行ったことがありますか?まだ、と言う方は実際に自費の算定をしてみれば分かると思いますが、大変面倒くさいと思います。最近流行りのプラセンタ注射。そしてにんにく注射に関してですが、病院によって自費なため、そのお値段もかわってきますし、算定方法も変わってくるようです。これはですから一例として頭に留めておいていただければと思います。

プラセンタ治療をする場合、(にんにく注射と考えていただいても結構ですが)初診料(点数表に基づいた数字)+プラセンタ一本のお値段=患者負担が100%の自費の値段となるはずです。となると、保険診療のついでに自費の注射をしていく方がいますよね?にんにく注射などはその最たるものかと思われますが、その場合、どのように算定をすればいいのでしょうか?

初診料は保険適用でいただき、そして自費分としてプラセンタ一本分のみをいただくのだろうか?それともプラセンタ注射は定額料金で、一回につきおいくらと、算定関係なしのように貰ってしまうのだろうか?あなただったら、どうしますか?

これは医療事務の判断で行える算定ではないようです。実際にこのような自費治療を行っている医療機関の医療事務の方曰く、「経営者が判断するものであり、私達がどうこう出来る問題じゃないのが自費になります。算定基準がそれにより異なるんですが……」と教えてくださいました。

なんでも、プラセンタでしたら一本いくら。診察料を含めた数字で支払って貰うと決めているのだそうです。そうしないと会計時混乱が起きてしまうし、患者も「前はいくらだったじゃない!」と混乱し、騒動になるかねないんだとか。診察料、手技料、薬剤料など全てこみの値段で一本として計算。こうした計算方式にする医療機関が多いのはそのためでしょう。

ただし医療機関によってはきちんと計算をしているところもあります。初診料+プラセンタ1Aとして計算を行っているところもあります。ただし、これですとカルテは別にしないと混乱するんだとか。難しいですね、自費の計算って。もうこれは経営者の判断と、そして慣れるしかないものなのでしょうね。
(⇒注射料の算出はどうしたらいい?
(⇒オピスタンの薬剤規定はどういうもの?分かりにくいです!

医療事務作業補助者って知ってる?その業務の全貌を暴きます!!

近年病院でこのようなことがあるとマスメディアが問題視するように報道する中には、救急患者の病院間でのたらいまわし、そして病院勤務をしている医療関係者――医師、看護師、医療事務などの長時間労働が社会問題となっています。特にその医師の過剰労働とまで言える労働時間は、それこそ酷使されすぎで死者までが出てしまっているレベル。大変深刻な問題となっていますね。

病院に勤務している医師というものは、診断書などの文書作成、そして処方箋の作成、更には煩雑なその他の事務作業も自分で行わなくてはならず、本来の業務である医療行為とどちらが片手間にやらなければならない業務であるか、これの見分けがつかなくなっているほどだそうです。これは相当重症と言えますが、こうした診断書などの文書作成など、他の方にかわっていただくわけにもいきません。ですから酷使された医師は……というわけなのでしょうね。辛いことです。

かわれるものならばかわってあげたい――このようなこと、近しい人間ならば考えるかもしれません、が、実を言うと、こうした医師の事務作業、これをサポートするための資格というものが登場したのです。

その資格の名は「医師事務作業補助者」。医師のサポートをするべく存在する、エキスパートです。これまで医師が行っていた診断書の作成、及び文書作成。電子カルテの入力。そして処方箋の作成に検査予約などなど……医師の指示があれば医師にかわって行うことが許されている資格なのです。今までであれば考えられない様なものですが、医師の補助が出来る職が出来た事により、医師の負担が軽くなったのです。

現在この資格は大変病院側から注目を集めている資格です。どの病院も医師の過労問題は深刻な為、導入を考えているためです。ですからこれから資格を取得するんだ!というかたは、こちらを取得してもいいかもしれませんね。
(⇒調剤事務管理士とは?
(⇒病棟クラークとは?

医療事務の疑問、公費医療証公費ありなし、分けることが必要になる?

医療事務は実際に働いてみないと分からないことばかりの連続である。そんな話しをあなたは聞いたことがありますか?先人と話す事がある人であれば耳にしたことがあるかもしれませんが、通信講座で自宅で独習の場合、中々そんな機会はなさそうです。やっと資格を取れて働けるぞ~!と、意気揚々と働き口として決まった病院まで出かけていって「嘘……こんなの全然習ってないよ」なんてことが、医療事務にはよくあることなんです。

あなたは知っていますか?公費医療証というものを。なんだか物凄く名前がかしこまっている感じで、全く勉強していない人にとってみれば、なにこれ?なにかの身分証にも使えそうな交付っぽいね?そんな感想を抱きそうなものですが、実際にそうしたものにも利用出来ますね。

これは公費負担医療に使われるものであり、特定の対象者に対し、公費により医療に関する給付を行う制度になっています。感染症や生活保護の方がこれにあたりますが、その他にも戦傷病者特別保護法などにより、給付を受けられる方もこちらに該当されます。そして障害者自立支援法などに基づき障害者もこの公費を受けることが出来ます。

その他にも様々な法律によりこちらの公費を受けられる対象者がいますが、そちらは長くなるので省かせていただきます。対象者など気になる方がいましたら、社会保障や医療制度について調べてみるのもいいでしょう。

こちら公費負担制度、実施の有無は地方自治体により様々変わってきます。そんな公費医療証を持参された方が、公費医療対象の治療と同時に、公費医療対象外の治療を受けた、もしくは処方をされた場合、どうなるのでしょう?カルテをわけるべきなのでしょうか?それともカルテは同じでいいのでしょうか?こんなもの、医療事務の講座では習わないので実地で学ぶしかありません。さて、どうすればいいでしょう?

実際の医療現場にて質問させていただきました。こういう場合、どのようにしているのでしょうか?と。するとこのような返答が返ってきました。カルテは同じで大丈夫。公費請求であるものも、公費外だとしても、基本は国保や社保など同じように医療現場からは請求をするため、同じでいいそうです。そのため病院によっては医師がそのまま公費ですよとカルテに記載することもあるそうです。ですから間違えることはないのだと言います。

つまり、どんな形でもいいのです。カルテを見て、公費請求部分はこの部分だな、そしてこの部分は適用外だから別の請求になるなと、自分で分かればいい。そのため医師が書き込みをしない場合はそのままカルテに医療事務が公費であればメモまたはアンダーラインなどを引くのもありですし、自分が分かりやすいようしていくそうですよ。
(⇒医師のカルテなどを纏める仕事、というものもある

レセプトで詰まる、医療事務の注射料はどう算出すればいいの?

医療事務の勉強を始めた方がよく詰まるところですが、注射料の算定、あなたはきちんと出来ますか?レセプト問題で注射料の算定になりますが、こちらクセが強いのか間違いを起こす人が多いのです。

まず基本は注射料=注射手技料+薬剤料の通常のものになります。こちらは注射手技料として、注射ごとに所定点数が決まっています。ですから一回ごとに算定するか、一日ごとに算定するか、これを気をつけておかねばなりません。なお、薬剤料は15円以下の場合は1点ですが、15円を超えるものは薬価/10になり、端数5捨5超入ですので間違わない様にしましょう。

特定保険医療材料といったものがあり、こちらは購入価格/10となり、先ほどの薬価と違い、端数4捨5入となるので注意をすること。生物学的製剤注射の加算は、注射手技料+15点です。精密持続点滴注射の加算には、注射手技料+100点ですが、これは一回ごとではなく、一日ごとですので要注意。

そして麻薬加算として注射手技料+5点。上記などの特定の手技料の発生が無い場合、簡単な注射と見なされ、手技料は薬剤料の実で算定されます。痔核注射、心臓内注射などのように、点数の上げられていない簡単な注射の手技料は基本診療科に含まれます。字面を読む限りでは簡単な手技で行えるとは到底思えないのですが、簡単なものと判断されるようです。なんとも不思議なものですが。

そして反応試験の場合ですが、こちらは所定点数に含まれますので別に算定は出来ませんので注意が必要です。更に注射はinj、皮下筋肉注射はirn、静脈内注射はiv、アンプル入り注射薬A、倍ある入り注射薬はVと、覚えなければならない略語も多々あります。

因みにアンプル入り薬剤の場合、1アンプル分として算定するので、アンプルの数が増えるとこの点数が加算されますが、1アンプル未満である場合はどうするのでしょうか?ということですが、この場合は1アンプルとして加算されます。バイアルも同様と考えるものですので注意。

このように一例を書きこませていただきましたが、注射についてだけでも可也の数を覚えねばならないことでいっぱいです。先ほどのアンプルなどでも分かる通り、1つの場合と1未満の場合が同じ算定であったり、間違えやすいところもいっぱい。頭の中はぐちゃぐちゃになってしまいますね。ですが注射料の算定は、実際の現場では散々やるものですから、きちんと把握すること、これは重要な課題でしょう。頑張って覚えていってくださいね。
(⇒安価で勉強したい!けどそれはレセプト算定が現行と違っている?

英語で医療事務は何て言うの?英語圏で医療事務がしたいんです!

英語圏で仕事がしたいと漠然と考えていたのは、実は医療事務の専門学校で働くようになってからのこと。日本じゃないところで働いてみたいなと考えた理由は、むこうの友人が出来たため。最近ではインターネットによってそうした人は増えているようですね。チャットによって知りあった友人から聞いた海外の話しがすごく素晴らしく、海外で働いてみたいなんて人の話し、良くききます。そうした時、本当にあなたはその世界に飛び込んでみるでしょうか?それともその前に思いとどまるのでしょうか?

医療事務のことを英語圏では医療保険の手続きなどを処理する職種ということで、Medical Coding Specialist。もしくは会計や受付を担当するのであればMedical Assistantと言います。前者は医療保険の書類がコード処理されるためであり、風邪がナンバーいくつであれば……などなど、コード処理をするためそうした名がついているようです。

因みにコード処理をする方がアメリカでは患者の予約手続きなども行うので、会計受付などを行う方とはまた別の職であると考えたほうがいいようですね。因みにアメリカの場合、看護師は資格を持っている方で、准看護士となるとその方のヘルプとなるようです。脈をはかり血圧を調べたりなどなど。

なおアメリカでは医療事務は更に細分化されており、カルテのみを主体に仕事をする方もいるようです。こちらはMedical Transcriptionistと呼ばれています。
(⇒英語は必須科目?
(⇒英語で食べている、そんな私に引き抜きの話し?
(⇒アメリカにも医療事務はある!
(⇒アメリカの医療制度とは?

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >