医療事務

医療事務に向いている性格、向いていない性格、あなたはどっち?

何の仕事でも向いている性格、向いていない性格というものがありますね。秘書業は人の世話を焼くのが好きな人、または何かを管理するのが好きな人が向いているし、研究職の人は兎に角考えて考えて考えぬくのが好きな人が向いています。身体を鍛えるのが好きな人はインストラクターもいいでしょう。向いている仕事は人それぞれ、何がいいかは皆自分で判断していますよね。けれど、やりたい仕事と性格の不一致というものもあるわけで――さて、では医療事務はどんな性格の方があっているのでしょうか?

医療事務に適した性格は、地味な作業が好き。コツコツとした積み重ね作業が苦もなく出来ちゃう。そうした人が向いていると言えるでしょう。何故なら医療事務の大きな仕事はレセプト作業です。はっきり言ってこれはレセプトを纏める期間があるのですが、約十日間もの間、地味にコツコツ、同じように患者一人一人、レセプト計算をやっては新しいレセプトを作って。計算につぐ計算をずっとやり続けなければなりません。根気があまりないな、と言う方はまず無理です。細かく点数を弾きだして必死になってやれる人でないと続きません。ですからそうした根気がある、私はそういう性格だなと、苦もなくそうした細かな作業が続けられる方が向いていると言えるでしょう。

ですが他にも医療事務は仕事があります。それは受付や会計といった仕事です。これは医師や看護師よりも先に患者さんと接しますし、問合せなどで具合の悪い方からかかってくる電話を、きちんと聞ける。これは相手をちゃんと思いやれる、真実人のことを考えられる方でなければ無理でしょう。自分本位では駄目ということです。そして自分から患者に話しかけられる、私は人見知りなんてしないから。そんな人は向いています。

まずは体調が悪い時に病院にいってみて、自分を担当された医療事務の方から見た時、自分がこの仕事をしていたら出来るかどうか、これを考えることで向いている性格かどうか、判断出来ると思いますよ。
(⇒医療事務の仕事の流れを学んでシミュレート!

クレーム体験談、検査の結果が知りたい!医療事務に言われても困る!

医療事務を行っていれば、クレームを受けることもあるはず。それも一件や二件で済まず、日に数十件と言う方もいらっしゃいます。大きい病院であれ、小さい病院であれ、人がひっきりなしに訪れる場所こそが病院ですから致し方ありませんが、それにしてもクレーム、多いですね。そうしたクレームの体験談の一つを紹介させていただきます。

A大学病院とB総合病院を行き来していた患者さんがいました。元からその方はA大学病院ではなく、B総合病院で通院していたのですが、その周辺地域ではA大学病院にしかない設備で検査を行わなくてはならなくなり、結果としてA大学病院にも毎月通うようになったということでした。ですから定期検診が欠かせないB総合病院とA大学病院での定期的な検査、どちらも欠かさず行わなければならない患者さんはいつものことですと苦笑しつつも大変だったと言いました。

ある日のことです、B総合病院の担当医から言われました。「A大学病院から検査の結果数値を今度貰ってきていただけますか?」患者さんは言われた通り、A大学病院で検査の後、そちらでの担当医にそのことを話し、会計時に検査結果を医療事務の方から受け取り帰宅。次のB総合病院の検診の日にそれは持っていきました。

そしてそれから半年もたたない頃のこと、また同じようにして欲しいと担当医から言われます。二回目もA大学病院の担当医に話しをして、それから会計時に貰うことに。そして、運命の日、三度目の担当医からの同じようにとの言葉に、患者さんは既に習慣化していたつもりになってしまっていたのです。

患者さんはもう三度目だし、担当医に話さなくても普通に医療事務の方から会計時に、言えば渡して貰えると思いこんでいたそうです。何故かと言うと、会計時に医療事務の方はカルテに挟んである用紙を取り出しているだけに見えたため、簡単にもらえるものと思っていたからだったそう。けれど違いました。これは法律上、NG行為だったのです。

「どうして?いつもくれるじゃない」患者さんから医療事務の方はこう言われ、困ったそうです。検査結果を渡すということは、渡した内容を確認し、医学的判断を伴う行為になるため、医療行為にあたってしまうのです。ですから検査結果だけを渡すだけでも違法。ですから再診を行わず、これが欲しいと思ったら、医師にきちんと患者自らが訴えねばならないのですね。医療事務にこれを押しつけて、「毎回やっている行為じゃない」と言うのは無理な相談というものです。

実際にこうしたことを訴え出て来る患者さんは多いと言います。けれど決して困った患者だ、で済まさず、きちんと「違法行為に当たるため、私には出来かねます」と伝えましょう。毅然とした態度できっぱりとね。
(⇒医師からの指示であれ違法は違法!

職業訓練校の医療事務系コース募集、選考試験に受かるには何が必要?

職業訓練校の医療事務コースというものがあるのを、あなたはご存知ですか?こちらに応募される方は多く、全員受けることはかなわないため受講するための選考試験が可也厳しく行われるんだとか。そこで問われるのは志望動機のようなのですが、面接がちょっと自信がない、と言う方はここで頭を抱えてしまうようです。では、どのように志望動機を答えればいいのでしょうか?職業訓練に合格したことがある方に聞いてみました。

志望動機とするならば、今までの就職活動の中、資格や経験がものをいうことを実感したため、こちらの訓練を受けて是非資格を取りたいと思いました。これで十分でしょう。説得力が求められますので、何故資格を得たいと思ったのか、これこそが重要です。

そしてこのコースで何を学びたいのかを問われるらしいので、こちらで医療事務の仕事で必要な知識を得たいなどが模範解答のようです。いつまでに就職したいかも問われるようですが、これは病院の規模などにこだわりはなく、出来るだけ早く再就職を果たしたい、で良いでしょう。ハローワークとしてはそれこそが重要ですから。

そしてある意味では意地悪な質問として、医療事務を訓練校で学ぶ前の知識も問われるとのことですが、こちらはそのまま素直に答えていいでしょう。知識がないので学びたいでもいいでしょうし、知識はこの訓練を受けるにあたり、図書館で学び始めた、でも構いません。

就職活動のため必要であることをアピールできるかできないか、これが鍵になってくるので、頑張りましょう。
(⇒医療事務の受験に役立つ参考書や問題集はどれ?
(⇒アンドロイドアプリが医療事務の勉強に役立ちます!

酷い職場体験談、家の中の買い物まで医療事務がやれって有り得ない!

どこでも酷い職場というものはあるものですよね。それはどんな職種であろうとも同じですが、実は医療現場も相当に酷いんです。昨今人気の資格であることで有名な、あの医療事務もそうなんです。そんな酷い職場体験談を今回は纏めさせていただきました。

酷い職場と言うと、あなたはどのようなものを想像しますか?残業手当がつかない?休みが貰えない?毎朝5時に職場で夜中の11時に退社、なんて分かりやすくブラック企業のことを想像するでしょうか?実際の酷い職場はもっと悲惨でもっととんでもないんです。

入社するまで全くそのような人に見えなかったのですが、実際に働いてみたら驚きのドケチっぷりを披露した院長先生。とんでもないことに毎月のお給金は12万まで。残業の手当てがついてこれだけで、実際の手取りは9万ちょっと。10万未満ってどういうこと?これじゃあ暮らしていけないよ!話しが違うわよ!なんて働き始めたその方は思ったそうですが、嫌ならよそで、なんて言われたらもう辞められません。だって医療事務は就職にありつけるだけでもそれこそ運がいいんですから。渋々勤め始めたそうですが、働き始めて更に有り得ないことに巻き込まれていったそうです。

看護師さんは二人いたそうですが、調剤まで手が回らずに、まさかの医療事務が調剤まで行うことに。更には忙しい時は採血までするよう命じられたそうですが、無理です!と、やったこともない注射器を持ってどうこうなんて出来ないと訴えると尿検査やら、そうした簡単な検査のほうを手伝うように命じられたんだとか。凄まじいですね。

そして更に遠慮したかったのだそうですが、その院長先生のところで働いている医師の一人が一人身であるため、仕事の休憩時間中に車を出してとこの医療事務の方に頼んでくるんだとか。頼むといっても上下関係があるため、ほぼ命令で断れず、車を出して日常でその医師が使用するような雑貨類を購入に走りまわる。休憩時間なんてあってなきようなものだったそうです。

地獄の様なこの日々を、後々のことを考えて我慢して3年通い続け、ようやく解放された時には白髪がちらほらあって……もう2度とその病院の前は通らない様に決めているそうですよ。本当に凄まじいまでの職場ってものはあるものなんですね。
(⇒イジメが多い職場代表が医療事務?

医療事務に英語は必須!英会話を覚えたい!医療事務が必要な本はこれ

社会人、それも営業で外回りをする人間ともなれば、英会話は最近では必須事項とも言えますね。他には中国語なんかも覚えている人が重宝されるんだとか。何にせよ外国語を話せることは、それこそ当然という風潮になりつつあるのが事実です。あなたは英語、話せますか?そして、英会話を覚える必要性を感じますか?

そうした英会話、病院には外国の方も多くやってきます。出稼ぎと言う方もいますし、ビジネスマンとして出張でこちらにと言う方もいますね。ですからコミュニケーションが出来ないと困ると言う医療事務の方が最近ではその必要性を真剣に考えている様子。なるほど、では医療事務をこれから学ぶと言う方や、資格を取ってこれから就職活動と言う方にとってみれば、英会話が出来ることが強みになるということですね。

英会話だけでなく、実を言うと医師は基本的に診療関係で英語のやり取りが出来ることが多いため、外国の方の診察受け入れ可能な病院が多いんだとか。ということは、医療スタッフ募集の無いように英語力など記載されていなくとも、語学力は場所柄必要ということなんですね。話せるにこしたことはない、こういう考え方ということ。

そんな医療事務に必要となる英語力、これを身につけるために必要なアイテムを今回はご紹介させていただきます。まずは資格ですが……英語検定(英検)です。こちらは財団法人日本英語検定協会からの資格。いまどき持っていないとと言われる資格ですね。そしてそれよりも重視されるのがTOEIC。財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会の資格です。こちらは資格ではなく点数で評価をされるので、どこまでやれば合格ラインというものがありません。ですから全力を出し切るべく頑張ってやらねばなりません。

他にもTOEFL、国際教育交換協議会主催のものと、国連英検、国連英検試験というものがあります。どれも履歴書に記載されているとおや?と目に留まること確実なものなので、ちょっと頑張って勉強しようかな?と思えるならばこれから頑張ってみては?

英会話が勉強したいの!基礎から勉強したいという医療事務の方必須の本はというと、医療従事者向けの英会話本がありますのでこちらをチェック。題名は「必携病院における実践英会話―医療従事者のための基本英語―」医療科学社からの出版です。一冊持っているだけでOK。大変勉強になる本なので購入してみることをお勧めします。
(⇒英語圏でも医療事務は出来る?

月途中に保険証変更!今更聞けない、これはどうすればいいの?!

月途中で患者の保険証が変更になった場合、どうすればいいのか?実は結構なパターンが存在するのをあなたはご存知でしょうか?

月の途中で保険者番号の変更があった場合には、保険者番号ごとにそれぞれ別のレセプトを作成します。そして保険者番号が変わらなかったけれど、月の途中で記号、そして番号のみの変更があった場合は、一枚のレセプトで提出すると決まっています。ただし、記号や番号は新しい物を記載すること。間違っても古いもので書いてはいけません。

月の途中に市町村番号、そして老人医療の受給者番号の変更などがあった場合も、また上記とは違った対応が必要になります。この場合はそれぞれ別のレセプトを作成する必要があります。そして月途中に公費負担番号が変更された場合、さらには公費負担医療の受給者番号の変更があった場合もそれぞれ別のレセプトを作成する必要がありますよ。

因みに……月途中に、前期高齢者から、後期高齢者にかわった方、これもまた特別なやり方が存在するようです。途中切り替えが起きたこういった患者の場合、診療開始日が特殊なことになるわけですが、この切り替わり時期は誕生日に合わせるのか合わせないのか、基本的にこれで頭を悩ませることになるのですが、国民健康保険団体連合会からの説明と、そして保険医協会に問合せた結果、仮にですが10月15日に資格取得した方がいらしたとします。けれど来院日は10月1日と10月17日。10月1日は前期のままでいいとして、17日はどうなるのかとなった場合、病名開始日が面白いことに10月の15日になるそうです。

基本的に誕生日から、と言う形になるようですね。因みに病名開始日というのは、診療開始日というものに読みかえることも出来ます。ただし組合や連合などに連絡を取り確認してみると、10月15日に75歳になった方(上記の方の一例をそのまま使用)の病名開始日を、誕生日に変更する。これは正規のやり方です。ですから上記こそが正しいのですが、変更しなくともその開始日が含まれる月は構わないそうです。ですからカルテにコメントをプラスだけしておいて、それでも結構ということのようですね。

厳密に言えば間違っているのでしょうが、全て作り変えると大変な手間とコストがかかるため、そう言った形も取っても構わないということでしょう。ですから気になる方はお近くの組合、連合、などなどに確認を入れてみましょう。地方により変わってくるようです。
(⇒公費医療証、交付ありなし?

そもそも何故医療事務に皆なりたいの?あの子が医療事務になった秘密

ちょっと不思議に思いませんか?医療事務になりたい!医療事務の資格を取りたくて勉強してるんだ~。そんな声を良く聞きますよね?ですが、何故、医療事務なのでしょうか?皆が皆医療事務になりたいと言われていて、ちょっと首を傾げる思いがする。そんな風に思ってしまった人は一人や二人ではないはず。どうして今、医療事務なのか疑問ではありませんか?
(⇒資格取得しやすいのは医療事務?

医療事務が人気と聞いて、そもそもその人気な理由が知りたいと調べてみたのですが、驚くべきことに元は別の職についていたけれど、どうしても医療事務になりたくて転職までしてなった、と言う人までいるのです。そんなにも医療事務は魅力ある職なのでしょうか?前職が相当給料が低くて、医療事務の給料がお高いから!なんて理由であれば分かりますが違うのであればどんな転職メリットが発生するのか――実は、給料は高くありません。だからこそ尚更不思議なのですが。

医療関係者は医者、薬剤師、看護士といますが、これらは全て高給取りの方がたです。ですが何故か医療事務はお給料は貧弱。寂しいくらいお財布は薄い。医療事務のみと言っていいほどに安い給料に魅力なんてとてもじゃありませんが無いですよね。

そもそも医療事務なんて仕事は見た目華やか、爽やか、キビキビと動いてなんだか素敵――に、一見見えるものですが……その実血から仕事満載で大変きつい仕事です。(ただし、一部では市民病院などでは公務員系と言った形になるため、同等の給料が貰えるので、医療事務だけが低い、とはならないようです。ただしこれは例外中の例外ですが)となると、お給料以外がメリットということでしょうが、力仕事+低賃金でもいいよ!と思えるほどのメリットとなると相当でしょう。それは一体どんな理由なのか……?

私は――お医者様が大好き!好きなお医者さんがいるから!医者と付き合いたいからに決まっている!現役の医療事務の方、更にはこれから医療事務になるよ!という方にうかがったところこのような回答をいただきました。なるほど、確かにそれならば納得の理由です。ただし結婚まで持っていくのは至難の業のようですが、それでも付き合うだけなら相当なチャンスがあるとのこと。となれば矢張り皆さんそれを目指すのも当然ということでしょうね。

ポイントが丸わかり!医療事務の資格を取得する勉強法を教えます!

医療事務の資格を取得するにはどういったポイントを踏めば一気に勉強が進むのでしょうか?そんな効率化された勉強法があるならば、知りたいですよね?今回はもっとも効率的な医療事務資格の勉強方法についてこれさえ押さえれば完璧というポイントを解説させていただきます。

まず独学であるか、それとも専門学校に通っているのか、通信教育、講座であるのかにより変わってきますが、ポイントの一つ目としてスケジュールを立てましょうということ。学校、講座、通信それら三点についてはスケジュールが先に組まれていますから、それにそって学んでいくことになるかと思いますが、独学のかたは試験日より逆算する形でスケジュールを組んで学びましょう。

次は医療事務というのはレセプトを必ず作成することになりますから、このレセプトに使用する診療点数早見表、これを理解すること。読める様になること、これが最初の目標になります。これに慣れないうちは勉強の第一歩すら踏みだせていないということをご理解ください。

そして試験には医学知識、そして医療漢字の読み、更には医療用語たる略語が出題されます。医学知識等に関しては、医療事務にそこまで必要とされないために、基礎的な知識のみで結構ですが、これについてきちんと答えられるようにしておきましょう。なぜなら医療事務資格試験のほとんどに、出題範囲としてこれらは含まれている為です。

そしてこれこそが肝心となりますが、医療法規の本を購入、医療事務資格を取れる本のような題名の本を、丸暗記する必要はありません。試験の範囲を正しく調べ、過去問をチェック。その範囲内のみを徹底的に頭に叩き込むこと。理解すること。これで十分に試験に受かることができます。

医療事務の仕事の一つ、当直はどんな感じ?夜間の病院はこんな所

病院の当直医って知っていますか?一度くらいは夜中の総合病院や市民病院にお世話になったこともあるでしょうが、そうした際、腹痛できたっていうのに、出てきたのが眼科医なんてこと、結構ありますよね。当直ですから専門じゃないので、明日また来てくださいね。こう言われるのもよくあることです。そんな医師を手伝うのは、勿論医療事務の方。実はこうした医療事務の方も、当直の時は、事務当直と呼ばれ、医師や看護師などと同様に、交代制で行っているそうです。

こうした当直事務の方の仕事は、電話で夜中に「子供が急に熱を出して」や、「腹痛がするんです」などの電話の応対。こうした電話以外もやってくるでしょうが、ほとんどがこのような電話とのことです。そして救急患者が運び込まれるのでと連絡が入れば医師や看護師などがそれらの患者の治療をした後、そのまま会計をして見送る場合はその場で会計する、受け付けをするのは医療事務の仕事です。

そしてそうした救急患者の診療の補助は少ない医師と少ない看護師だけで手が足りなければ、補助をする役目は医療事務にも回ってきます。まさに助け合いの精神でしょう。慌ただしくやってきた救急患者の処置をしている横で補助をしては受け付けをし、めまぐるしい時間もあるようですが、それは夜間ならではのようです。

夜間では見通しの悪くなった道で交通事故はよくありますし、痴話げんかの末流血沙汰もある話し。ただ、大変ではあるものの、夜中の仕事は面白いですよ、と夜間当直事務の方のお話しを伺っていた時、そのように締めてくださったのが印象的でした。確かに、飽きないと言う意味では面白いかもしれませんね。本当に様々な仕事があるものです。
(⇒作業を補助する仕事はこういうものもあるんです。

勉強したい…医師が参加する勉強会がある?参加方法が知りたい!

医療事務は仕事柄、どうしても患者から様々な難しいことを尋ねられてしまいます。私は医師でも看護師でもないんだけれど……なんて言っても仕方ありません。患者やその家族からすれば、医療事務だって立派な医療関係者。知らないはずがないと考えているのでしょう。漠然と勉強をしたいとそれから考えるようになった、こういう医療事務の方は多いのではないでしょうか?ですがこの勉強、どこでしますか?

独学とまずはいきましょう。では家で勉強するのに、何から手をつければいいのでしょうか?そもそも薬について調べるべきなのか、それとも病気から調べるべきなのか、そこからさっぱり分かりません。何から調べるべきなのか……矢張りこれは独学では難しいでしょうと思い、同じ医療現場に立つ医師や看護師はどこで学ぶのか調べてみたところ、あることに気が付きました。

医師や看護師は、製薬会社などの主催する勉強会に招待されており、そこで学んできているのです。なるほど、ではそこで自分も学べないかと思うところですが、勉強会には招待制らしく入れない。なぜなのでしょうか?実はこれ、製薬会社が宣伝目的で開催しているために一般人は入れないのです。

そもそも一般人が聞いても得るものはないということのようで、この勉強会(学術講演会)には医師と看護師くらいしか招待されないのです。ですからこの勉強会には医療事務は関係なしと見なされ行くことすら許されていないということですね。では、医療事務の方はどこで知識を得ればいいのでしょうか?

こうした勉強会と違い、スピードは多少なりと遅れるでしょうが、医学雑誌には教科書などで学ぶより、沢山、そして早く様々な情報が掲載されます。そのためこうした書物を読むだけでも知識が随分とついていくでしょうし、患者からの問いにも自然と答えられるようになっていくでしょう。
(⇒薬の知識くらい医療事務だって必要ですよ!

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >